<アイスホッケー>連盟全役員が辞任届 「一本化へ再

November 13 [Thu], 2014, 16:08



 日本アイスホッケー連盟の金子精司会長は12日、自身を含む全役員17人(理事15人、監事2人)が連盟に辞任届を提出済みであると明らかにした。連盟では昨年9月の役員改選を発端とした内部紛争が続いており、金子会長は「一本化に向けて、皆で再出発することになった」と説明した,ブライトリング時計スーパーコピー



 強化方針の違いなどを背景にした対立は、昨年9月の役員改選で激化した。当時会長の奥住恒二氏が推す候補が落選し、反執行部派が推す坂井寿如・現専務理事らが当選。選考過程の手続きの可否を巡って紛糾し、同11月に内閣府から速やかな体制移行を勧告された,ブライトリング時計スーパーコピー。同12月に反執行部派が多数を占める新体制が発足し、金子会長が就任した。



 ただ新体制に反発する一部評議員が改選の有効性を巡り、連盟を相手取った2件の訴訟が東京地裁で係争中である他、今年9月の評議員会では、議案決議が滞るなど運営に支障が出ていた。旧体制派が「全員辞任」を求める強硬姿勢を崩さない中、10月の理事会では来年9月の任期(2年)満了を待たずに、全員で辞任届を出し、出直すことにした。



 役員定数割れの際の定款上の規定で、17人は改選時まで職務を継続する,ブライトリング時計スーパーコピー。改選によって対立が解消するかは見通しが立たないが、金子会長は「来年の早いうちには改選し、混乱状況を早期解決したい」とした。【藤野智成】



  • URL:https://yaplog.jp/bhbuygyug/archive/215
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。