しめられない って?

September 30 [Sun], 2018, 19:33

きのうCLで。
ソーダ割いただいて、
Toamtin 10 旧瓶いただいて、さて、

ノブさんがやや高額商品と、



うぁあ、久しぶりのピアレスBowmore69 37yo。
昔一本もっていたんだが、某所であけてしまった。
いたく感動いただけたからいいんだが。
キャンベルでは何度もいただいている。

なんというか、しょっぱなのノーズが
熱帯系フルーツ満開のインパクト。
飲むと、マンゴー感とピアレスっぽさ、
微妙に出汁が聞いているという。
度数が低いのと年数的に長さはないが
いや、久しぶりのインパクト。

さて、つぎは、と、でてきたのが



通称前田のボウモア、
Bowmore 1993 8yo for Maeda

うひゃあ、これもなつかしい。

93ボウモアというと、
もうすでに伝説のCL10周年ボトルやら
GoldenCask, PerfectDram, などなど
big vintage なんだが、
これもそんな一本。

大阪の前田「酒の楽市」が輸入販売したのだが、
会社が傾いて、投売りされた、といういわくのあるボトル。
キャンベルボウモアの試金石とか。
加水のショートエイジで厚みはいまひとつなんだが、
93らしいトロピカル感ばっちり、ピートも載って、いい感じ。

うまいです。
あー、調子が乗っちゃって、これだけではしめられない。。。
 

しまらない って?

September 30 [Sun], 2018, 17:31



JR が20時をもって、都内在来線を運休にすると。
従業員の帰宅を考えると、18時閉店がギリギリか。

それでも今日もたぶん、
そろそろ開店、CLは営業中。
そこに集う客がいるのもすごいが。
 
大雨、浸水だけが心配。
ノブさん、気をつけて。
 

ますますもって とは?

September 28 [Fri], 2018, 19:35

またもやアヤシゲな新刊案内が。



New Shells of South Asia - Seashells - Landsnails - Freshwater Shells.
3 New Genera, 132 New Species & Subspecies
by THACH, N. N.
80.00 €

