ブルー って?

November 30 [Fri], 2012, 19:03



姫川玲子シリーズ、新作。

あいかわらず、殺人の手口はグロいというか、痛い。
本作は、もう、ミステリ、とかではなく、
警察、という組織の小説。
姫川は割と地味に活躍しています。

本書を読むのと前後して、たまたま、こんなのを読んでいた。



いや、タイムリーだったというか、
おかげで本書にでてくる組織、展開がよく理解できた。
巻末の、参考文献にも挙げられている本書、
なかなか面白いです。

しかし、参考文献に


『たけうちマルシェ 心に届くおいしいさしいれ102』
って、あなた。
 

肩すかし って?

November 22 [Thu], 2012, 19:39

えっと、
Smithsonian から
ここへきて、いまさらながらに

こんなものが



Zoologie.
"Voyage autour du monde, entrepris par ordre du roi, sous le ministère et conformément aux instructions de s. exc. m. le vicomte du Bouchage, secrétaire d'état au département de la marine, exécuté sur les corvettes de s.m. l'Uranie et la Physicienne, pendant les années 1817, 1818, 1819 et 1820 ... "
[ http://archive.org/details/zoologie00quoy ]

Quoy & Gaimard, Uranie et Physicienne voyage の動物学篇の、
テキストのみ。。。。

アトラスは何処へ。。。。
 

うすけば とは?

November 21 [Wed], 2012, 19:32
 
ノブさんが、お祝い会前日に開栓してくれました。
『 神の酒 』 です。



これを戴くのは何度目だろう。。。
感謝。

分冊 って?

November 20 [Tue], 2012, 19:02

ひさしぶりに和書の整理。

かつてこんな図鑑が出版されていた。



浮遊性の異足類、翼足類なんかが
著者の手による線描で数多く詳細に図示されていて
一般の貝類図鑑にはないグループの貴重な情報源。

プランクトン図鑑だが、
出版の諸事情、
原稿の集まり?
資金の回転?
販売の都合?

分冊として出版されていた。
橈脚類、とか、魚卵・稚魚、とか。
保育社の山路・原色図鑑以前の出版。
全7巻で、未完?

恐らくは需要はきわめて限られていて、
それも分冊による出版の理由のひとつ。

しかし、これだけ浮遊性軟体類が掲載されている図鑑は
近年まで類を見なかったのも事実。
詳細で緻密な線画による図版は
このグループにおいては、いまだに重要な図鑑であると思う。

書店の名前を見ると 「 業界関係 」 が臭う出版社。
そういえばO先生、たしか、この原稿の原稿料
持ち逃げされたとかいってたような?
 

神は自らに似せて って?

November 18 [Sun], 2012, 19:45
 


ひさしぶりの G シリーズ。
なんと、4年ぶり、って、そんなになるのかぁ。。。
G シリーズの G は Greek の頭文字らしい。
今回はβ(ベータ)。

犀川先生はお休み、西之園さんもちょこっとだけ出るが、
基本、数年分年を取ったいつものメンバーが、
例によって事件に遭遇し、
そこに V シリーズが絡み、

神は自らの姿に似せて人をつくり、
とあるが、

真賀田四季は何をつくろうとしているのか?

この展開を見ると、その最終的な決着は、
われわれ読者がまっているあいだにはたどり着けないのかも。
 

判明 って?

November 18 [Sun], 2012, 19:09

先日のなんだか解らなかったロシアの図鑑、



Atlas of Bivalve Mollusks of the Far Eastern Seas of Russia / Compiler S.V. Yavnov. Vladivostok: Pacific Research Fisheries Centre (TINRO-Centre) and Duma Publ. House. 2000. 167 p., 79 colour text-photographs. (In Russian, title Translated). (Series Atlases of Commercial and Commercially Perspective Hydrobionts of the Far Eastern Seas of Russia). (In Russian, title translated)

ってやつであることが、検索してみて解った。
いや、よく考えたら、オークションサイトの記述見りゃいいだけの話だった訳。

巻貝篇だと思っていたこいつは



Atlas briukhonogikh molliuskov dal'nevostochnykh morei Rossii : (sem. Buccinidae).
[ Atlas of gastropod mollusks of Russian's far Eastern seas (Buccinidae family). ]
The present edition includes 83 species of gastropod mollusks.  It contains all commercial and the most numerous representatives of family living in Russia's far eastern seas. Every species is presented with a short description of shell structure,some features of ecology, and zoogeographic characteristic.  Hard cover, 190 pages,c olor photos, size: 5 5/6 x 8 1/2 inches, text on Russian/English, weight 440 grammes Printed 2006

エゾバイ図鑑であることが判明。
検索すると
Our Price: $43
ってのがヒットするも、このプライスって、
ちょっと二の足を踏む。
なにせ、オークションでは僅かに EUR12でおちてる!
ロシア本をアメリカからってのもなぁ、と。

残念ながら、ロシア圏の本の入手ルートはまだ開発できず。
うーん。。。
 

チャイニーズリソース って?

