穴埋めか穴掘りか って?

April 30 [Sat], 2011, 19:42
 
またまた、中国から荷が。



先日の穴埋めである。
後鰓類と、その他軟体動物分(多板、掘足、頭足類)
意外に頭足類がいい。
中文名が面白い、意外な発見があったりして。
ヒメコウイカ Sepia kobiensis の中文名、

『 神戸烏賊 』

って、そうか、kobiensis って、神戸産だったのね、意外、
というか、不勉強すぎ。。。

もののついでに、こんなのも。



これは、もう、なんというか、
軟体動物読み物、の、さわり、的な本。
例によって、イモガイだとか、
ヒザラガイの眼は殻板の上にあるんだよ、とか、
『 惹人喜愛的宝貝 』 なんてマニアの話まで。
(テラマチが 100-1500USD と書かれている(笑))

なかなか興味深い本なんだが、いかんせん、一般書。
線画で描かれている貝の絵には中文名はあてられていても、
学名がない!
『 天下第一鮮 ー 西施舌 』 って、この貝何だ??



というわけで、こんなものが役に立ってくる。

西施舌 Coleomactra antiquata (Spengler, 1802)
アリソガイのことね。そういえば、香港の市場でいっぱい売られていた。
この線画は。。。うーん。。。

この本は、中国産海産二枚貝類の総目録、のようなもの。
図はいっさいないものの、
すべての掲載種に中文名が与えられている。

類似の先著には



があり、1172種がリストされているが、
本書では1048種となっている。
前者が、香港という欧米主導の元に編まれたのに対し
本書は、中国人自らの手で編まれており、
大きく時代の変化を示している。
これが、さらに発展、同著者の



につながって今日に至っているわけである。

しかしなぁ、
ついでといいながら、結局、
穴埋めなんていいわけしつつ、 

自分の足下に、

今日もせっせと
巨大な穴掘ってる気がするのは、
気のせい。。。ではないよなぁ。。。
 

模式 とは?

April 28 [Thu], 2011, 19:32

東京海洋大学海洋科学部附属
『 水産資料館 』
に新しい展示が加わった。



ドゥワーフミンククジラ dwarf mink whale

最近、『 コビト 』 などの不適切な単語を
公的な 『 標準和名 』 につけると、
いろいろと差し障りがあるので、
こんな、ちょっと解りにくい和名になったらしい。

ミンククジラの 『 矮小型 』 亜種

その全身骨格標本である。それも 『 未記載 』 の。

未記載というのは、まあ、科学的な分類学論文として
『 未発表 』 ということ。

この新亜種、前々から存在は知られていたものだという。
論文の投稿が遅れている、らしい。(ひとのことはいえない。。。。)

で、国内に数体の標本があったのだが、
先日の震災の際に、
三陸、山田町立鯨と海の科学館が被災、
所蔵標本が失われてしまったために、
この骨格標本が、国内に残る唯一の
新亜種の科学的な根拠である

『 タイプ標本 type specimen 』(模式標本)

になる予定のものとなる、らしい。

うーん、こんな、触れそうなレイアウトで、
展示していいものなのだか。。。。
 

お気に入り って?

April 27 [Wed], 2011, 19:08



なぜだか、買ったまんま放置されていた。
ヒラマツさんのを放置なんて、
よっぽど精神的にダメダメだったのか。。。

てなわけでようやく。

うーん、よだれのあふれる本。
ヒラマツさんの お気に入り 自慢というか(笑)。
それも、例によって、高級レストランなどではなく
下世話なお店がメイン、ってのがいいです。

海南チキン、

なんて、いきなり、ツボはまりすぎ!
と思いつつ、凄い不調のど真ん中だった記憶が。

この本が出た頃、
如何にダメダメだったか証拠が、手元に残っている。

この本、ハイ、2冊もってます。

1冊は amazon 経由、
1冊は JUNKUDO の店頭で。

ダメダメだったなぁ。
 

『 微雨の降る王国 』 って?

April 26 [Tue], 2011, 19:59



シリーズ第2作。
前作とは時系列的にはほとんど連続している。たぶん。

あいかわらず、薄暗く、湿度をおびた世界観。
それは舞台の中の現実と
もうひとつの舞台である『セカンドライブ』に共通して。

やはり、ウェブ上の動画投稿サイトが舞台装置のひとつ。
山田正紀と違うのは、このサイバー空間の使い方と描写。

アゲハはあいかわらず。せつなく、とがったエッジ。

カッコ良すぎです。

早く次作を。
 

さみだれ って?

