4年生の1月

February 24 [Wed], 2010, 10:46
1月9日に結果が届くが、卒論を提出してから開けようと決め、結局11日に結果を見る。
思いがけない合格通知に、意気揚々と母に報告する。二次試験では面接時間がどのくらいあるのか分からなかったが、卒論の内容、志望動機、自分の長所・短所、自己アピール、どのように働きたいか、学生生活の思い出等、質問されそうなものについて答えを準備する(やんわりとしたものでよい。何が言いたいかだけ明確にしておくことが重要)。

 1月21日の14時に会場に着くと、一人10分くらいだということが分かる。また当日は50名が試験を受けており、予想以上に一次試験のハードルが低かったことに驚く(一次試験には70名いた)。

でもそれで命拾いできたのだから、とてもラッキーだと感じた。質問されたのは、卒論の内容、児童サービスについて、どんな風に働きたいか、(講座を企画して実行したいと答えたら)具体的にどのような講座か、(ビジネス支援に関する講座だと答えたら)ビジネス支援を図書館が担う必要性について、健康状態についてなどであった。手応えはあったが、2月の上旬に発送される結果が手元に到着するまで祈って待つしかない。
  • URL:https://yaplog.jp/bangumi/archive/5
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bangumi
読者になる
最新コメント
P R
https://yaplog.jp/bangumi/index1_0.rdf