2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よく寝てしまった。

/ 2008年05月19日(月)


それはそれはよく。
夢はまだ学園ものだったりします。
まだ学生気分だってことでしょうか。
それも甘酸っぱい学園ラブストーリーとかで、
そういう青春がしたかった的な願望のあらわれでしょうか。
おはずかしいねー。
学校は女子高だったのですが、
それはそれは快適空間でした。
中学は共学でしたが、
ひきこもってたので記憶があんまりないです。
大学を出てから入った台湾の学校は共学でしたが、
意思の疎通すら困難でした。にゃははは。
一番エンジョイできたのは女子高かもしれないけれど、
台湾が二番目かな。だって友達が出来たんだもの。
あのモラトリアム期間は癖になりそうで。。。

今日は頭がとにかく重いんだぜ。


Posted at 20:23/ この記事のURL

たぶん格好が中学生+顔にやる気が感じられない=無理やりな清純派というフォローだったのだと思います。優しいネ!

/ 2008年05月19日(月)


昨日編集さんと資料の受け渡しで待ち合わせしててね、
編集さんから

「一回のオサレな雑貨屋さんで待ち合わせしましょ」

ってメールがきて、
そのあと

「あ、時間は紫外線が弱まる夕方で」

って追加がきて、
あーこの人は私より絶対いろいろ綺麗だよな、
男性なのになーと思いつつほいほい出かけていったの。

ちょっと早めについちゃったからオサレな店内をぐるっと見て
値段にぎょえーっと驚いて、
やっぱりこういうオサレな店に来る人はなんとなく格式が高そう、というか
地球に優しそうなナチュラル志向な店なのか
やたらとエコバックを持った品の良い方々が多く、
ほぼ寝起きみたいな顔して中学生みたいな格好の自分(顔は老け顔なので服だけ中学生というのはやや不気味である)はびっくりするほど不釣合いであり、
綺麗に掃除されたフローリングにたまるほこりのような気分になり
編集さんもまだかかるかもだし、
いたたまれなくなって
「ちょっとお手洗いに……」
と用もなくトイレに逃げ込もうとくだりエスカレーターに乗り込んだところ、
あれ?横ののぼりエスカレーターに……編集さんだ!
オサレ屋さんにいてもきっとうまいことなじむであろう綺麗なかっこの編集さんが
エスカレーターでのぼってくる〜
わたし下っちゃってる〜
あわわわ〜気づいて〜〜
と手足をバタつかせて見るも、
編集さんは私をチラリと一瞥し無言でエスカレーターを上りオサレ雑貨屋に入っていってしまった。
私は急いで下まで下り、そして再びのぼり、
えっせほいせとオサレ屋の中に入った。
すると編集さんはものすごい足の速さで店内をくまなく見て周り、
店の外まで出て行った。
なにしてんの?
まさか私のこと探してるの?
私ならさっきからずっとあなたの後ろで声をかけそびれているんですけど!
あーんどうしよーう!

「あ、あの、あのあのあのあの」

と小田原ドラゴン先生の絵面のように声をかけますと、

「わ!」

と純粋に驚いた顔の編集さん。

「わ!って! さっきエスカレーターで一瞥されたじゃないですか!」

「あ、あれ小明さん?いや〜似てる人だなって……」

「本人ですよ!本人でしょ普通に考えて!」

「いや〜こんなに似てる人もいるもんだなって……なんで分かんなかったんだろうなぁ。あれ?なんか今日清純派っぽくないですか?だからですよきっと!」

私、いつもはアバズレ派的な感じなんでしょうか……。
とりあえず、画面や写真に写らなくても身なりはちゃんとしておいた方が良いという教訓をいただいたので良かったとします。
ああ良かった探し……。

あ、写真は本文と全く関係ないね!
ピーチカルピスのタピオカなんだけど、店舗によって
あったりなかったりするみたい〜
美味しかったよ〜!


Posted at 18:02/ この記事のURL
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:小明(あかり)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年1月14日
読者になる

○著書『アイドル墜落日記』洋泉社から発売中

○ツイッターこちら→ http://twitter.com/akarusan

○お仕事の依頼は 【 info.akarinohiwa@gmail.com 】まで。
※応援のお言葉はBBS、または各連載誌に送っていただけると連載が終わらなくて助かります。えへ。
月別アアカイブ
買い物