滞る って?

December 31 [Thu], 2015, 20:01
 
築地市場は来週に豊洲へ移転、
場外と場内が並んでの年末は今年が最後、
築地は大賑わい、

と朝からテレビがあおりまくり。

うーん、まあしょうがない、正月の買い出しへ。

正門わきから入って場内へ。
いやー混んでる混んでる。
いつもお世話になっている て良 さんに挨拶がてら買い物に行くと、
買うつもりの数の子も、貝類もすっかり洗われてない。
とりあえず来年もyろしくと、いくらをただいて場内を回る。
マグロのさくと平貝、練り物関係を買い
食堂街へ。



えっと、この行列、って。
いやまあ、我々には関係ない寿司大のものなんだが
うーん、3,4時間待ち?
それをよこめにいつものかとうへ。
といっても、かとうでさえ1時間待ち。
お姉さんに恐縮されながら
黒むつ煮付け、連れはぶり照り、に青鯛刺身を単品でビール、
築地ブランチを。

さて場外を抜けて、と思ったら、
えっと、歩けません、進みません。
あきらめて外に抜けて帰りました。

このにぎわい、来年はどうなっていることか。
なんやかんやで、20年通っている築地の変化、
さびしいような。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


 

文化人 って?

December 31 [Thu], 2015, 18:42
 
電通ウラの蕎麦屋にて年越しそばを。



みそなめこそば
思いのほかあっさりのみそ味がうまいです。

しかしこの店名、「 文化人 」 って、
電通さんへのあてつけ?

日置桜なんかいい酒がそろっていて、
今度はゆっくり蕎麦前を。

さて、これからひとやすみして年またぎの大宴会です。
よいお年を。
 
 

ひとりではなくとも とは?-3

December 30 [Wed], 2015, 12:13
 


昼は昼で、Pen を頼りに
まずは朝飯、カフェかなと。



駅近くの宿からぶらぶら散歩しつつ
五条河原近くの efish へ。





広いウインドから鴨川を眺めつつ、
サンドウィッチとスープset。



少々高めと思ったが、いや、このボリューム、



ふんわりとしたトーストサンド、うまいです。
昼にひびくなぁ、このボリューム。。。

河原沿いを散歩しつつ、三条へ、
木屋町を入ったところ、こちらでお昼を。



はじめて来たのが、はや40年前か。
ホントに変わらないことたたずまいは素晴らしい。
京都の表は激しく変動しているが、
こうした店が残っているのに京都の奥深さを感じる。

満月弁当を。



京都の伝統的な割烹の仕事。
地味だけれど、滋味あふれる感じ。
美味しいです。

やはり朝飯が響いて何とか完食。
連れはさすがにつらそう。

ここから、寺町を抜けて、四条河原町、さて、本番はここから。
 

ひとりではなくとも とは?-2

December 29 [Tue], 2015, 19:17
 
金曜の遅い便で京都へ。
いろいろ計画を練ったのだが、
何せキーになるリンゴ王子のところが厄介。

初日のつもりだったのだが、
Zenithの須田兄に頼んでようやく予約が入ったのが、
土曜の20時から。

なので、初日は
ノブさんにきいてきた Luckenbooth と おなじみ Rum & Whiskyさんへ。
もうほぼご近所に位置する2軒、
モルトをメインにいただける。

まずは木屋町の路地に潜って Luckenboothへ。



こじんまりとしたいかにもにも京都らしい店、
カウンター8席くらいだろうか。
バーテンダー氏はまだお若い感じ。
いかにもな京都人ぽい話口。

スタンダードなものをいただきつつ、
ちょっと古めの Laphとかも。

バックバーの変わったラベルのボトルから
マルスウイスキーの話をしていて、それでは、
キャンベルさんが15周年でつめた 『 駒ヶ岳 』 などは?
すみません、われわれ、うしろのしゃしんにうつってます。。。

数杯ずつつれといただいて、
えっと、スミマセン、ごめんなさい、やすいきゃくで。
再訪を誓いつつ次へ。

木屋町へでて雑居ビルのなかへ。



ドアを開けると、外の年末の喧噪が嘘のような静かな空間。

Rum and Whisky は薄暗く贅沢な空気感。
バックバーにはあいかわらず林立するボトルの山。
ここではラムを。

つれは国産のラムが気になってしょうがないようで
nine leaves の新種を。
ぼくはモルトっぽい硬めのラムを。

昨年の白州、駒ケ岳ツアー
などとキャンベル話をしていると、
奥に座っていたお客さんから、
『 キャンベルって、日比谷の。。。 』
って、元常連さんとまたばったり、現在は福岡だとか。
そういえば、なんとなく記憶にある人かも。。。
うーん、あいかわらず茶色い酒関係狭いというか。

初日はさくっとって、終わったの2時くらい?
タクシーで宿へ、ふらふらと。。



ながれさること とは?

