肉の厚み とは?

September 30 [Fri], 2011, 19:23



「新」となった餓狼伝、2巻である。

ついに対戦している。
堤城平が、グレート巽と。
丹波文七が、カイザー武藤と、いや、
プロ・レスリングと。

相手はリングの広さを、ミリ単位で把握し、
ルールを、その線引きの、越え方を熟知している。
えげつなさをもった「熟練」のプロである。

競技ではなく 死合、命を賭した戦いである。

重量をもった肉と肉がぶつかりあい、

試合の決着は、とりあえずついた。
次は決勝なのか、それともp、
新たな展開なのか。

また面白いキャラクターも登場して。

さて、次巻が出るのはいったいいつ。
待ち遠しい。
 

赤い といえば?

September 29 [Thu], 2011, 19:08

こないだ、マンガの脚注で

※マーキュロクロム液・・・赤色の消毒液

って、『 赤チン 』 すでに死語ですか。。。
 


熟れすぎたイチゴ、って、隠喩?
連続殺人を追う女性刑事もの、って、
ミステリ、トリックとかではなく、
サスペンスものか。
姫川という主人公の女性刑事が、男社会である警察機構のなかで
精一杯突っ張っているところ、
そのバックグラウンドになっているストーリーが痛い。

描写がグロい、ストーリーが陳腐、なんて意見もあるが
人間の、ドラマとしては、割と楽しめる。
ただ、なんというか、人間関係を前提なしに投げられる、
ってのは。

そういえばこの小説、見てはいないが、
竹内結子主演で単発ドラマとして放映されたらしい。
竹内結子、というところが、ハマりすぎて痛い。
新春からはクールドラマ化されるらしい。
その他のキャストも、
武田鉄矢、津川雅彦、遠藤憲一、渡辺いっけい、と
なかなかのつわものぞろい。
うまくはまっている。
武田鉄矢のくせ者っぷりが面白そう。
ありゃ、母親役、手塚理美、って。。。
[ http://www.fujitv.co.jp/strawberrynight/index.html ]
 
このシリーズ、あと2冊は既刊があるよう。
続き読んどかないと。
 

さめる とは?

September 29 [Thu], 2011, 9:21

刺網の繕いの手伝いをしながら
網干場のたたきを箒で掃除する。
小砂利に交じって
5センチほどの Plesiotriton? Tritonoharpa? の生貝3個と
やや大ぶりで見たことのない、
つやのあるピンクに帯を巻いたきれいなノシガイ類?の生貝3個、
ころころと。
干からびてはいるが、軟体部があり、蓋も採れそう。
うーん、いい貝!
さっそくPlesiotriton の肉抜きをして、


って、かなりリアルな 夢 を起き際に見た。

うーん、たまってるなぁ、いろいろ。

その前に見た夢は、
ジップロックの海水の中でうごめく
巨大なクルミガイ?あやしげな Mytilidae ??

トロールサンプルの整理中。

って、二本立てでした。。。
うーん。。。
 

掲載許可 って?

September 28 [Wed], 2011, 19:40



Hanako、お得意の銀座特集!
ナニセ、マガジンハウス社、
銀座2丁目だしね。

てことで、つらつらと立ち読みをしてると、

あ”、バルコスがぁあ。。。

以前ここでも紹介した、銀座1丁目のビストロ、
掲載されちゃってます。。。

ああ”、ポンデュガールexpress(旧名)もぉ。。。

このあいだいったばかりのカイバル(インド料理)もぉををを。
http://www.dhabaindia.com/khyber/


(アヤシイ、ミドリのラムとコリアンダーのカレー、うまかったぁ。
フレッシュトマトとナスのカレーも)

あのですねぇ、
ここら辺、しつっこいようですが、コバコです。
こんなのを、Hanako に掲載するなんて、
なんてごむたいなぁ。。。。

しばらくはこれで、はいれんだろうなぁ。。。
バルコスのクミンニンジンサラダ、たべたい。。。
ぁあ。。。
 

家庭ならでは とは?

September 27 [Tue], 2011, 18:00
鹿児島の友人から、こんなものが送られてきた。



ああ、そういえば、いつだか貝類やらイカタコの画像、標本を
査定させられたな、と。

いやしかし、単著で図鑑とは羨ましい。
いかにも九州っぽく、底もの、以西もの(死語?)がメイン。
ホウボウ類なんて6しゅものっている!
その分、浮魚、外洋性魚類なんかはすくなめ。
著者畢竟の甲殻類には58種22ページがさかれている一方、
貝類は18ページ、カサガイが5種もって、けっこうムリムリ?

いかにもな 「 家庭料理 」 と、その食味がのっているのが面白いが、
味については、あくまでも著者の主観。
納得できない部分もある。
それにけっこうムリムリ。
「 ヒザラガイの塩茹で 」 って、ああた、
まんまですよ、まんま。
巻頭には魚の下ろし方、調理法などのっていて、
そこはなかなか面白い。

九州発、のローカル色を楽しむには
楽しい本です、おすすめ。
 

まめなチェックを って?

September 26 [Mon], 2011, 19:12
 
citebank 登場以来、なんだか細かいもののアップが
頻繁にあり、ちょっと煩雑な IA,BHL。
とはいえ、意外に新しい論文なんかも上がってきていて、
おろそかにはできない。

ちょっとうっとうしい。

ということで、
これをブックマークしとくと便利。
[ http://www.archive.org/search.php?query=mollusks%20AND%20mediatype%3Atexts&sort=-publicdate ]

この William Pease のタイプ図録
なんて、押さえておきたいところだが、
[ http://www.archive.org/details/cbarchive_101336_typesofshelledindopacificmollu1863 ]

おなじ Pease 記載種についての、
Alison Kay の手による
Bulletin of British Museum 掲載論文のほうは、
あがってこない。
こいつ、supplement issue なので、periodical set のほうには
未収録なんだよねぇ。
こまったことに。。。
みたいんだよねぇ、これ。。。
 
 

買ってはいけない出版社 って?

September 25 [Sun], 2011, 18:38
 
Google 力技で学名で検索をかけていたら、
なんだかわからんものがヒットする。。。


----------------------------------
Cytharomorula [ペーパーバック]
Lambert M. Surhone, Mariam T. Tennoe, Susan F. Henssonow
この商品の最初のレビューを書き込んでください。 Like (0)
価格: ¥ 3,961 通常配送無料 詳細

登録情報

ペーパーバック: 72ページ
出版社: Betascript Publishing (2011/08)
言語 英語, 英語, 英語
ISBN-10: 6137537838
ISBN-13: 978-6137537831
発売日: 2011/08
商品の寸法: 22 x 15 x 0.4 cm
----------------------------------
って、種名とかで、これ、なんじゃい???

とりあえず、出版社をググってみたら、こんなのがヒットした。

2011.1.10
買ってはいけない出版社

本の原稿に、ウィキペディアの記事や、著作権の切れたオープンソースを使う出版社が海外にある。

彼らのいずれも、ロングテール狙いで、かつ、インターネット上にソースが存在することを知らない人をターゲットにしている。日本にも著作権切れの本を出版するところはあるけれど、少なくとも付加価値をつける努力はしている(例えば大活字本にしたりとか)のに対し、彼らはただスキャンして、あるいはコピペしてプリントしただけのものを提供している。もちろん表紙の写真も使い回し。

洋書を各書店サイトでキーワード検索すると、彼らの本がスパムの如く大量に出現する。ウザくていい加減腹に据えかねたので、(別サイトにも愚痴ったけど)とりあえず、ここに情報を出しておく。
「 時風莊日報 」 (以下は下記のリンクへ)

[ http://pub.ne.jp/terrarium/?entry_id=3416443 ]

以前にも、IA, BHL なんかにフリーで公開されているものを
プリントして高値で?売っているという話はここでもかいた。

しかし、この「学名」タイトルの本(というか、CD?)いったい何が収録されているんだろう。
こんな、あからさまに怪しいものが amazon 上で取引されているって、
いったいネット上のマーケットってどうなっているんでしょう?

といいながら、ものすごくきになってたりして。
でも、こんなんに4kはつかえないわなぁ。
 

Tokio とは?

