児童虐待・高齢者虐待・障がい者虐待に関する提言(中間報告)
2018.06.04 [Mon] 17:24

平成30年6月4日(月)

党政務調査委員会の「虐待等に関する特命委員会」にて、馳委員長と共に林文部科学大臣へ【児童虐待・高齢者虐待・障がい者虐待に関する提言(中間報告)】を行って来ました。



虐待等の防止に向けた取組については、これまで、議員立法において、平成12年に「児童虐待の防止等に関する法律」、平成17年に「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」、平成23年に「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援」が成立し、それぞれ虐待の防止に向けた取組を進めて参りました。

また、本委員会としても厚生労働省、内閣府、警察庁、法務省、文部科学省などの関係府省庁からこれまでの取組について聴取し、虐待の防止等に関する対策の進捗状況を把握するとともに、現場での取組や課題を把握するため、市町村、児童相談所、施設関係者、有識者など第一線でご尽力されている方々に対するヒアリングを実施するなど、本年は5回の勉強会を重ねて来ました。

今回の中間報告は、虐待が防止され、虐待の連鎖を防ぐため、実際に現場で対応する自治体や学校、警察などの関係機関がより効果的・効率的に対応、連携できるよう、現場での取組をしっかり支え、支援するという観点からまとめたもので、今後も鋭意議論して参ります。






 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
 クッキーに保存