December 27 [Sun], 2015, 19:22
 
はやいもので、今年もあっという間に年末である。
何だか、今年は何をしたのか?
気がついたら一年が流れ去っていった感じ。
大きなイベント、って。。。うーん。。。

わたわたしていてすっかり忘れていたが
このブログ、最初の記事が
September 18 [Sun], 2005
となっていた。
ありゃ、10年も書き続けていたのか、と今更ながらにびっくり。

alcoholic ? (247)
amuseologia ? (45)
bibliophilia ? (362)
BHL watcher (208)
book junkie ? (283)
bottega libro biologica ? (50)
cephalopodologie ? (36)
cinemagoer ? (51)
comictragic ? (28)
concho-logic ? (27)
days and nights (116)
the days of sampling (30)
enigma ? (47)
fool-proof ? (7)
"sing the blues" (35)
ごあいさつ (16)
[ 12/21現在 ]

ヒヤーよくこんだけ垂れ流したなぁ、と。

この10年で、いったい何が変わったか?

プライベートには、まあ、入院だとか、結婚だとか
それなりにいろんな節目があった10年、

ウェブ、ネットでは、
ブログということばがもう死語にちかいくらい
facebook, twitter なんていう NSN に世の中は移ってきて、
Mixiって、なんだっけ、な感じさえする。
一方で、tumblr, Instagramなんて、なに???こちらは追いつけない。

しばしば書いているが、オンラインライブラリ、DBの拡大、組織化は
おどろくほど進んで、
αレベルのタクソノミー、多様性研究を行なうには
非常に便利な環境が成立しつつある。

このブログ的にみれば
BHL は軟体動物関係の主だった文献があがりきり、
更新が困難になってきた。

これに準じて、古書の収集熱も落ち、
古書市場自体の冷え込みもあるのか、
こちらの生活パターンが変わったせいもあり、
bibliophilia ? の記事もだいぶ変質した。
どちらかというと新刊情報的な形で存続してはいるものの
自分で書いていてなんだが、熱がこもっていない。
はたしてそんな記事が bibliophilia なのか疑問。

そのかわり alcoholic な記事が充実、というほどのこともなく、
なんとなく、だらけきっているような。

うーん、存在意義なんて最初っから考えている訳もないが
このままの形態で散漫に継続するのはいかがなものだろうか。
そろそろ、潮時かなぁ、と悩む昨今です。
 


ひとりではなくとも とは?

December 26 [Sat], 2015, 19:32

今年はいけずにいた
恒例の関西巡礼、というか、飲んだくれの旅。
つれの仕事も落ち着いたし、年末の挨拶回りをかねて、

と思ってたら、こんなのが。



前回は dancyu を片手にだが、
それでは今回は Pen を片手に、
飲んだくれに。
1人旅ではないが。
 

うつろいゆく とは?

December 25 [Fri], 2015, 19:21
 


オオタせんせーの文庫新刊、
というか、ここでも以前に取り上げた
名著 『 悦楽の銀座酒場 』 (2009) の文庫化である。

さて、とおもって、手にとってみる。

かつて書いた記事に(以下引用)

しかし、それ以上に驚かされるのは、このところの銀座の変転の早さだ。
矢継ぎ早にたて変わるビルを見ていると、ほんとにめまぐるしい。
それに伴って店も人も大きくうごく訳だが。

バー 「 絵里香 」 のところにでてくるバーテンダー須田さんがすでに独立して
8丁目に名店を構えたなんていうのはうれしいはなしだが、
連載開始から僅か2年で、文末に記された移転が4件、閉店が4件、
あわせて全体の1割以上に変動があったというのが、
名店ぞろいなだけにちょっとさびしい。


などとかいているが、更に6、7年、どうなっているのだろう。
連載当時は2006-2008年、そこから数えれば、はや10年前である。

掲載されているのは57軒。
名店揃いの中、
現時点で、閉店した店が15軒、
再開発などの理由で移転した店が10軒、
半数近くの掲載店がこの10年で何らかの節目にあたったことになる。

