いにしえの とは?

2012年02月29日(水) 19時59分
 
先日、久しぶりに谷口さんのところに
遅まきながら年始のご挨拶に。

珍しいのがあいてるから、
って、





Old Parr と WhiteHorse
って、ともに、Tin Cap

そりゃおもしろいわ、
どっちも戦前の酒 ( 汗 )。

やや枯れ気味ながら、深い味わい。
やっぱり、恐ろしいお店です。
 

危険物 とは?

2012年02月28日(火) 19時46分
 
胃の検査が終わったから、
という訳ではないんだが、


卵管 と 懸腸膜

いや、

コブクロ刺し と キクあぶら塩

うんまい!
が、
来週は定期検診、
コレステロール値がぁ。。。
 
ほんと、懲りない
 

あっさりと、って?

2012年02月27日(月) 19時34分
 
いつもいろいろ飲んでるが、
たまにはチェックをと、
明日はあさいちで 『 胃カメラ 』 飲む。

なので、今夜は早めの晩飯で、胃に優しく、

と、地元の店で、そば屋酒。


そば焼酎のそば湯割りと


小エビのかき揚げ天せいろ

でおわれば、ことはない。

結局タイムリミットの20時ぎりぎりまで、
串揚げ屋で焼酎、
ダメじゃん。
 

空前絶後 って?

2012年02月25日(土) 19時08分
 
えっと、先週末、飲み仲間の結婚祝い会に参加してきました。

ご当人は、昼夜2つの顔をもつ怪人(?!)で、



夜のお仕事?の関係で、じつに顔が広い。
どこにって、

東京の 『 BAR 』 関係。。。

幹事は CL のノブさんと、Zenith の須田さん、
って、ナニソレ状態。

司会進行は我らが団長、と相棒、助さん。。。



でもって、集った飲んべえ、じゃなくって、お客様ca.100人。



恐らく5割以上がバー関係者(汗
えっと、CL のカウンターで見たことのある顔がぁ。。。。
東京のトップクラスのモルト飲みが集結してるんでは、
おそろしい。。。

メインイベントは、バー山岡。



新郎放出の秘蔵モルト+お客様持ち込みの逸品
大試飲会!

じゃなくって、

ノブさんのシェイキング!!!



須田さんと、銀座Caol Ila の須藤さんを従えて!!!!。
いや、こんあの、ありえんって、もう。
ノブさんの某ホテル仕込みのシェイキング、
かっこいいです。いつもよりきびしい表情がいい!

ここぞとばかり、大撮影会でした。
こんな貴重な映像、撮り損なってなるかと(笑)。

いやこんなに盛り上がった飲み会、じゃなくってお祝い会、
二度とできないんじゃないかと。

新郎新婦は始終うれしそう。
いいようにいじり倒され遊ばれながらも、
幸せそうでした。おめでとね。
 





思わず?思わぬ?チェックの結果 って?

2012年02月24日(金) 19時56分


SBNature をチェックしていたら、こんなのが。



Bivalve Seashells of Tropical West America
Marine Bivalve Mollusks from Baja California to Northern Perú
by Eugene V. Coan and Paul Valentich-Scott

To be released in April 2012!

[ http://www.sbnature.org/crc/742.html ]

これ


の第2弾のよう。
そういえば、10年前、あちらで会った Jim McLean が

「 これの腹足類篇の原稿は上がってるんだけど、出版が、、、 」

と言っていた記憶が。
どうなっちゃったんだろう。
 

採算度外視 って?

2012年02月23日(木) 19時03分

同じ著者が、今年2冊のモノグラフ?図鑑を出版するらしい。

一冊はアワビ。



世界でわずか50数種の貝で1冊の図鑑を作るって、
なかなか度胸がある。
各種17図づつの標本写真となっているので、
おそらくは1種で1-2ページを使い、
向かいに図説明を付けるとするとこれで 150p. くらいにはなる。はず。

まあ、アワビ類は大型で、
水産上も、コレクターアイテムとしても重要なので、
それなりの部数の需要が見込める。
そこは Conchbook である。

一方、こちら





数ミリの貝で、全2巻。。。
さすがは、我等が
Santa Barbara Museum of Natural History
ではあるが、いったい誰がこんな大著に金を出すのか?
誰が買うの?
bibliophilia?!

ってことで。ちょっとたのしみ。
 

その日本 とは?

2012年02月21日(火) 19時50分

てなわけで、(どんなわけ?)



無脊椎動物学研究所がこんな本を出版した。
[ http://www.rimi.or.jp/tusin/TOSHO.html ]

Doflein の日本滞在記である。

フランツ・ドフライン(Franz Doflein, 1873-1924)は,
原生動物学,アリジゴクの生態,十脚甲殻類の分類などの研究で知られる
ドイツの動物学者である。
1904-1905年にお雇い外国人教師として
日本に滞在したドフラインは、
多数の日本産動植物をドイツに持ち帰り
日本の生物の分類学に対して重要な研究を行う基礎となる
コレクションを作り上げた。

[ http://ci.nii.ac.jp/naid/110002538180 ]

その際の旅行記がこの

『 東亜紀行、中国、日本、セイロンにおける自然科学者の経験と観察 』(1906)

である。

生物学書、というより、
その時代の日本の風土を描いている部分がメインで面白い。

目次の
☆深海漁業
☆相模湾の深海動物相
☆三浦半島にて

なんてあたりが、面白く、
大陸と異なり、すぐ目の前に深い海がひろがる日本の特性が、
その時代の風土と相まって
興味深い視線で描かれていたりする。

非売品?とも思っていたが、
amazon でも注文できるよう。
[ http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B4%80%E8%A1%8C/dp/4879746517 ]

ご興味のある方はどうぞ。
 

東洋の片隅 って?

2012年02月21日(火) 19時40分

IAに Smithsonian から、こんなのがあがってきた。



Wülker, G. (1910) Über japanische cephalopoden : Beiträge zur kenntnis der systematik und anatomie der dibranchiaten. Verlag der K.B. Akademie der Wissenschaften in Kommission des G. Franzschen Verlags, München.

[ http://www.archive.org/details/berjapanischecep00wlke ]

ドイツ人研究者の手による日本の頭足類のモノグラフ、
我々にもなじみの深いミズダコなんかの原記載が入っている。
佐々木望が日本産頭足類の大著モノグラフを纏める約20年前。

論文の元となった標本は
ドイツの動物学者で、
1904-1905年にお雇い外国人教師として日本に滞在した
フランツ・ドフライン(Franz Doflein, 1873-1924)
による収集品。
いや、やられてます、ここでも、欧米に。

図版は、この時代としてはかなりがんばったモノクロ写真。



固定標本ベースで、生時の情報がないから、
石版多色刷りの図版、というわけにはいかず、
当時最先端の写真図版を贅沢に使っている。
けど、やっぱり、イカタコは標本にするとなぁ。。。
な、残念な図版です。
 
あ、こんなのもあがってた。

Berry,S.S. (1912) A catalogue of Japanese Cephalopoda. Proceedings of the Academy of Natural Sciences of Philadelphia.
[ http://www.archive.org/details/cbarchive_106236_acatalogueofjapanesecephalopod1841 ]

territory とは?

2012年02月20日(月) 7時54分
 


このところ、出版ブームの、中国の、二枚貝のモノグラフ、
ツキガイ超科、ザルガイ超科あたり。

何気に見てると、
各種の分布図、
当たり前のように、
台湾のみならず、南沙諸島、中国の領海なのね。



東シナ海は?
って、あえて線引きはしてませんが、
当然ながら。。。な感じ?
中国、恐るべし。。。 
 

選定の幅 って?

2012年02月19日(日) 19時36分



あいかわらず、ラズ先生に貢いでます(笑

今回のは、宗達に飲ませたい『日本酒』100選
って、日本酒飲めないじゃん、自分。。。。

いや、好きなんですが、諸事情で、控えてます。

でもって、掲載されている日本酒、
選定は、某大塚「K」の店主とか、
有名どころの方々が行ってるようですが、
飲んだことある酒、ほとんど載ってないじゃん。。。。

いや、十四代も飛露喜もいいとおもいます、うまいんだろうなぁと、
でも買えないじゃん。ではねぇ。。。

いっぽう、出張中に飲みたい、アウトドアで、って、
ワンカップOやら、紙パック酒って、
まあ、そこは宗達らしいですが。

あとがきで、ラズ先生、

「クオリティの高い日本酒が増えているにもかかわらず、実際に活気づいていると言えるのはほんのマニアの間での話で、一般の人に当てはまることではない。。。」

って、耳に痛い話ですが、
確かに、自分も含め、一部のマニアックな人たちが
熱く語らっている酒というのは
到底一般受けするものではなく、
そんな酒たちが本書に掲載されないのは至極当たり前な話。
そんな意味合いで言うと、本書の掲載品の選定は
うなずけるのかなぁ、とはおもうが、

やっぱり自分の愛飲してるのが掲載されていないというのは
なんとなくさびしいというか、
なんとなくホッとするというか。
  
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)