「ぬくとまる」とは、鳥羽・伊勢・志摩の方言で「暖まる」ことを意味します。 直訳すればそれまでですが、「ぬくとまる」には、必ず「人」の「心」や「手」が加わっていると私たちは考えます。 と、言うことで、この鳥羽を観光していただくみなさんに、ハードだけでなく鳥羽の人の「ぬくたみ」(あたたかみ)をも感じてもらえるような情報を発信して いければと考えます。 ちなみに「ばりふりっと」は造語で、バリアを軽やかに飛び越える様子を言葉に表してみました。 街を歩いているときに立ち止まり、ホッとぬくとまる空間に気付いてもらうための日記です。 これらの情報は鳥羽駅前に事務所を構えるNPO法人伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが発信しています。
«2014年02月 | Main | 2013年12月»
タラサ志摩イベント 「オリンピックメダリスト武田美保さんと楽しく泳ごう!」報告 / 2014年01月30日(木)
こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

先週の1月25日(土)に開催されたイベントのレポートです!

オリンピックメダリスト 武田美保さんと楽しく泳ごう!

タラサ志摩の温海水プールで行われました。

まず、午後1時からラウンジにて武田さんのトークコーナー。

そして、海の見えるレストランで、ステキなランチ!

午後2時から、プールで体験教室がありました。


今回のイベントには、
車いす利用者2名も参加!
武田さんが、「障がい者や高齢者、子供など、色々な人と泳ぎたい!」というご希望だったので、
その”障がい者”の参加者を、我々がコーディネート。

今回はタラサでも初の試みだったので、
プールで泳ぐ事に慣れている車いす利用者に参加していただきました。

12歳の障がい児とお母さんペアと、
ダイビングをライフワークとしている車いすの女性Tちゃんです。

Tちゃんは、当センターの専門員(ボランティアスタッフ)でもあり、
詳しい内容は、当センターのHPのバナーからも見れる
「水中散歩」をご覧下さい! ← 彼女のブログです!
http://blog.goo.ne.jp/suicyu-sanpo/d/20140125
http://blog.goo.ne.jp/suicyu-sanpo/d/20140127

タラサ志摩は、バリアフリールームな無いのですが、
館内に2箇所、車いすトイレがあります。

1階の車いすトイレ↓



客室は全室オーシャンビューで、
とてもステキ!





プールは、更衣室に行くまでに階段があり、

また、プールサイドに行くにも段差があるのですが、

今回、我々のために日ごろ使われていない特別な更衣室を貸していただきました。

こちらには、段差無く行く事ができます。

ただ、プールサイドに下りるのに、7段ほどの階段を下りなければいけないので、

ジンリキを使って降りてみました!
(我々スタッフも介助していたので、写真がないっ”!)

おしりすりすりで降りれる人は、自力で!

タラサのスタッフが車いすを下ろしてくれました。



感想はですねぇ。
もう、ホントにホントに楽しかったんですよぅ〜。

ワタシ、サポートのつもりで入水していたのですが、
ワタシが一番はしゃいでいたかも(笑)


そうそう、タラサのプールは海水なので浮力があり、
簡単に浮く事ができました!

泳ぐのも楽々なので、自分の水泳が上手くなったと勘違いしてしまいそうです。。


武田さんのトークも、
プールでの指導も、
タラサのランチも、
リッチな気分にさせてくれるロケーションも、
最高でした!

イベント後には、武田さんといっしょに記念写真。

気さくにお話いただき、素顔も心も美しい美保さんでした!

タラサ志摩さんからは、
定期的にイベントを開催したい!というお話もあったので、
期待しちゃいます!!

このたびはありがとうございました。
今後も、よろしくお願いします。




 
Posted at 10:18/ この記事のURL
鳥羽市内旅館のバリアフリーアドバイス / 2014年01月10日(金)
こんにちは
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターです。

今年度の鳥羽市によるバリアフリー観光啓発事業のひとつとして、
伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが主体となっている「ユニバーサル観光向上事業」として、
昨年末には、市内2箇所で観光事業所様を対象とした勉強会を開催いたしましたが、
市内の旅館から、バリアフリーアドバイスについての依頼が来ています!

設計士の資格を持つスタッフと、それらの旅館に出向き、
一通り館内を見学させていただき、
ポイントをまとめてバリアフリーアドバイスをさせていただいています。

今まで我々がバリアフリー調査をしていた旅館は、
館内に車いす対応トイレが1箇所以上あるか、またはバリアフリールームを有するところを対象としており、
それらの設備の無い民宿などには、なかなかお伺いする機会も無かったのですが、
今回、ご依頼を受けてうかがった所、
民宿といっても、予想以上の設備の充実差に驚き!

A民宿の大浴場
入口に段差はほとんど無く、


浴槽には手すりが!


B民宿の食事会場

テーブル席が用意されており、


館内には、何とエレベーターが!


それぞれ、全10室程度の民宿とは思えないぐらいの充実ぶりに、
正直、驚いています。

鳥羽の民宿って、グレードの高いところも多いのね!

それぞれ、完全なバリアフリーとはいきませんが、
少しの工夫で、足腰の弱い高齢者や杖歩行の障がい者などには、
充分対応できそうです。

大きな旅館とは違い、
店主自ら漁に出て、新鮮な魚を供してくれるのは、
鳥羽の民宿ならではの魅力!

また、民宿の方も、我々のアドバイスにより、
「集客について、今後の方向性が見えてきた!」
と、おっしゃっていただきました。

今後、工事を伴う改修が行われる場合は、
その現場にも立会い、具体的なアドバイスも行う予定です。

これからもどしどし良い旅館、民宿を発掘し、
少しでもバリアフリー化のお役に立てればと、スタッフ一同張り切っていますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします!


特定非営利活動法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター
〒517-0011 鳥羽市鳥羽1丁目2383−13 鳥羽一番街1F
TEL 0599-21-0550 FAX 0599-21-0585
URL http://www.barifuri.com E-MAIL iseshima@barifuri.com


 
Posted at 16:30/ この記事のURL
月別アーカイブ

 
GMO MadiaHoldings, Inc.