うーん、ぜんかい、おもいっきりやられてるからなぁ。。。。
あいかわらず48時間だし。

あんないそのままはります

This book presents 3 new genera, 132 new species and subspecies of marine, terrestrial and freshwater shells of South Asian countries (including gastropods and bivalves). Among these new species, there are 70 new species from Vietnam, 4 new species from Myanmar, 9 new species from Thailand, 30 new species from Laos, 2 new species from Cambodia, 14 new species from Indonesia and 1 new species from India. One new species from Madagascar and one new species from Spain are also added. The quantity of above-mentioned new species consists of 29 marine shells, 3 freshwater shells and 100 land snails.
New taxa:
Angaria guntheri n. sp.,
Angaria kronenbergi n. sp.,
Angaria moolenbeeki n. sp.,
Angaria petuchi n. sp.,
Angaria walleri n. sp.,
Astralium dekkeri n. sp.,
Cyathopoma huberi n. sp.,
Cyclophorus ngheanensis n. sp.,
Cyclophorus stungtrengensis n. sp.,
Cyclophorus thakhekensis n. sp.,
Cyclotus huberi n. sp.,
Rhiostoma huberi n. sp.,
Rhiostoma ngocngai n. sp.,
Rhiostoma ninhbinhensis n. sp.,
Rhiostoma thachi n. sp.,
Spiraculum harryleei n. sp.,
Alycaeus huberi n. sp.,
Pollicaria arlingi n. sp.,
Pollicaria huberi n. sp.
Pollicaria nicoi n. sp.,
Tortulosa huberi n. sp.,
Tortulosa schileykoi n. sp.,
Vargapupa huberi n. sp.,
Boganmargarya n. gen.,
Boganmargarya huberi n. sp.,
Paracrostoma huberi n. sp.,
Cyclotopsis huberi n. sp.,
Tropidophora huberi n. sp.,
Mauritia arabica ngocngai n. ssp.,
Mauritia arabica huberi n. ssp.,
Mauritia arabica thachi n. ssp.,
Mauritia eglantina huberi n. ssp.,
Ttufa bufo stimpsoni n. ssp.,
Nassarius poppei n. sp.,
Nassarius strongae n. sp.,
Fusinus frausseni n. sp.,
Pugilina elongata nhatrangensis n. ssp.,
Pardanilops borroni n. sp.,
Fulgoraria (Fulgoraria) allanlimpusi n. sp.,
Fulgoraria (Fulgoraria) alforum elaineae n. ssp.,
Fulgoraria (Fulgoraria) hitoshiikedai n. sp.,
Fulgoraria (Fulgoraria) philioosi kevini n. ssp.,
Fulgoraria (Musashia) baili n. sp.,
Morum alfi n. sp., Morum kreipli n. sp.,
Conus huberi n. sp.,
Conus paulkersteni n. sp.,
Oospira franzhuberi n. sp.,
Microstele huberi n. sp.,
Mirus huberi n. sp.,
Glessula huberi n. sp.,
Prosopeas huberi n. sp.,
Discartemon szekeresi n. sp.,
Indoartemon huberi n. sp.,
Oophana huberi n. sp.,
Perrottetia gregoi n. sp.,
Perrottetia thachi n. sp.,
Thachia n. gen.,
Thachia ninhhoaensis n. sp.,
Ariophanta abbasi n. sp.,
Ariophanta huberi n. sp.,
Euplecta huberi n. sp.,
Euplecta herosae n. sp.,
Euplecta hueae n. sp.,
Kalidos huberi n. sp.,
Asperitas abbasi n. sp.,
Asperitas bimaensis liei n. ssp.,
Asperitas trochus janetabbasae n. ssp.,
Quantula simonei n. sp.,
Hemiglypta franzhuberi n. sp.,
Trochomorpha huberi n. sp.,
Trochomorpha vinhensis n. sp.,
Amphidromus barnardfamyi kefaensis n. ssp.,
Amphidromus beschaueri n. sp.,
Amphidromus cargilei n. sp.,
Amphidromus chrisabbasi roberti n. ssp.,
Amphidromus contrarius rolfei n. ssp.,
Amphidromus davidmonsecouri n. sp.,
Amphidromus dongnaiensis n. sp.,
Amphidromus eboricolor n. sp.,
Amphidromus frednaggsi n. sp.,
Amphidromus gerberi bolovenensis n. ssp.,
Amphidromus gittenbergeri n. sp.,
Amphidromus goldbergi n. sp.,
Amphidromus hassi n. sp.,
Amphidromus hassi ngoanmucensis n. ssp.,
Amphidromus juniorabbasi n. sp.,
Amphidromus koenigi n. sp.,
Amphidromus koonpoi n. sp.,
Amphidromus ledaoae anhi n. ssp.,
Amphidromus pallgergelyi n. sp.,
Amphidromus patamakanthini n. sp.,
Amphidromus perversis siglerae n. ssp.,
Amphidromus petuchi n. sp.,
Amphidromus phuonglinhae vinhensis n. ssp.,
Amphidromus reuselaarsi n. sp.,
Amphidromus semicinereus n. sp.,
Amphidromus severnsi anhi n. ssp.,
Amphidromus stungtrengensis n. sp.,
Amphidromus thachi krisi n. ssp.,
Amphidromus trianensis n. sp.,
Amphidromus truongkhoai n. sp.,
Bouchetcamaena huberi n. sp.,
Bouchetcamaena thachi n. sp.,
Camaena franzhuberi n. sp.,
Camaena franzhuberi laosianus n. ssp.,
Camaena huberi vinhensis n. ssp.,
Camaena khamducensis n. sp.,
Camaena delsaerdti n. sp.,
Camaena delsaerdti melanica n. ssp.,
Chloritis abletti n. sp.,
Chloritis bifoveata vinhensis n. ssp.,
Chloritis thachi n. sp.,
Chloritis thachi laosianus n. ssp.,
Ganesella huberi n. sp.,
Ganesella thachi n. sp.,
Lamprellia huberi n. sp.,
Mussonena huberi n. sp.,
Satsuma huberi n. sp.,
Satsuma thachi n. sp.,
Papuina franzhuberi n. sp.,
Rhynchotrochus siglerae n. sp.,
Helicella candoni n. sp.,
Bradybaena huberi n. sp.,
Pseudobuliminus franzhuberi n. sp.,
Pseudobuliminus obesa n. sp.,
Pseudobuliminus ovoideus n. sp.,
Pseudobuliminus thachi n. sp.,
Crassostrea markushuberi n. sp.,
Crassostrea valentichscotti n. sp.,
Vasticardium cossignanii n. sp.,
Paphia lutaenkoi n. sp.,
Paphia undulata anhtuani n. sp.

ほとんどが陸産、
Amphidromus 貝殻だけで25 new taxa ?????
あちゃぁ、Thachia なんてベタな新属たててるし。。。

でもなあ、ムシロとか、のっちゃってるだよなぁ、、、、
やられるのかくごで、って、このプライス、
ちょっとなぁ。。。。
 

予測可能 とは?

