「いま、会いに行きます」

2005年10月30日(日) 23時43分
今日は昼までとりあえず爆睡してました。
そして昼から何をしたかというと・・・
次の日のMR模擬試験に向けての勉強!
んなわけありません。
今日は表題の通り「いま、会いに行きます」を観ました。
もともと僕は恋愛映画は基本的に興味が無いので、それがブームだったときには見向きもしてなかったんですが。
いや〜、最高!
軽くネタばれになりますので、続きは見てない人は見ないほうが良いかも。

「いま、会いに行きます」をみてからはもう感動というか、なんというかで半分魂の抜け殻でした(笑)。
意外と自分単純なんです。
それにしても、涙を流すのって最大のストレス解消といいますけど、
ほんとに泣いた後って、スッキリするんですよね。
「涙の数だけ強くなれるよ♪」っていう歌がありましたけど、ホントにそうなのかもしれませんね。

突然ですが、あまり表題には関係ないのですが、何かに全力で頑張り、そして涙し、人間は一歩一歩成長し、深みのある人間になれるのかもしれません。
最近、自分は感情の変化が薄いかなぁ・・・というか何かに対する執着が薄いような気がします。
やってること、周りに全部霧がかかっていて、はっきりしてないような感じがするんですよね。
妙に、すべてのことが自分のことではなく他人事のような・・・。
実際何かをやろうとすると、暑苦しくなることはあまり好きではないんですが、嫌いなわけではなく、
そういうことを普通にやれる、思える人を反面羨ましくも思っています。
たぶん自分は一生懸命やってだめだったとき、一生懸命やって他人に笑われて、自分が傷つくのが嫌なんだろうなぁ。

オシャレは頭の先から足の先まで

2005年10月29日(土) 23時36分
どーもー!休日元気なばっしぃです(笑)!
今日は頭の先から足の先までオシャレになろう計画を実行します!
頭といえば散髪!いつものごとくちょうサッパリ!
今回は営業所の先輩が代々懇意に使っている美容院を紹介され、そこに前日に予約を入れられました。
美容院の名前はsister golden hair
うーん・・・すごい名前・・・。
そして代々うちの社員の髪を切ってくれるカリスマ美容師の名前は・・・内田さんです。
意外と普通・・・。
予約を昼の1時にしていたんですが・・・当日の朝の4時ぐらいまで飲んでいまして、
たまたま電話で起こされたのが12時半でした。
しかも、先輩が予約してくれたのはいいのですが、場所を教えてくれていなかったので・・・。
寝起き&二日酔いであと30分後に予約している店に場所を電話で聞くという・・・。
ごめんなさい!内田さん!

ダッシュで準備し、ふらふらしながら静岡の通りを走り、まぁ時間には間に合ったんですけどね。
いつも思うんですが、美容院のシャンプーって気持ち良いですよね
自分で頭洗うときにはどうがんばっても得られないあの快感
あとひとつ欲を言えば・・・
洗ってくれた人が女の子だったら最高だったんだけどなぁ。

直行直帰・・・?

2005年10月26日(水) 21時35分
ひさしぶりにMRの醍醐味である直帰をしました。
ええ、ひさしぶりにです。
直帰”が久しぶりどころか、
“直行”なんて言葉はとっくに忘れてしまいました。
も〜、ほんとに今日は営業所に戻る気がまったく起こらなかった!
ええ、全くです!
しかも、もどらずに何したかといえば・・・
帰る途中寄り道して、一駅となりのバッティングセンターに行ってきました!
1回21球×4回=1200円!
時速75kmの軟式だったのに・・・全然あたりませんでした。
でも、当たるとスッキリ!!
ちょっとクセになりそうです。

でも、仕事はしっかり時間一杯しましたから、あしからず。

映画な休日

2005年10月23日(日) 22時50分
今日はイタリアを舞台にした二大傑作(?)「ローマの休日」と「冷静と情熱のあいだに」をみました。
名作といわれているローマの休日を今日始めてみたわけですが・・・。
DVDでみたので映画は白黒なのに画質は超綺麗というミョーなギャップに最初苦しみましたが・・・。
基本的にラブストーリーは苦手なんですが、意外と最後までしっかりみちゃいました。
タイタニックを最後まで見たこと無いぐらいのラブロマンス苦手なんですが・・・。

なんだかこう、切ないものですね。
だけど、最近の映画によくあるみたいに身分を越えた恋がそう易々と実らないところが、またいいのかも知れません。
50年以上も前の映画なのにいまでも多くの人に親しまれている、知られている名作っていうものは、
やはり時代を超えても味のあるすばらしいものですね。
クラシック音楽と同じなのかもしれないです。
また、オードリーヘップバーンがかわいく、また美人なとこも良いですけどね

故障?セキュリティ?

