anniversary week って?

2010年07月30日(金) 14時30分
すみません、飲みすぎです。
でもって、しょうがなく。

先週末はオールでした、すんごく久しぶりに。
ノブさんとフーちゃんにおつきあいいただいて、
CL→Bee→Tamayaさんと、とってもたのしく。
これは、こちら側の offer。

さすがに日曜はお休みしましたが
月曜は前哨戦、偵察をかねて、
で、火曜が本番!
周年おめでとうございました。



なーんてあたりを! うっひゃー。

CLも今年で、11周年。
ぼくが初めていったのが、在外で渡米する直前の2000年6月。
ぼくも通いはじめてはや10年ですか。

てなわけで、anniversary week と理由をつけて、
水曜にはおつかれさま、をいいに。
まったりのメンバーでのんびり、いつもの CL。

昨日、きょうは一休みで、

で、締めの定例、土曜が明日。
今週、すみません、とっても飲んじゃいました。
病人のくせに。。。。

安心感 って?

2010年07月29日(木) 19時39分


週末にちょこっと。時間調整に。

いろいろと、悪い前評判もあったが、やっぱり安定感があるというか、
もう、安心して、笑ってみていられる。

すりる?さすぺんす?
ってのを期待する映画ではないので、もう、すでに。

とりあえず、深津絵里はよいです。うーん。
「 悪人 」 もみちゃおうかな、と。

で、内田有紀、新メンバー登場、が、よいわ。
もとひとづま、とは思えない、はつらつさがあって、
すみれさんとは好対照。

まあ、いろいろと、やりすぎ、とのご批判もあるかと思いますが。
1800円のエンターテイメントとしては上出来かもと。

次回作も、ぜひ。

はやいもの勝ち! って??

2010年07月28日(水) 13時51分
早々と荷が届いた。



結論から言うと『 勝ち 』である。
即決する勇気はやはり必要。
多少のリスクを負う覚悟もやはり必要。
それが、掘り出し物を探り当てる必須条件なのだろう。
まあ、その前提としての多少の『 資本力 』も必須だが。

ちなみに、なぜか、包みの中に
competitor にあてたメールのコピーが入っていた。
competitor はオランダの貝屋/古本屋 Bijl だったよう。
メールのタイムスタンプは Jul. 15。
僕がオーダーしたのが Jul. 21 だから
Bijl からキャンセルされたんだろう。
危ういところだった。


ブツは『掘足/腹足/ミジンツツ』部のインデックスと全プレート。
プレートの説明葉がないんじゃないかと多少心配したが、
これも全部揃っている。プレートの状態もばっちり.
プラス、ヒザラガイ編全部。カラープレート1葉もちゃんとある。

Challenger Exp. にかんしては、
頭足類、二枚貝類篇をかなり格安で掘り出した過去もあり、
ついている、という感覚がある。

全般に Expedition Report の入手運には恵まれている。
Deutsch Teefsee も Sudpolar も Siboga もかなり廉価だった。

とはいえ、今やすべて pdf化されて IA から「ただ」で DL できる時代になってしまった。
必死になって「おしごと」のために文献猟歩していたのは過去の話。
でもね、そこはそれ、やっぱり古い紙の手触りと匂いが。。。
って、やっぱりおばかです。

さて、問題が。
この disbound した束、



使えるように再製本にだすと。。。
多分、本代と同じくらい、かかっちまうんだよなぁ。。。
さてさて。

Chinese って?

2010年07月27日(火) 14時34分


このところ、中国関係の文献漁りをしていて
こんなのにたどり着いた。

JSTのつくっているDB、なのかな??
日本語の抄録がついていて、なかなかべんり、、、
って、をいをい、誰に訳させているの??
機械翻訳をそのまま??
論文タイトルの翻訳、スバラシすぎです。
せめて見直そうよ.

「 一新種の記述がある大韓民国からの属 Lathromeris foerster (ハチ目, タマゴヤドリコバチ) の最初の報告 」

って、どういう日本語??
これで、我々の審査できるわけ??

まあ、チェックにはとりあえず便利かと、ぶっくまーく。

Chinese standard と level の問題 って?

2010年07月27日(火) 0時54分


すみません、先ほど上げた記事で、ちょっとほめちゃったんですが、
しょうしょう問題が見つかり、あわてて訂正します。

この図鑑、誤同定、多すぎ。
いや、出版物としてレヴェルを疑うというか。
4人の著者で書いているが、
この中に、少なくとも軟体動物の分類学者はいない、
と、信じたい、事態です。
学名のチェック漏れ、なんて挙げだすと切りがなくなるので、
とりあえず、"family" レヴェルでの誤同定を挙げときます、ネタとして。

Notoacmea schrenckii (Lottidae) → ヨメガガサ (Patellidae)
Littorinopsis scabra (Littorinidae) → ゴマフニナ (Planaxidae)
Latiaxis lischkeanus (Coralliophilidae) → クリフチヂミレイシ (Muricidae)
Cantharus cecillei (Buccinidae) → ヒメヨウラク (Muricidae)
Fasciolaria trapezium (Fasciolariidae) → Bedeva sp. (Muricidae)
Mactra veneriformis (Mactridae) → Pitar sp.? (Veneridae)
Tellina virgata (Tellinidae) → フジノハナガイ (Donacidae)

なかなか笑えま、、、せんです、このレヴェル。。。

やっぱりさけられない って?-2

2010年07月26日(月) 19時43分
台湾に頼んだ本、第2弾がようやく到着。



頼んだうち、結局絶版だった分が減って、計4册。

何度かキャンセルのめいるらしいものが届いていたのだが、
いかんせん、繁字体漢字のメールはバケバケで、
よく判読できなかった。
さて、キャンセル分の本代はどうなってるんだろうか。ふあん。

とりあえずざっと。


七彩海蛞蝓.台灣的裸鰓動物.
Taiwan Nudibranchs.
Jie, W.B. and Chan, C.Y.
A5 精装 309p. NT$450
先日上げた微小貝図鑑と同じ
国立海洋生物博物館の図鑑系列H。
120種ほどをすべて生態写真で図示している。
すべての掲載種には中国名が与えられており、
特に『 新称 』などの記述はない、ということはすでにあったのか??