September 27 [Thu], 2018, 19:38



ちょっとまえの。

東野圭吾が自分の作風を破るために執筆した
と書かれているが、
ハードな物語づくりからはみ出して
荒唐無稽、というか、
ある意味、SF的な素材を取り込んだ小説。

ミクロの総体としてのマクロを見ることで、
統べ得は予知可能、か、というのが、
ラプラスの悪魔のパラドックス。

それをどう、ミステリに結びつけるか、
って辺りで、まあ、飛躍が存在するのだが、
結構スムーズに読ませてくれる。

でもって、
超能力少女がすずで
准教授が櫻井君、というキャスティングは
うーん、どうだろうか?
映像作品は未見だが。
 
医学部教授のリリー・フランキ−てのも。。。
 

土地勘 とは?

September 25 [Tue], 2018, 19:14



火村先生、国名シリーズの新刊、
神戸の洋館、インド館を舞台とした事件。
いや、その中で殺人が起こる訳ではないが。

このところ、年に一回くらい神戸に旅行する、
もっぱら飲んだくれるために。

小説を読んでいて、知らない土地が舞台だと
なんとなく地理感がない、場景にリアルさが持てないのだが、
多少知っている街だと、

ああ、元町から鯉川筋をきたのに向かって、って、

こんな感じね、と。
歩いていく感じがリアルに思い浮かべられる。
これはなかなかに楽しい。

前に、銀座を舞台としたミステリの話も挙げたが
そこまでいくと、街並のお店くらいまでわかってしまうので、
逆に違和感も感じたりして、
神戸くらいの距離感が、楽しめる感じだろうか。

さて、本作では、前世の記憶、というのが事件の鍵になっている。
輪廻転生のなかで、受け継がれる人間関係、なんてものが存在するのか?
いや、前世の記憶なんて、欲しいのか?

最近、妙に死というものを考えることが多く、
うーん、来世って?
 

奇書 って?

September 23 [Sun], 2018, 19:51



この本、じつは、一回、
つい持ち歩いていたのを銀行のCDコーナーに忘れて、
読みかけで頓挫していた本。
なかなかもう一回新刊で買う気にはなれず、放置していた。
たまたま、B○○K ○FF で見かけて購入、
ようやく読了した。

貴書にまつわる殺人事件、
ということなのだが、
自費出版本を稀書奇書としていいのか、というのが、
まあ大前提として、ちょっと疑問。

遺体発見現場に、ダイイングメッセージが残され
文書捜査係の臨場となる訳だが、
その捜査線上に奇妙な幻想小説 『 永久囚人 』 の一部の画像が見つかる。
自費出版された全100巻の小説、『 永久囚人 』、
その購入者がさらに殺害されて、
文書捜査係はその稀覯書を追うのだが、

奇妙な愛書家、古書店主なんかが登場して、
本に対する奇矯な発言をしたり、
かなり愛書家がカリカチュアライズされているが、なかなか面白い。
そして、100巻もの超大河小説は存在するのか?
その実体は?

かつて全100巻を謳った半村良の 「 太陽の伝説 」 は頓挫してしまったが、
そう、なるほど、こういう100巻もあり?!
まあ、なんというか、笑えます。
 

稀有な って?

September 22 [Sat], 2018, 19:27

このところ楽しい記事が少ない。
書いててめいるんだが。

またまた閉店ネタ。
こんなサイトがある

開店閉店ドットコム
したのリンクは 閉店>書店文具店
[ http://kaiten-heiten.com/category/shop/book-store/ ]

何だか大手チェーン書店が街に出店しては
その街の個人商店をつぶして、
また撤退していく、という悪循環が
スーパーと同様におこっているような気がする。
なんてみてたら、



LIXILブックギャラリー閉店のごあいさつ
[ http://www.livingculture.lixil/information/culture/lixil-26/ ]

ありゃー、
銀座中央通り京橋にある LIXIL ビルに
ギャラリーとともに併設されていた
LIXILブックギャラリーが、閉店と。

ここでも何度か紹介しているが
小さいながらに、建築系、美術系の書籍を専門に集めた書店で、
かつての、西武/PARCO系にあった
LOGOS や 「ぽえむ・ぱろうる」 なんていう書店と
おなじにおいのする書店だった。

残念、閉店。
西武系の LOGOS もなくなり、
池袋ではその本体の LIBRO までなくなってしまった。
渋谷も大きく変わってしまった。

こういった、こあでけうな書店は、もうはやならにということか?
書籍の時代ではない、ということか??
採算が、ということなのか?
 

前のオリンピック って?