2005年10月18日(火) 23時40分
第3日目の更新がなかなかできないでいますが・・・。
久しぶりにまともな日記です。

仕事でドクターとの関係を作るためにあれこれとほんとにたくさんの手を打つわけです。
講演会ですとか、説明会ですとか・・・。
まぁ、それで帰りが夜遅くになるんですが・・・。
それにはもちろんお金がかかるわけでして・・・。
しかもそれがなんと大体の場合、終わってからの事後清算なわけです。
つまり、先に自費出費しなければならないんです。
それでお金を下ろす機会が結構多いんですが・・・。

それで営業所近くのろうきんの機械に普通にカード入れて、暗証番号入れてお金をおろしたわけですが・・・。
後ろに人待ってなかったし、お金取り出し口のふたが開いてお金を取り出せるようになってからすぐとらないで、カード閉まったりとかでのんびりしてたんですね。
そしたらなんと!
知ってました?お金を取り出していないのに取り出し口のふたがふたたび閉まるんです!
しかも、明細上ではしっかりとお金を下ろしたことにされてました!
たまたまの機械の不具合かもしれませんが、そんなことあるんですね〜。

もちろん、窓口に行っておろそうとしてたお金は渡してもらいましたよ。

能登のっとり!第3日目A

2005年10月10日(月) 16時31分
さぁさぁ、時間が無くなってまいりました!お次は内浦町「恋路海岸」!
ここは昔、助三郎という男と鍋乃という女が人目を忍んで逢瀬を重ねていた場所でした。
暗い夜にふたりでこの場所で会うには鍋乃が灯す灯が、唯一の助三郎の頼りの目標でした。
しかし、ある時鍋乃に思いを寄せるもう一人の男、源次が二人の仲をねたみ、灯を崖の上に移し助三郎を死に追いやってしまうのです!!
それを知った鍋乃は源次の求愛を拒み、海に身を投げ助三郎のあとを追ったのです。

こんな悲しい伝説がこの海岸にはあるそうですよ。
島には渡れそうな感じでしたが、鳥居の前あたりから不思議と風が強く、まるで警告しているようでした。
二人の思いが拒絶しているのでしょうか?

さぁ、このあとは脇目も振らず国道249を制限速度楽勝オーバーで飛ばします!
今回ここで、時間が無く能登島に行くか、能登牛を食べに行くかで悩んだのですが・・・。
食欲には勝てません!肉へgo-!
ということで、広尾(だったかな?)の食彩市場というかなり周りから浮いて場違いな場所にあるレストランの集まってるところに行きました。
そこで食べましたよ!特選能登牛コース1食6300円!
あの肉の柔らかさ、そして香り、程よい焼き加減、あふれ出る肉汁・・・!!
あ〜、今でも思い出すと腹減る!
それ以外にでてくる前菜もこれまた反則気味においしかった!
いや〜、半端ない、うまさでした!

能登のっとり!第3日目@

2005年10月10日(月) 11時16分
いよいよ能登最終章!第3日目。
近況報告ですが、10月19日現在。毎日11時以降の帰りで心と体は限界を迎えつつあります・・・。

さぁ、3日目は遅く8時に目を覚まし、再び朝からおいしい朝食をいただきます!
最終日だからって手は抜きません!なんせまだ能登半島を5分の3週しかしてないんですから。
あと少し行かないと!
ということで、早速出発し、宿のすぐ近くの海岸沿いにある「軍艦島」へ!
これは正面から撮っている写真なのでちょっと軍艦のようにはみえないですが・・・。
でも、この島、見るとわかるとおり海岸線よりはるかに高いんです。
なんでここだけ島が隆起しているのか?自然って不思議ですよね。
昔、空海が中国から仏教の三種の由緒正しい錫杖を持ち帰ってきたときに、中国側からの追っ手に追いつかれてしまって、
錫杖を天に放り投げる各地に散らばって行ったそうです。
散らばった錫杖を見つける際に、岸にたどり着くのにこの島を目印にした
ことから、「見附島」ともよばれ信仰の対象になっているそうです

能登のっとり!第2日目A

2005年10月09日(日) 23時26分
千里浜の後は能登半島をぐるっとまわっている国道249にのり、能登半島の景勝地を西側から時計回りにどんどん回っていきます。
まず、巌門。高く海にせり出した崖の海と陸にぽっかりと洞窟が開いており、海の側は小船で通れるほどの大きさです。
陸の側はなんと歩いて洞窟の中を通り抜けることができます。

次に機具岩能登に織物を広めた女神が山賊に襲われたとき、背負っていた織機を投げてそれが岩になったという伝説があります。
二つの岩の間にはしめ縄が張ってあり、二つの岩の間から見える夕日は絶景で、それをみた二人は幸せになれるかも!?

