いこう とは?

May 15 [Wed], 2019, 19:15



こんな本が。

著者のいしかわあさこさんは



こんな著書もある、アルコール飲料系ライターで、
ぼくは、以前からblogやら

[ http://www.koyoinobar.com/ ]

こーんなすごいサイトを愛読させていただいていて、
個人的に馴染みの方。
こんなサイトも運営されていて、

[ https://www.sakedori.com/s/koyoinobar2/ ]
[ https://shuiku.jp/category/movie/tothebar ]

これが、この本の原型と発展形?

いや、まあ、飲み歩いている。
ブログには、名だたる、と言うか、
ぼくの知り合いのバーもほとんど網羅されていて、
谷口さんのところ、GKさんのところまで出ている。
おそるべし。

で、本書では、
中森君の羊羹、高木君ところのチーズケーキが登場、
Bar初心者の女の子が飲み歩く過程で
バーを知っていくという、バーと、飲み方のガイド、というあたり
いしかわさん、女性の目線らしいのか。

客とバーテンダーの会話のなかから、
オーダーの仕方、アルコールの種類、多様性と
カクテルのレシピ、お店の個性を紹介しつつ、
アルコール2杯とちょっとおつまみ1品の会計の価格を示して
具体的な予算を見せるなど、初心者への配慮をうまく作っている。
とくに女性には役に立つつくりになっているかも。
まあ、中森君のところとか、入門編か、といわれると。。。

本書は先日の



これがウイスキー、モルトメインだったのに対し、
カクテルベースで、掲載されているバーもその基準。

また



これがだいぶハイブロウだったのに比べると
中堅どころ、と言うか、ぼくらがはいりやすそう、
入門でもOKなリーズナブルな選定になっていて
面白い、というか、
知らないバー、まだまだあるなぁ。

平成 って?

April 29 [Mon], 2019, 17:34



久しぶりに神楽坂。



こんなのを。
マドの公演。



いつもと違って、走る走る。
ステージがオープンで、いつも以上に近い。
腕を足をぶんぶんと、今回は動きが大きい。

最初の大学生チームのダンスもなかなか若々しくって、これも面白かった。

で、神楽坂なんで、



家鴨へ。
平成最後か。

相変わらず楽しいレコードと、ゆったりした空間。

つれは



アイリッシュコーヒー、を、
なぜか、中森君詰めのこにゃっく、って、これ、
コーヒーとブドウがなかなかたのしい。
そのあと飲んでた、限定版(背の低いほう)も
フレッシュなブドウ感の残るコニャックで、美味かった。
一本欲しい。



ぼくはrothes と
hoop の Deanston って、
そんなのなんで詰めたの?
ものすごく麦っぽくって、うわ、

って思っていたんだが、スェリングして、空気入れてると、だんだんシェリーがたってきて
飲み終わるぎりぎりで、うわぁ。
面白い酒、時間かかるけど。

平成もあと数日。
 


ハイブロウ とは?

April 18 [Thu], 2019, 19:58



ちょっとまえだが、久しぶりのバー特集。
とはいえ、掲載店、雑誌の対象年齢層に合わせえて?

highbrow すぎて、いったことのある店が。。。。

僕らの飲み始めの頃、
バー特集といえば Esquire誌が年一回
すごいかっこいいバー特集をやっていて、
憧れの目で一生懸命読んでいた。

男の隠れ家はもうちょっとダウンしたエリアで、
僕がはじめてキャンベルを知ったのも、この特集だった、はず。
今回のは、もう、なんというか、
オーセンティックバー特集、で、僕にはちょっと縁遠い。
そんな中、1/40、唯一知っているのが根津の長谷川君のところ。
いや、4年でこの立ち居地、なかなか。
 

cent って?

March 26 [Tue], 2019, 19:39



えっと、
紙の束だけで100ゆうに越えました。。。
これまた、開梱しないといけないと。。。。。。。。。。。

しかしまあ、とりあえずはいいんだが、
あと何年後か、
この山、明らかに自宅には入らないし
さて、どうしたものか。。。。
 

選定 って?

December 21 [Fri], 2018, 19:14


はい、買ってきました。

MOOK本ときいていたので
大判の雑誌体をおもっていたら、
小ぶりのダストカバー付き。
つかは思いのほか厚くなかった。

内容的のも想定通りではあったが、
なかなか工夫されていて有益。

「気をつけたいバーでのNGマナー」
はい、深く反省。
お店に甘えすぎてました、自分
ここらへんには思うところあって記事を書こうとしてたんだが、
これがあればまあ、OK.

「ウイスキーのペアリングを楽しむ」
これ、面白い。
家飲みの際の、おつまみ、て、
ついつい乾きものに流れがちだが、
ちょっと提案、な感じ。

「予算別ハレの日・贈答用おすすめウイスキー」
これって、この本の目玉だと思う。
永遠の課題のひとつ、贈答用。
基本、ウイスキーの好みは個人の嗜好が大きと思っているので
ある意味、無難、というのが難しい。いや、だだ無難では意味ないし。

樽の定義なんかも、うまく解説されていて、おもしろい。

さて、
『はじめてのひとり飲みにもおすすめ やさしいBAR&PUBリスト』
行っている店、知らない店が多数リストされているんだが、
えっと、これの選定って、どなたが?