September 21 [Fri], 2018, 19:05



本書の刊行はもうすでに4半世紀まえだが、
そのストーリーは、半世紀以上前、
昭和の東京オリンピックの頃の銀座が舞台、
というか、これは別に銀座の話ではない。

著者がデザイン会社に就職してから、独立するまでの
9年間の、銀座、とい言うか、銀座を中心とした
デザイン、広告業界の交友を描いたエッセイ。

しかし、オールスターキャストである、
というか、この時代、まだこの業界はそれほど大きくなく、
そこに動いていた人たちが、今のデザイン業界を築いた人たちなので、
オールスター、というよりフルキャスト。
イラストレーション、フォトグラフィー、デザイン、テキスト、
ファッション、音楽から演劇まで、
出てくる名前、卒倒しそうで、それがみんなつながっていた時代。
面白い時代だったんだろうなぁ、と。

本書には、和田さんの
これまでのデザインの歴史が取り込まれているのだが、
文庫版の表紙がいい。
1963年当時の銀座3-8丁目の地図、和田画伯筆。

さすがにこの時代の銀座は知らない、というか、
日常の記憶もぼくにはない。

老眼につらい小さな字をまじまじと読むと

交詢社ビルにビアホール 「 ピルゼン 」 と Mitsumi の文字が。
交詢社ビルが解体されたのは平成13年、
僕が知っているのはこのぎりぎりの時代の銀座から。

ピルゼンにはぎりぎり数回行った。
穴倉っぽい、大人の店で、緊張しながらピルスナーを飲んだりしていた。
酒販・酒類輸入をしていた mitsumi ももちろん足しげく通った
というより見学に行っていた。
ウイスキー売り場には、ずらりとすごいモルトが並び、
いつも指をくわえて眺めていた。
あの頃、資金があったら、と、つい、愚痴をこぼしてしまう
すごい店だった。

銀座のビアホールもなくなってしまった。
5丁目のミュンヘンは親父につれられて
生まれてはじめていったビアホールだったが、ここもとうにない。
数寄屋橋のニュートーキョーもなくなってしまった。
7丁目のライオンは、この地図ではニッポンビアホールとある。
これはいろいろ変遷のあった後の、現在の銀座ライオン。

イエナ/近藤書店がなくなったのは何年だったろう。
イエナの、いかにも洋書屋という店内のレイアウトは
日本的ではない書店として、ドキドキしながら覗きに行っていた。

かろうじて知っている銀座の姿を重ねながら、
銀座を思うのも、
このところの追いつけない速度で急速な変貌をつづける
銀座を見てるm身としては
なんとなく切なくなる。
 

暗雲 って?

September 19 [Wed], 2018, 19:15



昨日、午後5時くらいの
板橋駅からの空模様。

今にも降り出しそう、
この日の僕の心情そのものというか、
で、一駅乗って、電車を降りたとたん、

風呂桶の底をぬいたような
豪雨。

あわてて、アーケードに飛び込んで、

Albion で雨宿り。
とてもそのままでは帰れない、
重い空模様と心もよう。
 

渡り初め って?

September 18 [Tue], 2018, 19:57
地元の飲み友だちに誘われて
土曜の午前中にこんなものに参加。

「環状第2号線施設見学会」
東京都市計画道路環状第2号線のうち、豊洲から築地までの区間が、築地市場の移転後1ヵ月以内を目途に暫定開通することとなります。
この開通に先立ち、下記のとおり、豊洲大橋から築地大橋までの区間において、「環状第2号線施設見学会」を開催しますので、お知らせいたします。



残念ながら、築地側からは入れないようで、
豊海のはしから入る感じ。

まずはバスで豊海水産埠頭いきで
「新島橋」まで。
ここはかつては東海区水産研究所へのバス停だったんだが、
何だかすっかり景観が変わって、一大マンションエリア。

その高架になった橋梁の脇から。



あいにくの雨天ながら、結構な人出。
真新しい舗装の道から橋梁に入る。



真新しい道路標識、



途中では、道路メンテナンス用の特殊車両の展示があって、
子供たちが乗るのに行列していた。



晴海に渡ると建設中の選手村が。
モデルルームが見学できるらしかったんだが、
30分待ちと。
うーん、とてもむり。

雨が結構ぱらついてきて、
本とはここからが本番なんだが、ちょっとめげる。
豊洲大橋を渡らずに折り返し、再び豊海に。
お昼を食べたいところだが、
来がけに見た築地はとんでもないことになっていたので、
豊海のマグロ丼屋へとぼとぼあるいて。



この豊海の風景も築地の移転でどう変わってくるのか。



とりあえず昼飯。
晴海を眺めながら。



まだ築地の場内が通り抜けられない現在、
あと1ヶ月で市場は引越し。
さて、これから、どういう経路で、
日々、豊洲市場に通うことになるのか。
 
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)