ウミウシの中国表記は『 海蛞蝓 』となっており、
それじゃ、ウミナメクジ Petalifera punctata の中国名は???
ってのが気になるところだが、残念ながら未掲載。
ちなみにアメフラシ類は『 海兎海蛞蝓 』なんていう、
なんだかマダロッコシイことになっている.



The Mollusks of Taipei Area. Taiwan.
Wu, W.-L.
A4 並装 215p. CD-ROMつき, 2007. NT$360
168spp. illustrated.
例によって、このシリーズ、標本の質、悪すぎ。
カンギクなんていう多産種でさえ、ガスガスな標本。
なんでなんで??
クロアワビがずしされているが、これは明らかに死に殻で
恐らく人為的な混入だろう。



Shells of the Southeast Sea of Taiwan.
309p. 1997. NT$270
???な一冊。
海域の貝類として 674spp. をリストしている。
これが最初の102p.
これに加えて、港湾の浚砂中の貝類やら
堆積物中の貝殻なんかがリストされている。
図版を見ると割と新鮮そうなものも図示されていて
近年の埋め立てなどに伴うものなのかなぁという感じ。
市の公的な出版物であるにもかかわらず、
巻頭に恩師として金子壽衛男氏の肖像が3枚も掲載されていて、
なみなみならない関係が伺われる。



大亞湾水生貝類彩色圖集.(簡字体)
Color-illustrated book of aquatic mollusks of Daya Bay, Kanton.
Lee et al.
B5 並装 132p. 2008. NT$224
252spp. illustrated.
台湾の書店から大陸の本を買っちまった。
ゴメンナサイ。
今回とどいた中では一番まともな本かも。

日本の温帯系の種と共通部分が多くて面白いが、
とはいえ、Turbo cornatus なんてのが掲載されているが、
もちろん日本のサザエではなく、アレね。
マアナゴってのもなんだか怪しい貝が図示されている。

標本の質はともかく、撮影にはもうちょっと配慮が欲しいな、の一冊.

おしごとむきは? って?

2010年07月26日(月) 13時20分



カテゴリー "bibliophilia" がだいぶふくらんできてしまった。
-philia っぽくない、仕事がらみの本もだいぶここに突っ込んできている
ので、カテゴリーひとつ新設しました。

boteca libre biologica?

ちょい長い名前ですが、
仕事がらみの傾向が強い、
たとえば、教科書的なものを別ガコイにします。
book junkie? のほうからも一部引っ越しさせて、
こっちは純粋にエンタテイメントにしたいとおもいます。

ま、あまりたいした話ではないですが、
ご理解をば。

ある意味 活字中毒 って?

2010年07月25日(日) 18時46分
活字中毒、
book junkie じゃなくって、
もうひとつの、
「 font mania 」 だったりもするわけで、
ついついこんな本を見ると、



フレームデザインの図案集。
jpeg化されてて、使い勝手がいい。って

ああ、買っちまった。
何に使うアテも、ほとんどないんだが、
ちょっと、ウェブデザインでつかってみたいなぁ、てな
何となくです、何となく。

かつて、友人の結婚祝いの幹事を引き受けたとき、
こういうのが欲しくって、
すっげーださい案内状をつくってしまったトラウマが。。。。

いや、デザイナーフォントとか、フリーフォントのCDも結構たまってたりして。
つい。
ついでです、ついでに。

Ex Libris とは?

2010年07月24日(土) 12時32分
じつはもっている。なにがって、





自分の「 蔵書票 」である。
まあ、インチキ/バッタものではあるが。

まあ、bibliophilia たるもの、自分の蔵書票くらいは。
いや、そんなもので装幀を汚してはいけない、との意見もあろうかとは思うが。

本来、蔵書票であれば、やはり、小版画であるべきところ。
じつは、敬愛する版画家である武田史子さんにお願いしたく、
ちょっとご相談をしたこともあるんだが、
当方の財力ではやはり無理。
渋々、フォトショを駆使してリトグラフ風にでっち上げたのがこれ。

はたして顔料インクでプリントした ExLibris の保存性やいかに、
ってな感じではあるんだが、
デザインとしては気に入っている。
キントキバショウがいい感じ。

これも使いはじめてはや8年
(ファイルのタイムスタンプが02/07/19ってなってた)、
そろそろ2代目を、なんて考えているんだが、
さて、どうしたものか。

季節モノ って?

2010年07月22日(木) 19時22分
いやあ、季節になったなぁ、と
書店の店頭で。



『新耳袋』シリーズが終わり、このシリーズも、はや3集。
怖さ的には、新耳袋の、
なんだか解らないけど、怖い、という
根源的な怖さをもった話はなくなった気がする。



一個人の身のまわりに、これだけ かいい が集中するというのは、怖い。
呼び寄せるのか、それとも、
実は、怪異、世の中にはみちあふれていて、
誰もそれに気がついていないだけなのか。
後者であっては欲しくないなぁ。
と、びびりの自分。
2010年07月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)