ぼくの知っているせまい中でも、
OPAは大槻さんが亡くなったり(店はかわらず営業している)、
ODIN、Heathは閉店、Dolphyは片瀬江ノ島へ引っ越していった。

もちろん、新たに開かれた店も数多い。
本書のなかにちらりと登場する絵里香の須田さんは
独立して開業したZenithがまもなく10年を迎えようとしているし、
須田さんの下で働いていた野原君は独立して Ginza Grace を
ODINの山手さんも La France を数寄屋通りに立ち上げた。
Heathの跡地にはだーひーもがんばっている。

もちろん、名にしおうあまたの名店が割拠する銀座、
その姿は一見変わらずにあるように見えるが、
この数年の再開発等による移ろいは激しいのも事実。

オオタせんせーも文庫版のあとがきに書いているが
文庫化の際にあえて手を加えず、
その時代の空気感を残したい、というのはよくわかる。
これはガイドブックではなく銀座のスケッチなのだから。

さあ、今の銀座にのみにでよう。

関連記事

銀座 で 飲む とは? 』 [May 24, 2009, book junky ?]

ベテラン とは?

December 23 [Wed], 2015, 22:50

先日、CLで、
結構フルハウスで
入り口近くで小さくなって飲んでいたら
奥のお客様が、つめましょうか?とお優しい声、
にたいして、ノブさん、
大丈夫ですよ、ベテランですから、と。

veteran
音節vet・er・an 発音記号/véṭərən, ‐trən/音声を聞く
【名詞】【可算名詞】
1老練家,ベテラン; (特に)老兵 《★【比較】 日本語の「ベテラン」はむしろ expert に当たる》.
2《主に米国で用いられる》 復員軍人,退役軍人,在郷軍人 (《主に英国で用いられる》 ex‐serviceman,ex‐servicewoman).
3《主に英国で用いられる》 長く使い古したもの.
【形容詞】【限定用法の形容詞】
1老練な,老巧な.
用例
veteran troops 歴戦の精鋭部隊.
2《主に米国で用いられる》 退役(軍人)の.
[ラテン語 ‘old' の意]

本来は古残兵、老兵の意。
ラテン語で年老いたという意味の「Vetus」に由来し、anという接尾語をつけて「ベテラン」という言葉が生まれ、技術に長けた、老練な歴戦の勇士を指すようになった。
英語では、戦闘・従軍経験のある退役軍人の意味でも用いる。

老兵ですか。。。。
さるのみですねぇ。。。。


 

わらえない とは?

December 22 [Tue], 2015, 19:21
 


休み明けに、品川の 『 あじろ定置網 』 で
講座、じゃなく高座、漫談会をしなければいけない。

西潟さんに約束した手前、
うけるはなしを、かんがえなければ。。。。
パワポ、明日つくらねば。。。。

おひまでしたらどぞ。
 

その差 って?

December 22 [Tue], 2015, 18:22
 


Aust, NZのアワビモノグラフ。
フルカラー、各種見開きで10個体以上は図示されている。

つねづね、アワビ類の分類の現状については
いろいろと思うところがあるんだが。

たとえば、先日、Nieu 島記載された H. jacnensis kershawi
これって、Nieuを模式産地とする H. hanleyi Ancey とひとつも比較されていない、
なんてね。

そんなこっちの思いなど関係なく、
新しい publication は出版される。

どうも、最近のアワビ本、種の比較というのが、非常にいい加減。
種のクリテリア、基準というのが、てんでバラバラ、
往々にして若い個体(外唇縁に肥厚の見られない)に基づいていたりする。

この本も謎がいっぱい。
たとえば H. clathrata.
チリメンアナゴウとマルアナゴウ(ハデアナゴウ)が混在しているのは
ともかくも、
いわゆるチリメンアナゴウがせいぜい3センチほどで殻が老成するのに対し
GBR Stanage Bay 潮間帯産のものは
殻長40mmを越えてもいまだ薄い外唇縁をしている、
って、同種にするの???殻のふくらみも違うし。
チリメン、潮間帯からとれないし。。。

だいたいがovinavolcanius
隣接して分布する brazierimelculus のちがいなんて
ぼくにはさっぱりわからない。
この差異くらいだったら、clathrataの変異の範囲内くらいなもの。
やっぱり成長と変異幅をしっかりおさえて、話したいよねぇ。。。
というか、成熟個体見てから、話、しましょ。
 
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)