マクロビ教室の2年間

September 26 [Wed], 2018, 17:30

実はマクロビ料理教室に通っていた。
しかも2年も。


特にマクロビの資格が欲しかったわけではなくて、ちゃんとした先生に料理を習いたい!それだけ。


“ちゃんとした”
これがとっても重要で。


私の中でのちゃんとしたは、
胡散臭くなく、
ぽっと出でもなく、
押し付けもなく、
偏りもなく、
でも、理論と経験はちゃんとあって、
面白い人。




私は全くと言っていいほど、料理ができない。
そうは言っても…。てみんな言うけど。
20代の私の主食=雪の宿
雪の宿って完全食!
甘くて塩っぱくて、米からできてる、
つまり これ食ってれば、ごはんはいらない!
と言い張ってた。
明太子パスタを作らせれば、
水から麺を入れて、麺が束になる。
熱々のフライパンにそのまま明太子をのせてしまい、
明太子が全て弾け飛ぶ…
と何もまともに作れない。


なのに。
なのに。
母になった。
誰かのために作る必要もなく。
ひたすら雪の宿と外食で暮らして来た36年。
そろそろやべーと思ってはいた。
このままだったらまともな子どもは育たねぇ。


しかも、勉強だけはやたらしてるので、
アーユルヴェーダやら、
自然療法やら、
実践はしないのに無駄に知識はあるから、
洋食はいや!
玄米菜食で身体に良いやつ!!
浮かれたA◯Cクッキングとかありえねー!
添加物はダメで、無農薬野菜じゃないと無理!!
とかかいちばんめんどくさい女。


そんなめんどくさい私にぴったりの先生がいる!
とホリテックが教えてくれた。
ホリテックはアーユルヴェーダの講座で一緒になった信頼できる先輩。
そんなホリテックがやってる「自然食工房めぐみ」で、これからマクロビ料理教室が始まるらしい。
しかも、先生が”ちゃんとしてる”らしい。


「その人、肉食うな!とか言わない?」
「難しいことさせない?」
「怖くない?」


大丈夫!すんごい良い先生だから、オススメだよ。とホリテック。

そっか…ちょっと、あたし、あたし、人生初の料理教室行ってみよっかなーと。
もう一人、料理があんまり好きじゃない友達Mを誘って通ってみることにした。


“料理が得意な人”
が行く料理教室わかる。

でも、私が目指すのは
”料理があんまり好きじゃない人”
でも通える料理教室。


そんなステキな料理教室の始まりだった。






初級講座から始まったマクロビ教室。
先生は天野朋子さん。


とりあえず毎月1回。
2-3時間。
説明→作る→食べる。
やっぱ理論は楽しい。
説明聞くのもテンション上がる。
でも、作る…
あーめんどくせぇ。
みんなで包丁やら鍋やら囲んで作るの、
はーめんどくさい。
最初はとりあえず合わせて作ってた。
言われるがまま作る。


材料を雑に放り込む、
ガシガシ混ぜる!
「それはダメー!!」
なんと、材料を鍋に入れるところから注意。
味噌がスプーンにこびりついてたから、
お鍋にカンカンしてたら注意された。
料理とは…静かに丁寧に。
ほー、ほー、そういうところから教えてもらえるのね。すっごい。


火も弱火でじっくりと。
私の友人、こっそり強火「こっちの方が早くね?」
料理嫌いはめんどくさがり。
ちょいちょい注意される私と友人M…笑


でも、朋子先生は優しい。
料理嫌いのうちらを見放さない。
その優しい姿勢が好きで、
ほぼ試食目的の私と友人Mは毎月とりあえず通った。
調子に乗って、家で同じレシピを作ることもあった。
応用力がないので、
同じレシピを何回も何十回も作るの。
母から「あんたこの煮物しか作れんとね?」
そう!これしか作れない!!
朋子先生が教えてくれたレシピが私の全てのレシピ。
それが毎月少しずつ増えていく。
途中から家でも試さなくなる時期もあった。


でも、初回に習った、玄米&味噌汁は毎日作った。
2年間 毎日毎日作れた。
出汁が何種類かあって、それを変えるのと具を変えるくらい。
でも、雪の宿ガールからしたらだいぶ進歩。




約半年で初級が終わり、
中級に進んだ。
とりあえず進んだ。
試食が楽しいのと、
教室の仲間が楽しいのと、朋子先生が楽しかった。
特に料理に対する情熱が芽生えたわけではなかったけど、
みんなで料理して、食べて喋るのが私と友人Mの楽しみになってた。


中級は理論もちょっと難しくなるけど、楽しかった。
時々眠くなることもあったけど、やっぱり陰陽とか季節の身体の養生を知るのは楽しい。
実践するかは別として…。




そして、そのうち友人Mが出産して、マクロビ教室を離脱。
はて、一人でも行くのか…
悩んだけど、ここまできたら最後まで。
料理教室の仲間とも部活みたいになってきたし、せっかくなら。
そう、理由は、せっかくなら!
特に情熱はない。


上級に入ると
「食 息 動 想」の料理教室以外の授業も入ってきた。
東洋思想を学ぶ。
ここで出てきた面白いおっさん波多野毅。
前からちょっと面白いと思ってた。
いや、だいぶ面白いと思ってた。
ので、個人的に友人Mにはオススメしていた。
阿蘇で自然に暮らすいろいろをいろいろしてるおっさん波多野さん。
詳しくはググってもらって、
とりあえずこのおっさんの登場でさらにマクロビの背景が面白くなって、
熊本まで波多野さんの東洋思想講座に通うようになる。


上級は試験もあるし、
なんか料理も理論的に詳しくなるし。
いろいろ深い気もしたけど、
そこは朋子先生の楽しいクラス。
深い知識と実践により、どんな疑問も即座に解決!ていうか、朋子先生の答えがとっても気持ちよかった。
責めない。
でも、答えはある。
背景にある膨大なマクロビの実践と、
朋子先生自身の楽しい生き方が見える。
そこがいちばんの魅力だと思ってる。


マクロビの理論ガチガチの教室もあるんだろうけど、
人生ってそんな理論通りにいかないから、
豊かな愉快な生活の方が大事。


そんなこんなで気付けば2年!!
(一回お休みしたので、来年ひと講座だけ留年ですけど)


卒業のテストでは
「雑すぎてアメリカ人かと思った!」と朋子先生から安定のご注意をいただき。
2年経っても根本は改善ならず…。


でも、毎日のごはんの中に、玄米と味噌汁だけは確実に根付いた2年だった。
たまに、きんぴらも作るよ。
りんごゼリーも作るよ。
あらめとカボチャの煮物も作るよ。
そんくらいかな。


もう雪の宿は食べていない。
たまにアイスは食べる。
ステーキは他人のおごりでなら食べる。


毎日はちょっとだけマクロビオティック。


そんなステキな料理教室に通っておりました。


朋子先生、
ホリテック、
波多野さん、
面白い人達にはまだまだ付いていこうと思ってる。























  • URL:https://yaplog.jp/bambinoradio/archive/1053
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佐伯 美香
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1980年3月17日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・グルメ-グルメと音楽とおれ
読者になる
ドルギーベイツ、dISCOS、バンビーノ☆ラジオというバンドやってました。

仕事は、二級建築士、ヨガインストラクター、やってます。
夏はうんこTシャツやさん。
ヨガスタジオHug A Treeも。



2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/bambinoradio/index1_0.rdf
P R