青学大と鹿屋体大が女子決勝へ バレーボー

November 29 [Sat], 2014, 3:51
バレーボールの全日本大学選手権第4日は6日、東京・大田区総合体育館などで女子準決勝、男子4回戦、準々決勝があった. 女子は青学大と鹿屋体大が勝ち、青学大は5年ぶり5度目、鹿屋体大は3年ぶり2度目の優勝を目指す. 男子は前回大会優勝の筑波大が4回戦で、同準優勝の慶大が準々決勝で姿を消した. いまの日中関係を第1次世界大戦前の英独関係になぞらえた安倍首相の発言が、欧米で波紋を広げた. この騒動が意味するところは何だろうか. 首相はスイスでの内外メディアとの会合で、「大切なことは(日中で)偶発的な衝突が起こらないようにしていくこと. 今年は第1次世界大戦から100年目. イギリスもドイツも、経済的には依存度が高かった最大の貿易相手国だったが、戦争が起こった」などと語った. 首相は「発言には何の問題もなかった」と強調する. ただ、会合の出席者の驚きは、日中対立の当事者である首相が、武力衝突の可能性を完全に否定しなかった点にあるようだ. いまの東アジア情勢を当時の欧州と重ねる論調は、欧米にもある. だが、「訳知り顔の評論家でなく、日本の指導者が言えば衝撃は大きい」(英BBC)というわけだ. 侵略の定義は定まっていないといった発言から、首相は欧米メディアから「歴史修正主義者」と見られてきた. 各国の新聞紙上では、首相の靖国神社参拝を批判する中国と、中国の軍備増強こそ脅威だという日本の外交官の論争が続いている. そんな下地があるところに、首相はスイスで自ら参拝の正当性を主張し、中国をなじった. そこで「緊張緩和への行程表は? 」と問われ、「あるというわけではない」と首相が答えれば、記者たちが背筋の寒い思いをするのは無理もなかろう. 首相にとってこの騒ぎは心外なのだろう. しかし、欧米の反応ぶりは、日本人が考えている以上に深刻に、日中関係は「危ない」と見られていることの表れだといえる. このことは、首相自身も、そして私たちも謙虚に受け止めたほうがいい. これを機に頭を冷やし、今後の関係改善につなげるよう、理性的な努力を日中双方の当事者に求めたい. 首相は先の施政方針演説で、「我々が人類の自由のために一緒に何ができるかを問うてほしい」という故ケネディ米大統領の世界への呼びかけを引用し、「積極的平和主義のもとで役割を果たしたい」と述べた. そのケネディ大統領は、列強の誤算と誤解が第1次大戦を招いたとするバーバラ・タックマンの『八月の砲声』に感銘を受け、陸軍の全将校にも読むように指示し、世界中の米軍基地に送ったことで知られている. 歴史と謙虚に向き合う態度. これこそが、指導者が学ぶべき点ではないか. ヴァレンティノのスペシャルアイテム展深津亜希開ス
  • URL:https://yaplog.jp/bagerboelink/archive/60
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。