September 24 [Sat], 2011, 18:51
 
いや、ジャニーズの話ではなく。

Smithsonian から BHL にこんなのが上がっていた。



アレ、表記が Tokio Daigaku になってる?
て、食いつくとこはそこかい(笑)

磯野直秀がこんな文を書いている。
「 『メモア』と『理科会粹』 」
学問のアルケオロジー(東京大学総合研究博物館HP)
[ http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Archaeology/03/30600.html ]

本雑誌は「 本邦における大学紀要の嚆矢 」であり、
モースの大森貝塚発掘報告書

『 Shell mounds of Omori 』

が、本紀要の1巻1号に掲載されている。[これはまだアップされてない]

「 大学の英名表記がUniversity of TokyoからTokio Daigaku(University of Tokio)に変更されている。モースが明治10年に東京大学と結んだ契約書[17]や、『東京大学法理文三学部一覧 明治十一―十二年』の英文版では、いずれもTokio Daigakuが用いられているので、これが創立以来の正式の英名表記であり、『メモア』の記載もそれに合せたということであろう。 」

そうなの、Tokio が正式だったんだ。

しかし、じみーにではあるが、
東大の紀要とか、順次アップされてきている。
言語の選択にいまだ Japanese はないものの、
ほどなく、日本語の文献もごっそり、って、
国会図書館さま、よろしいので?それで?
 

くくり って?

September 23 [Fri], 2011, 18:27



台風に封じ込められて、
閑にあかせて検索などかけていたら、
嫌なものをヒット。。。

Evolution of corallivory in the gastropod genus Drupella.
M. Claremont • D. G. Reid • S. T. Williams (2011). Coral Reef

サンゴを摂食する巻貝のグループ、シロレイシガイダマシ属 Drupella
分子系統に関する論文だが、

なんと、分子データにもとづくと、
ウネレイシガイダマシ Cronia margariticola という
他の属におかれていた種が、この属内にすっぽり入ってしまう、と。

たしかに、Ergalatax-Cronia グループとしては、
ちょっと怪しい種ではあったが、
でも、サンゴ食の Drupella はその特徴的な歯舌の形態で、
ガッツリ括られていたはずなんだが。。。

確かに歯舌は摂餌関連器官で、
系統を考える上では、平衡、収斂を考慮して考えなければならない、
ってのはわかるが、
確かにサンゴ食に適応した歯舌、とはいえ、あれだけ特徴的なグループに
ウネレイシガイダマシ、混ぜ込むのって、
ものすごく抵抗が。。。。

そのうえ、ウネレイシダマシには隠蔽種が存在して、
それが国内にも分布して。。。

って、このあいだ図鑑の原稿書きあげた立場としてはぁあああ。。。。

はあ、がんばります。。。
 

選択を迫られる とは?

September 22 [Thu], 2011, 12:12

まったくもって悩ましいことである。
いや、こんな迫り方ができるなんて、
自信の現れなんだと思う。
さすがは、と。

しかし、しかしである。

台風が通過して、いろんなものが混乱してい。
我が社でも、
当夜、強風で街路のポプラが倒れ、ホールの屋根を潰す、



なんて大被害を出し、
なんとなく落ち着かない。

ポプラは根が浅いから、



まあこれまでにも倒れることはあったんだが
ここまでの被害ははじめて。

そんな混乱の朝、

エキナカの書店をのぞくと。。。

宮部みゆきの新刊が平台に。


上下2巻、『ぼんくら』シリーズの続編である。

おおっ、と、
腰巻きを見ると、

「なんと単行本・文庫同時発売!」



て、ナニソレ?!

「日本小説界の至宝が前例のない挑戦を果たした奇跡の一品」

てのはわかるが、
こまった。

自身はどちらかというと、単行本派、
というか、文庫化が待てないタイプ。
なのになのに、同時って、アナタ。。。

お値段は
1890x2 vs 880x2
断然、文庫なんだが、
単行本の大きい活字、挿絵付き、で優雅に読む
ってのは、捨てがたい贅沢。
ううーんんん。。。

宮部さん、なんてことしてくれるの。。。
こんな迫られ方、はじめての経験です。

あ、おでこちゃんの表紙も捨てがたく。。。
 
 
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)