November 17 [Sat], 2012, 19:02

このところ何かと元気なお隣さん、
こちらもマメな対応が迫られている、てなわけで
中国書系書店リソースをちょっと整理。
自然科学系書のソースとしてですので、偏ってます。

まずは国内

亜東書店
[ http://www.ato-shoten.co.jp/ ]
言わずもがなの有名どころ。
ウェブサイトは解りやすく、購入もらくちん。
海外のサイトに馴れてしまうと、やはり物足りない、というのはしかたがないところ。
国内のサイトの便利なところは、やはり日本人対応ですので、
細かな注文ができることと、
公費での購入などにたいしても対応いただけるところ。
そんな意味では、便利です。ほとんど公費で本買ったことないけど。
韓国書もあつかっている。

書虫
[ http://www.frelax.com/sc/ ]
個人書店ならではの細かな気配りをしてもらえる
ってのが、何よりありがたい。
ウェブサイトは少々煩雑で、素人臭いが
新刊書の案内なんかはかなりの情報量、かつ、早い。
探求書、古書なども対応してもらえ、
雑誌の取り寄せなんかもやってもらえる。
お値段も比較的リーズナブルな感じです。

大陸系
China Science Book Service (北京)
[ http://www.hceis.com/ ]
割と付き合いの長い書店。
webページが英文なので助かる。
なにせ、メアドが gov.cn なので、割と安心できる。
カードでの決済でも問題は起こっていない、いまのところ。
在庫も古いものまで抱えていて、ときどき面白いものも拾える。
まあ、やや高めというところはしょうがない。
臺灣系の書籍も扱っている。

China Oriental BoYuan Bookstore Co. Ltd (北京)
[ http://www.coboyu.com/ ]
新興、というか、なにせ Co.Ltd なので、ちょっと頑張っており、
上の CSBS より、若干だが安め設定をしているよう。
支払いはカードでもできるが、今のところ PayPal を利用している。
いまのところ特にトラブルはない。
こちらのページも英文で、割といいレイアウトなんだけど、
国営様に比べると、若干ダサいというのはご愛嬌。

臺灣系
三民網路書店 San MinBook Co. Ltd
[ http://www.sanmin.com.tw/ ]
このところ結構お世話になっている臺灣系書店。
何せ、安い!
同じ本を CSNS なんかで買おうとすると、結構えらいことになるんだが、
ここは安い!
ただ、難点が。
ウェブサイトが中国語のみ、
かつ、例によって、会員登録、ログイン、決済をしなければならないんだが、
これが感じのみなので、ちょっと煩雑!!
今のところトラブルはないが、ちょっとドキドキである。
決済はセキュリティーサーバー経由なので、そこらへんは安心。

五南網路書店 Wunan Books
[ http://www.wunanbooks.com.tw/ ]
大学関係の出版物の刊行を行なっているようで
臺灣海洋大学の生物系出版物なんかが揃う。


ありゃ、ヤドカリとシャコもあるんだねぇ。

まだ未利用ではあるが、関係書が入手しやすそう。

博客來
[ http://www.books.com.tw/ ]
7アンドアイ系?
前に買い物したときはこんなじゃなかったような。。。
書籍のみならず食品、生活雑貨なんかも扱う総合通販サイト
自然科学系は「人文科普」カテゴリーの中。
カテゴリー別で見ていくと対したものが出てこないんだが
たとえば、「貝類」で検索すると164点がヒット。
もちろん料理本なんかも多いんだが
意外な発見が。
 

貝殼之美
作者:國立臺灣博物館
出版社:國立臺灣博物館
出版日期:2011年07月01日

なんて、ちょっと気になる。
 
おっと、

美味大挑戰 80
繁體書 ,雁屋 哲/原作,花喋 昭/漫畫 , 東立 ,出版日期:2009-12-14
優惠價: 95 折,114元
なんて!
 
まあ、臺灣版 amazon な感じで、地元としては使いやすいんだろうなと。
品揃い的にはちょっと微妙だが、なんとなく楽しい。

てなところで情報収集に励んでおります。
みなさんも、ぜひご利用になって、お隣の情報収集を。
 

胃が って...

November 16 [Fri], 2012, 19:46

えっと、胃が重いです。
明日は、120人の大宴会です。。。

ご参加いただけるみなさま、よろしくお願いいたします。

さけ、どんだけ飲むんだか、というより、
飲めるんだか。。。


 

おさえ とは?

November 14 [Wed], 2012, 19:47
 
いつもお願いしている臺灣の書店の、
巡回チェックをしていると、



ありゃ、こんなものが。

海〓螺科(〓は虫偏に「師」)はイトカケガイ科のことのよう。
A4版、100p.
103種がリスト、原色で図示されている。
図も良く、標本の状態もいいので、かなり有益か。

上位分類はかなり細分され、deBoury の属、亜属が多用されている。
異名、簡単な記載と分布が付されており、引用文献などもリストされている。

何せお隣のこと、押さえないわけにはいかない訳で、
かつ、シリーズ化されたりすると、これはもう、また大変。。。
まあこれで、360臺灣ドル(991.17円)って、
破格に安いので助かっていますが。

台湾の図鑑類、安くていいです、ってなわけで、

じゃあついでに





なんて買ってると、結局は。。。

いや、何せお隣のことなので、その辺のおさえは。。。
 

選定 とは?

November 12 [Mon], 2012, 18:58

週末のイベントに向けて、着々?と準備を。

まずはこんなセレクションでいかがでしょうかと。



プラス、国産2かなぁ。

ワインは bourgogne を12本ほど。

って、全然足りないかも。。。
 
2012年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)