転職する理由は書類選考また面接において

May 16 [Wed], 2018, 16:26
転職する理由は、書類選考、また、面接において大変重要なことです。相手が納得するような理由がないと評価が落ちます。ですが、転職したい理由を聞かれても答え方がわからない人もきっと多いはずです。多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由で悩むこととなります。転職活動は辞職前から行い、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。退職してからの方が時間に余裕が持てますし、すぐ働けますが、すぐに転職先が決まらない事例もあります。職の無い期間が半年以上を過ぎると、さらに就職先が決まりづらくなりますから、後先を考慮せずに今の仕事を退職しないようにしましょう。慌てて転職活動をすると、目先のことにとらわれて、年収が低くても働ければいいかと仕事を選んでしまうこともあるでしょう。その結果、転職前よりも収入が悪くなることもよくあります。だったら、なんのために職を変えたのかわかりませんね。給料にも満足できるような職に就きたいなら、ゆっくり時間をかけて、仕事を探す必要があります。年収増加の目標のために転職されようとされている方も多くおられることでしょう。確かに仕事を変わることで年収アップが見込める可能性はあります。ですが、逆に年収ダウンのリスクもあるということを考えておく必要があります。年収アップを勝ち取るためには、どれだけ年収の高い仕事をゆっくり探すことが可能であるかが重要なポイントとなります。どんな転職の理由がよいかというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を考えてみてください。正直に話すわけではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。そして、それをネガティブな印象を与えないように表現の仕方を変えてみてください。転職することに至った経緯が長くなると言い訳のように聞こえてしまうので、手短に説明しましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/betrerentsutit/index1_0.rdf