次にヤセの断崖。日本随一のミステリー作家、松本清張の初期作「ゼロの焦点」の舞台となったともいわれているところです。
自分は知らないんですが、相当有名な小説らしいです。
「下を覗き込むと身がやせる思いがする」ということからヤセの断崖と呼ばれているそうですが、たしかに高く、そして岩の上の風も強く、落とされそうな錯覚を覚えます。
悩み苦しんでいる人は行かないほうが良いかもしれません。

次に琴ヶ浜。以前、天橋立の紹介をしたときに鳴き砂海岸「琴引き浜」の紹介をしましたが、それと同じくここも泣き砂海岸と呼ばれております。
残念ながら前日に雨が降り、砂が湿っていたのであの時ほど泣かすことはできませんでしたが・・・。
代わりに、この海岸からちょっと早いけど夕焼けをパチリ!

能登のっとり!第二日目@

2005年10月09日(日) 21時59分
更新がほぼ一週間遅れですいつ挽回できるかな・・・?

おはようございまっす!第二日目でございます。
本日はその名のとおり、能登半島を征服してまいります!
朝10時に出発し、まず最初に金沢にあるこれまた有名スポット・妙立寺、別名「忍者寺」です。
名前だけでもわくわくするでしょ!?
この寺は時は江戸時代、加賀藩初代藩主、前田利家公が日蓮宗の布教のためだけでなく、他藩に攻められた際の本城の監視所兼防衛線としての目的もあり、建立されたものです。
ほかにもそのような目的でたくさんの寺が密集して建てられていますが、その中でも建築が特にすばらしいものです。
その当時、3階建て以上の建物は幕令によって禁止されいたのですが、この忍者寺はなんと外観は2階建て、しかし中は4階7層造り
そして部屋数23に階段数29!そんなにもの部屋・階段がどうやって入っているのか興味沸きませんか!?
内部は隠し階段あり、隠し部屋あり、落とし穴あり、と40分ぐらいのコースだけど全然飽きないし、、昔の人の知恵と戦という厳しさの勉強にもなり、とても楽しいです。
ただ、人気のため拝観には事前に予約が必要なので、ご注意を!

能登のっとり!第1日目A

2005年10月08日(土) 22時42分
兼六園を十分に堪能した後は、金沢城公園に行き、その後夕方6:30にホテルへ。

しかし!一日はそれだけでは終わりません!やっぱり異国の地にきたら酒でしょ!酒!
と、その前に金沢21世紀博物館に現代アートを感じにいきました。
「雲の長さを測る人の像」(?)とか天井を四角くくりぬいている「ダレルの部屋」(??)きもかわいいなど複雑な感情を想起させる「二つの顔」(???)など
いくつかみましたが、面白いといえば面白い。わからないといえばわからない。
自分にはあまりアートの才能はないのでしょうね。

そしていよいよお楽しみの酒!お酒飲むぞ、フォ〜!
車で込みこみの金沢市街にある居酒屋・金呑
せっかく金沢に来たんだから豪勢に海の幸を堪能してきましたよ〜。
とくに本マグロ大トロ寿司はおいしかった〜。
お酒は加賀の有名な日本酒、天狗舞の吟醸を飲みました。
ちょい辛口だけど、すっきり後味、そして香りが口の中にひろがる一品です。
さらにはしごしてもう一軒ではさらにお値段の張る日本酒、菊姫の大吟醸を堪能!
いや〜、最高です。
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
読者との交流
アイコン画像まつもと
» (無題) (2007年07月20日)
アイコン画像k5pon
» (無題) (2007年07月04日)
アイコン画像のば
» 今年に入ってからの昼飯 (2007年02月28日)
アイコン画像のば
» スカイライン始動 (2007年01月05日)
アイコン画像びゅ
» 有馬記念 (2006年12月29日)
アイコン画像さんま
» さよならカリーナ (2006年12月24日)
アイコン画像ぽんだよ
» (無題) (2006年12月20日)
アイコン画像ぽんだよ
» (無題) (2006年12月20日)
アイコン画像k5pon
» 鳥精 (2006年12月19日)
アイコン画像k5pon
» 空路 (2006年12月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bashitoxin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる