利便性 とは?

2016年10月31日(月) 19時28分



『 船を編む 』 的な仕事をちょっと。

整合性を取りつつ、
最新性と利便性をすり合わせるのはなかなか至難で、
誰が使うのが目的?
誰の要望が強いの??
鬱々と取捨選択の日々。

かなりしんどいです、で、その混乱の原因の一端が、
自分の別の仕事だったりして。

落ち込むなぁ。。。
 

急転 とは?

2016年10月29日(土) 19時35分
 
ようやく読み終わった。



重苦しくて、なかなか食指が動かず、だいぶかかってしまった。

2つのカタストロフィー。

世界大戦直前のパリのきな臭い空気感、
パリ万博直前の
史実に基づく登場人物たちのながれ、うごき。

9.11後の混乱のアメリカ、
不明瞭な不安で落ち着かない空気感。

これをつなぐ糸としての 『 ゲルニカ 』、

MoMAのキュレーターが、
企画展のためにスペインからピカソの<ゲルニカ>を借り出すため、
ニューヨークとスペインを舞台に奮闘する。

うらでは不穏な空気の元のパリで
写真家であり愛人であるドラがピカソを描いていく。

ふたつの物語をつなぐのは< ゲルニカ >とバルド・イグナシオ
ピカソの守護者にしてゲルニカの「所蔵者」。

淡々と、鬱々とゲームは進んでいくのだが、
最後の100ページ、物語は大きくうごく。
そして、予想もしなかった展開。

うーん、原田マハ、やってっくれます。
えっと、『 リーチ先生 』 どうしよう。。。
 

二枚重ね って?

2016年10月28日(金) 19時53分

えっとですね、Smithsonian から
Hanley (1876) の Conchologia Indica があがっています。




[ https://archive.org/details/conchologiaind00hanl ] 9/22

インドの陸淡水産モノグラフのアトラス、
いい図版です。
あ、これって、記載がついていないのね。
分類学的な validity ってどうなんだろ。

なんて思っていたら、ひと月もあけずに




[ https://archive.org/details/conchologiaindi00hanl ] 10/11

同じものがもう1冊。。。

いずれも W.H.Dall のライブラリから。


前者は Issac Lea の旧蔵、
後者の扉には John B. Henderson, Washington と書き込みがある。
この人物、検索をかけてみると

Bieler & Mikkelsen (2003)
The cruises of the Eolis: John B. Henderson's mollusc collections off the Florida Keys, 1910-1916.
American Malacological Bulletin 17(2002)(1-2):125-140.

という記事が引っ掛かった。

John B. Henderson Jr. (1870-1923) はアメリカの法律家で、
外交官秘書のような仕事をしつつ、
中南米、ヨーロッパ、中国、日本への渡航中に貝類コレクションを構築して、
Nautilus, Proc. US National Museumなどに論文を発表している。
また、スミソニアンの会員として、貝類に関わる expedition や、コレクションの購入などに
個人的な寄付を行なうなどの篤志家であったよう。
個人的にも、ヨットによるドレッチ調査などを行うなどし、
そのコレクションはスミソニアンに寄贈されている。
恐らく、このモノグラフも含め、図書類もその後、スミソニアンに寄贈されたのであろう。

しかしこの本、すでに Harvard からもあがっているし、HathiTrust、GogleBooks でも公開されている。
なのに、二枚重ねて収録できる蓄積と財力。
conservation はわかるが、
いやもうほんと、スミソニアンの、ライブラリの厚み、みせつけられます。。。

あ、Junk でも売り立てられている。60て、手が出ませんが。。。
[ https://www.antiquariaatjunk.com/item.php?item=5912 ]

 

逡巡する とは?

2016年10月27日(木) 19時31分
 
いや、たいしたことではないんです、



コレがでてたんです、今朝。

今月は予定外に書籍代出費がかさんでいて、
かつ、まだまだかかりそう。

で、このシリーズ、
コレまで全て文庫で読んできていて。。。。
これまでの実績だと、1年経って、新しい本が出るタイミングで、
文庫化されてきているわけで、
あわてて買うか、

って、ちっさなはなしです。

でもなあ、本の置き場もないんです、
つれにおこられてるし。。。。
 
さて困った。
 

ちらりちらりと って?

2016年10月27日(木) 19時09分



[ https://archive.org/details/bulletinauckland1977 ]

IAにちらりとこんな気配が。
Field Museum ?

