回想2

February 18 [Fri], 2005, 23:04
彼は追ってはこなかった。
それはそうだろう。追ってくるくらいなら、彼はあんなことを言わない。
多岐はそういう人だ。
すこし、笑いが漏れる。

自分がこんなに驚いていることが、おかしい。
こんなにショックを受けていることが滑稽で。

笑えた。

クスクスと、声が漏れる。梨紅は、それを隠そうとはしなかった。
流れる涙にも気づかないで、誰もいない自分の部屋で
壁に背を預けて、笑った。

馬鹿みたい。
馬鹿みたいだ。

ついさっきまで、多岐に呼び出されるま では、あんなに信じていた。
多岐は自分と一緒にここを出て行くんだ。
私たちは一緒にいきていく。

そう、思っていた。でも・・・もう、それは・・・。

「約束・・・したのに・・・」

それはもう、ただの幻になってしまった。


そのとき・・・不意に梨紅のドアがなった。
  • URL:https://yaplog.jp/backs/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:backs
読者になる
Yapme!一覧
読者になる