家譜 って?

March 19 [Tue], 2019, 19:14

Conchbooks から怪しげなものが。



このサイケな表紙、かつ
中国系。

Families of Mollusks. A Classification of Worldwide Mollusks
He Jing, 2018
203 pp., full color, numerous figures, hardcover 8 [16 x 21.5 cm]
[in Chinese]

This book figures, wherever possible, a typical representative of each family of gastropods and bivalves. It also contains some of the more common Polyplacophora, Scaphopoda and shelled cephalopods.



可能な限りのすべての科の代表種を図示、
って、怜によって、怜のごとく中国っぽい図、
かつ中国語、
殻のないのは載せてくれてないし、
頭足類なんて。。。。
まあ、40.00 € net って、プライスはいい線。
押さえておきますか、はずすかもしれないけど。
 

 

功罪 とは?

March 04 [Mon], 2019, 19:43

またまた、オフィスの引っ越しである。
敷地内ではあるが。
ただ、今度のスペースが,かなり狭くなる。

なので,いろいろ整理が必要。
書籍も,当方にベ別置されていた図書館の本なんかを
図書館に返すことに。

で、戸棚1杯分の大型本を、

いや、スペースがないのはわかっている、図書館も。
でも、デジタル化されて BHL で公開されているものは、
紙媒体のものはいらない、って。。。。
をいをい、仮にも expedition report の揃い,
いらないんですかぁ??

いや,もちろん説き伏せましたよ、残してね、って。
とはいえ、先行きは怪しい。
図書館の資料に対する価値観、
やっぱり変わってきているんだろうか。。。
 

ごのみ って?

February 11 [Mon], 2019, 19:10

あー、やっちまった、ぽちっと。



沖縄の博物庵の特展図録、
こんなものが amazon で買えるようになってるから、困る。

沖縄の焼き物、なので、
基本、磁器はない。
沖縄というと、なんとなく、
魚文、唐草文なんかの 『 壷屋焼 』 を思い描きがちなんだが、
実は結構多彩で、
東南アジアに通じるシンプルなものも結構ある。
それの古陶、となれば。

いや、土肌に透明な釉をかけて、
そこに鉄釉の黒を、びしゃっと、
なんて、ああ、もう、そそられる。

個人的には土ものが大好きなので、
日用にもついついそういうものを探すのだが、
このいさぎいい感じ、
ほしいい!

いや古陶は手に入らないので、もちろん、
今もので、



探しに沖縄行きたい。。。。


 

うらがわの って?

February 10 [Sun], 2019, 19:43

またアヤシゲな本が。


La Familia Columbellidae (Gastropoda) del litoral peruano : Incluyendo nuevas especies
Carlos Alberto Arias Avila
163 pp., 41 b/w pls, 2 tabs, br. gr. 8
ISBN 10: 6202101016 / ISBN 13: 9786202101011
Editorial Académica Española, Feb 2018, 2018
Paperback
USD80.00

Columbellidae だけで163ページ?
それも、ペルー沿岸、って?
地球の裏側すぎ。

そしてペーパーバックでこの表紙デザイン、
だいぶやられた記憶があるんだよなぁ、
USD80だすには。

怖いので出版社調べてみたら、

free publishing for academics

????????????

EAE publishes academic research worldwide – at no cost to our authors. We are specialized in publishing theses, dissertations, and research projects.

From the large number of research papers that are continuously being completed in higher education, we identify those which – due to their quality and practical relevance – are suitable for publication. In this way, the latest research is conveyed quickly and tailored to the needs of the respective specialist audience.

All monographs, scripts, diploma theses, master theses, dissertations, postdoctoral theses, and lecture notes are published by EAE as a specialist book in a high-quality paperback fitting with an individual cover image, ISBN and barcode. Our titles are produced on-site in the USA, UK and Germany, and distributed worldwide via the leading retailers.

要は、学位論文とか、印刷して売っちゃわない?てきな。
それも、スペイン語圏向け?

でもって、

incluyendo nuevas especies

新種、成立しちゃう訳?ICZN的に???
なんか、ヤバい裏を感じなくもない、って、
いろんな要素でそそられる出版ではあるが、
うーん、それに80。。。。

よゆうないんだよなぁ。。。
 

テリトリー って?

January 23 [Wed], 2019, 19:57



ようやく入手してきました。
近場の本屋さんにはなかなか並ばず、
池袋のアリ地獄まで行って、ようやく。

基本、生態写真がある、というのが条件で、
したがって、著者のフィールド、というか、テリトリーが大前提、
掲載種を見ると、概ね、房総半島から、伊豆半島、駿河湾、という感じ。
生態写真も、標本の鮮度もなかなかに素晴らしいのだが、
生態写真縛りというのがあるので、なかなか選種に苦労の跡が、というか、
ハヤシグルマ、とかチャイロコナガイトカケて、
普通種か???
ここらへんにダイバー目線とのギャップ、というか、
フィールドのバイアス?を感じたり。
たいへんおもしろいです。

一点残念なのは、

生態写真が小さい!

出版社との駆け引きがあったのだとは思うのだが、
貝殻図鑑はいくらでもあるので、
生態写真をもう少し大きく撮って欲しかった。
確かに同定用の用向きもあるとは思うのだが、
お肉のディテールをもう少し見たかった。

このスタイルの、熱帯系種の図鑑なんて
続刊してもらえないものでしょうか?
ねぇ。
 

みわたせる とは?

January 18 [Fri], 2019, 19:38

気になる本が。



Hardcover, 256 pages, 41 color photos, 43 color illus.
ISBN:9781421427317
April 2019

Lydeard and Cummings have edited a book published by Johns Hopkins University Press (March 2019) touching on 34 families of freshwater gastropods (snails) and 9 families of freshwater bivalves (mussels and clams). Each chapter provides a synthesis of the latest research on the diversity and evolutionary relationships of the family.

The book also includes

• a look at how evolving DNA sequencing data techniques help shed light on mollusk taxonomy
• distribution maps of each family's biogeographic locales
a representative photo and distribution map for each of the freshwater mollusk families
• the latest information on each family's conservation status—and how to reverse the habitat destruction, modification, and pollution that threatens it
• a discussion of the ecological and economic damages caused by invasive mollusk species, as well as their role as disease vectors

[ https://jhupbooks.press.jhu.edu/content/freshwater-mollusks-world ]

conservation biology がメインなのか?
下線のあたりがキーになるところだが、分類学的情報はどれくらいあるのか?
日本人の分担執筆者も3人ほど入っている。
うーん、サンプルページが見たいところ。



デザイン とは?

January 15 [Tue], 2019, 19:26



『 MdN 』 が休刊するという。
いや、興味のない人にはどうでもいい話だが、
個人的にはとても淋しい。

MdN は
1989年12月、デザインとグラフィックの総合情報誌として創刊された雑誌。
MdN は 『 Macintosh designers Network 』 の略記である。

Macintosh による DTP(デスクトップ・パブリッシング)の日本での普及・定着を目標に、
デザインの考え方・学び方、
PhotoshopやIllustratorなどをはじめ
デザイン用のソフトウェアのテクニック、
Webとともに進化する言語などのテクノロジーなど、
プロからアマチュアまで、デザインに注目する幅広い読者に
役立つ情報を提供する事を目的とした雑誌だった。

附録として毎号、CDが添付され、
フリーフォントやら script やらが本誌と連動して提供され、
これが楽しかった。

また、その雑誌のレイアウト自体が
表紙のデザインから
かっこいいというか、斬新というか
それを読んでいるだけでわくわくする雑誌だった。

書籍のデザインに興味がある、
ウェブのデザインに興味がある、
コマーシャルデザインに興味がある、
そんな自分には、なんともいけている雑誌で
いつも楽しく読んでいた。

フォントなんて取り上げてくれる雑誌なんて、
この頃、というか、今でもなかなかなかった。

結構ながく愛読していたのだが、
近年は編集方針をアーティストとポップカルチャーを
デザインを切り口に取り上げるという方向に舵を切ったため
縁がなくなっていた。

なんとも残念。
今後はウェブでの展開として移行していく、
というのも MdN らしいといえば。
[ https://www.mdn.co.jp/di/ ]

みょうにポップカルチャーに変更せず、
コアなデザインとしての特集、
ぜひがんばって欲しいと。
 

extraordinary とは?