ちらほらと、これくらいあがっているが、フラグメタル、というか。
[ https://archive.org/search.php?query=creator%3A%22Auckland+Institute+and+Museum%22 ]

えっと、順次、ぜひ、上げていただいて、
Cernohorsky にアクセスしやすく、お願いいたします。
 

なつかし とは?

2016年10月26日(水) 19時47分
 
探し物をしていてこんなサイトにあたった。


[ http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/kdm/index.php ]

『 葛飾区内の文化財、博物館の所蔵する資料を公開しています。 』

区の運営するアーカイヴのよう。

で、何が引っ掛かったかというと、

[ http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/kdm/index.php?app=shiryo&mode=list&list_id=425 ]

なぜに葛飾のアーカイブにうちの実験場の絵葉書が?
いや、アーカイブしていただいてありがとうございます。
貴重な画像が楽しめました。
 

気配 って?

2016年10月25日(火) 19時56分
 
下船して、ひと息。
なんとなく気配を感じて、十条「武蔵野」へ。

案の定、メニューが 秋 に。



まずは焼きナスをビールで頂き、



この時期はやはり 『 きのこ天もり 』。
まだ季節が浅いので、かわったものは出てこないが、
マッシュルーム天がおいしい。

食べ終わって、会計に立つと、
ふと気配を感じ、目線をあげると、あら、
Bar 『 Albions 』 の高木君父がにこやかに笑って(笑

ごぶさたしてます、なかなかおじゃまできずすみません、


これはもう、よらないわけにいかず、
高木君の顔を見に。
台湾話など聞きつつ、台湾みやげのBenriachなど。
ひさしぶりにご近所です。

不在 と 成立 って?

2016年10月24日(月) 19時20分
 


ヒナちゃんシリーズ最新刊。
上下巻ではないが、併せて読まないと物語が完結しない構成。

主人公が不在で物語が進行していく。
登場人物の関係性がタイトになり、
ゼロから1が生まれてくるというところと、
犯人の存在意義、犯行動機をうまくかけたタイトル。

でもって、さて、このシリーズ、
これから、が本番になる、んだよね。
長いイントロダクションだったような。

巻末には to be continued と
例によって書かれている。
さて、どういう展開が。
 

MUSORSTOM

2016年10月23日(日) 19時53分

久しぶりにこれが。


Tropical Deep-Sea Benthos, Volume 29
By: Virginie Héros (Editor), Ellen Strong (Editor), Philippe Bouchet (Editor)
Muséum National d'Histoire Naturelle

How many species of molluscs are there in the world’s oceans, and who is going to describe them? Philippe Bouchet, Sophie Bary, Virginie Héros & Gilberto Marani

New, rare bathyal leptochitons (Mollusca, Polyplacophora) from the South and West Pacific Boris sirenko

Lucinidae of the Philippines: highest known diversity and ubiquity of chemosymbiotic bivalves from intertidal to bathyal depths (Mollusca: Bivalvia) Emily A. glover & John D. taylor

Deep-sea wood-eating limpets of the genus Pectinodonta Dall, 1882 (Mollusca: Gastropoda: Patellogastropoda: Pectinodontidae) from the tropical West Pacific Bruce A. Marshall, Nicolas Puillandre, Josie Lambourdiere, Arnaud Couloux & Sarah Samadi

New genus and new species of Solariellidae (Gastropoda: Trochoidea) from New Caledonia, Fiji, Vanuatu, Solomon Islands, Philippines, Papua New Guinea and French Polynesia Claude Vilvens & Suzanne T. Williams

Deep-water Columbellidae (Mollusca: Gastropoda) from New Caledonia Kevin Monsecour & David Monsecour

The extensive Indo-Pacific deep-water radiation of Manaria E. A. Smith, 1906 (Gastropoda: Buccinidae) and related genera, with descriptions of 21 new species Koen Fraussen & Peter Stahlschmidt

取り急ぎ情報まで
 

貝の身 とは?

2016年10月22日(土) 19時37分
 
乗船から戻りました。

航海中は魚メインの生活、
とりあえず下りたので、

肉!!!!

ということで、 PAUL にて、



野菜前菜盛り合わせ
ニンジンのラペトかキュウリのマヨネーズ和え、とか
ミントのクスクスなんてアラブっぽいのとか
手のかかっていてうまい。

と、やっぱり



カイノミステーキ、ポムフリつき、がっつり

カイノミは
牛のわき腹のあたりに位置する、左右一対の希少な部位で、
貝のような形をしているのでそう呼ばれている、って???

赤身のしっかりした肉でうまいです。
で、ポールではがっつり、満足です。
 
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)