April 25 [Mon], 2011, 18:34
 
California Academy of Science から
Internet Archive へ

ぱらぱらと、

さみだれのように、軟体動物関係の雑誌が
降ってくる。

今日、降ってきたのは
これ



いや、正しくは

Nachrichtsblatt der Deutschen malakozoologischen Geselschaft
の vols. 49-50 のみ。

画像の vol 51 はファイル名をいじって探りを入れた結果。
これをいれて、僅かに3巻分だけ、あがっている。いまのところ。

先日の Archiv もそうだが、

早いところ、五月雨を集めて、最上川にしてくれ、と。
時節柄。
 

Arabian nightmare って? -2

April 24 [Sun], 2011, 19:04

例の図鑑が届いた。



A4 横というレイアウトが怪しい。
いろいろ見てるとどうもやっぱり、private publishing らしい。
首長の肖像がのってたりして。



これが、ワインバーガーさんの蔵書票。
何も書き込みもなく、とりあえず、所蔵という感じ。
おかげで綺麗なコンディションなんだが。

で、なかみはというと、

割とゆったりしたレイアウトで、1ページに1種。
短いながら、記載もあり、
分布情報があり、分布図があり、

って、肝心の写真が。。。。




砂に並べて突き刺してある。。。。
ほかにも、怪しいレイアウトが。。。。

生物学者にとっては、まさに 『 悪夢 』 のようなレイアウトの連続。

よかった、破格で。。。。
あやうく、悪夢を見るところだった。。。。
 

シリアル って?

April 23 [Sat], 2011, 19:26



ミステリが好きなんだが、どちらかちうと、やはり本格。
名探偵登場、というか、やっぱり主役はピンで立ってなきゃ。
なんで、『 プラ・バロック 』 なんて、好物な訳です。
その対極にあるのが、いわゆる 『 警察小説 』。

ヒーロー不在、
組織力でガンガン。
一方、組織としての縛り、人間関係の厄介なんてのが
物語のスパイスになっている訳で、ちょっと苦手。。。

ところが、このところ、書店の新刊平台を 『 警察小説 』 が席巻している。
それも、なぜか、『 中公文庫 』 というのが微妙というか、謎。

堂場瞬一 「警視庁失踪課」シリーズ(既刊6)
誉田哲也 「警視庁特殊犯罪捜査係 ジウ」シリーズ(既刊3)
今邑 彩 「警視庁捜査一課・貴島柊志」シリーズ(既刊2)
そして、この
富樫倫太郎「SOD」シリーズ

え、富樫倫太郎って_って。
何となく、時代もの、伝奇、陰陽師なんて思っていただけにびっくり。
興味はあったのだが、なんとなく手控えていて、
いやたまたま、福岡空港で読む本がつきて、えいやと。

さすがです、読ませます。すいすいと、

で、犯人たちは稀代のシリアルキラー、連続殺人犯。
なんとなく、「羊たちの沈黙」が見え隠れしたり、
パトリシア・コーンウェルだったりするんだが、まあ、それはよしとして。
さっくりいけます、たのしいです。

しかしこのシリーズ物の山
文庫書き下ろしだったり、
隔月刊くらいな刊行ペースだったり
うーむ、中央公論社、何を考えてるんだろう。つうか、なんで??

 
 

川端 って?

April 22 [Fri], 2011, 19:22

先日、出張で福岡にいってきた。
初・博多である。

博多といえば、『 博多っ子純情 』 である(ふるい。。。)
コペルニクス的転換である。。。って、(汗)

いや、やっぱり、屋台である。
ということで、到着の宵、中洲を一人ぶらぶらと。



やっぱり、ラーメンの多い屋台の中、そうではないお店を。
『 貝焼き 』 というのが気になる。



屋台というよりはもう立派な店舗。
おばちゃんとお兄ちゃん2人で客をさばいている。



で、北九州というとやっぱりこれ。
県産?ないない。
中国産か韓国産か。



こちらはタイラギ。
これは国産か。
なかなかうまく焼けてて上等。

焼酎お湯割り2杯、
追加に焼き物一品。

なんだかまったりして、一人でもいい居心地。
ほかのお客さんもいろいろ、
地元民、観光客、カップル、団体さん、女の子2人づれも。
いいなぁ、このゆるいかんじ。
満足満足。

といいながら、帰りにもう一軒。
しょうのない alcoholic である。
 

隙をついて って?

April 21 [Thu], 2011, 19:38

ネタはたまってるんだが、なかなかかけない。
繋ぎに賑やかしのおバカな記事をひとつ。
本来は BHL カテゴリネタなんだが、
こんなカテゴリで。

下は、IA をキーワード "mollusks" で検索した結果、
その一部なんだが、
よーくご覧ください。


(画像ををクリックすると大きく表示されます)

しかし、なぜにこの記事が "mollusks" で
検索されるんだろう??

謎だ。

管理人さん、おつかれさまです。


蔵書の行方 って?-3

April 15 [Fri], 2011, 19:21
 


ムサ美の博物図譜展の会期が変更されている。

【 会期変更 】
博物図譜とデジタルアーカイブ V
博物学の時代―ひとは世界をどのように見、記述して来たか

開催日程:2011年04月11日(月)〜2011年06月19日(日)
10:00-18:00 *土曜日、日曜開館日、4月11日〜15日は17:00まで

開催場所:図書館展示室

【 イベント 】
荒俣宏客員教授講演会(第3回)
「タイトル未定」
|日時|2011年5月9日(月)16:30―
|会場|未定(武蔵野美術大学内)
*詳細は追って掲載致します。参加自由。直接会場にお越しください。
 
月曜かぁ。。。
 
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)