CLの常連のTさんが参加していることはわかっているのだが、
無路良、 Scotch House、Blue Label、って
はじめての店?でいいわけ?
いずれも名にしおう名店、いったことないけど。
Albions、はじめてで?コアだなぁ。
まず、入りやすい外観、ってのが、大事な気がするんだが。
いやまあ、ハイブロウからの突入、ってのもなくはないけど。
ぼくも、最初、谷口さんところだし。でもなぁ。
京都のレコード酒場も、これで良いのか?と、ある意味。
 

茹で上がった って?

May 14 [Mon], 2018, 19:18

コスタリカのちかくの熱水噴出域で
卵保護をするタコの群れが発見された、と。

これが何だか笑える。
なにがって、


[ https://www.smithsonianmag.com/smart-news/colony-beautiful-doomed-purple-octopuses-found-costa-rica-180968858/ ]

顎板を強調して防御姿勢をとっているんだろうが
なにせ熱水域だけに、ゆあたり?
 

魚とウイスキー って?

April 09 [Mon], 2018, 19:17



Brutus 最新号はお魚特集、といっても
目的は食べる!なわけで
記事に期待しつつ目次を。

魚と、ウイスキーと。

って?
へ?モルト、な訳ないよね。
で、記事を見ると、ハイボールで魚を、
って、fishtail kitchen でてるし。。。。

fishtail、基本日本酒の店、だったはず、が、
まあ、陽気がよくなると、ハイボール、ということ。
で、

店主永田さん、最初はなるべく露出を控えて、
などといってましたが、
何せマガジンハウスの地元な訳で。。。。

でもって、予約をお勧め、って、
いやもう、通りがかりに覗いても、満席満席で
到底フリでは入れない。
嵐の日を狙うかしないと。

徒歩数分圏内の店に、予約、ってのはなぁ。。。。
そうもいえなくなりつつあるご近所ではあるんですが。


 

バーからちどり足 って?

December 09 [Sat], 2017, 19:22

週末にひさびさ、池袋で映画を。



すでに原作、というかノベライズ本は読了、
ストーリーを確認しつつ
大泉洋のバカっぷりを楽しむというか、
前田敦子のダメダメ女っぷりを楽しむというか。

映画はなかなか楽しめるいい出来。
結局、北川景子にいいところみんな持ってかれてる映画
な感じは否めないが、
あいかわらずのクセモノ揃いの脇役陣も楽しく
ぜひ4作目もお願いしたい、という感じ。

映画を見終わって、それでは池袋のことだし、
久々に 『 千登利 』 へ。

名物肉豆腐をいただき、
だいすきな、かしら白、なんこつ、鶏皮なんかをつまみつつ
ホッピーを。
目の前は肉豆腐の鉄鍋ないい席でのんびり。
しとど酔っぱらって、千鳥足。
本日はバーにはよらずに帰りました。

このところ、池袋のバーにいけてない。
すっかり Quercus の渡辺さんには忘れられているか。
たまには足を向けないとと。
 

事前と事後 って?

September 29 [Fri], 2017, 19:46

会期も修了間近、ということで
大慌てで 『 深海 』 展へ。

午前中ならと押っ取り刀で出かけると、
まずは入り口までの大行列。
これを薄んで、ゲート近くに至ると、なんと、

整理券。。。。

入場制限されていて、時間単位でコントロールしている。
ぼくらは、その時点で、2時間後。

そんなところで2時間ボーっとしていられないので、
まずは昼飯、
見終わってからいくつもりだった、根津の 『 鷹匠 』 さんまでタクシーをとばす。



開店真近の店の前にはすでに数人の行列。
数人といっても、鷹匠さんのキャパを考えると、あぶないあぶない。



まずはビールと、いつもの盛り合わせ。
あーノンビリ飲みたいところだが、1時間が滞在時間のリミット。



といいながら、ひやおろしと蕎麦味噌を追加。

〆は、つれは
あなご蕎麦を田舎で、
山椒をふって香りよく。




ぼくは鴨せいろを2色もりにしてもらって。
つけ汁と、程よく火の通ったたたきが美味い。

後ろ髪を引かれつつ再び上野のお山へ。

深海展は、まあいろいろ思うところもあるが、
軟体関係が多い展示で楽しめた。



アケボノオキナエビスなんて、あれ、誰の標本??

で、でようとしたら、あ、これやってる。



Curtis の Botanical Journal の原図も面白いが、
やっぱり日本人画家の手による細密画がすごい。
作家に関する情報が展示の中にどこにもないのが
何で???

で、チラシを見ると、
作家のおひとかたは、なんと、Kew Garden のお抱え絵師だと!
すごいです。
一見の価値、あります。
 

すずなり って?

July 19 [Wed], 2017, 19:24



これって、コラージュとかではなく???
 
2019年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)