December 21 [Fri], 2018, 19:32

ようやくボーナスがでました。
なので、ようやく手控えていた趣味の本たちを
amazon に注文。
衝動買いの一冊。



Straight Up: Where to drink & what to drink on every continent (英語)
ハードカバー – 2017/10/31
Joel Harrison (著), Neil Ridley (著)
¥ 2,448

世界バー巡りのためのガイドブック。
The insiders' guide to the world's most interesting bars
のあおり。
装幀はデザインがデボスで入っていたりと
かなりおしゃれ。

amazon の内容紹介では

How great would it be to have access to the world's experts to help you choose the coolest and most interesting bars, wherever you find yourself in the world? Well, now you do.

From a 10-seat basement bar in Tokyo, to a glitzy rooftop palace in Toronto and a converted Ottoman bathhouse in Budapest, this book contains everything you need to drink in style, brought to you by the locals in the know.

世界で550軒以上、
日本では、東京12、大阪2、京都4。そのほか2軒のバーが紹介されている。
世界旅行する訳でもないのにそんなもの買うのは

”From a 10-seat basement bar in Tokyo”

って、もしや、じゃなくて、まさに CL 掲載されています。

やはりメインはカクテルを売りにするお店、
ウイスキー関係は Helmsdale, Zoetrope, Caamm Var, Bow Bar と CL。

"An extraordinary bar"

と。いや、よろこばしい。

Simply, most chaotic corridor dedicated to rare single malt in the world.

ですと。
迷宮へようこそ。


あ、ヨハネの兄貴、写っちゃってますぜ、
international に。
 

さぼっている結果 って?

December 09 [Sun], 2018, 19:16

さぼっている結果、買っとかにゃならんかなぁ、という本が
国内でも溜まりまくっている。
どれも部数のない本だよなぁ、きっと。
陸はともかく、淡水はなぁ。。。








鬼が笑う って?

December 05 [Wed], 2018, 19:31

Amazonにはやばやと予告が。



日本の貝: 温帯域・浅海で見られる種の生態写真+貝殻標本 単行本 – 2019/1/11
高重 博 (著), 武井 哲史 (写真)
384ページ
誠文堂新光社
¥ 3,888

本書では、本州中部温帯域を中心に、日本の海に生息する600余種をセレクトした「貝の図鑑」です。
主に磯遊びや潮干狩り、スキュバーダイビングなどで観察可能な、海産の巻貝・二枚貝を紹介しています。

書影のみで、まだ実体が見えてこないんだが、
新年早々、お年玉?
楽しみです。
 
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像みなせあやこ猫と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2015年03月10日)
アイコン画像猫好きキャット
» 銀座の?猫 って? (2015年02月11日)
アイコン画像いそちん
» 迎春 (2015年01月02日)
アイコン画像みなせあやこ猫〔みゅん〕と保護子猫たち
» 銀座の?猫 って? (2014年01月12日)
アイコン画像untikusai
» 115 って? (2012年04月25日)
アイコン画像untikusai
» 熟成感 って? (2012年04月02日)
アイコン画像untikusai
» explore, expand, eplode とは? (2012年03月13日)
アイコン画像untikusai
» レトロ って? (2012年03月09日)
アイコン画像untikusai
» 探検 と 冒険 って? (2012年03月07日)
アイコン画像いそちん
» 記憶が、って? (2012年02月12日)