王子様には目覚めのキスを

2007年02月13日(火) 13時57分



うとうとと少しだけ眠そうに頬杖をついた、銀色の髪はさらさら揺れる




(めずらしい‥‥)




おれと一緒にいるときのごくでらくんはいつもテンションが高くて
―それはそれはもう迷惑なくらいだ‥‥!―
だからこんな表情を見ることは滅多にない
そもそも眠るっていうイメージがあんまりなくて
―例えば夜中に電話をかけたとしたって、寝ぼけたりなんてぜんぜんしてない声で話すから―
なんだか新鮮でかわいいとか思ってしまった





(‥‥でもなぁ)




だいきらいな数式は相変わらず藁半紙の上からおれを睨みつけて
教科書もシャーペンも消しゴムも、みんな味方になんてなってくれないから
このプリントを終わらせるためには
申し訳ない―と、同時にひどく勿体無い―けれど、ごくでらくんには目を覚ましてもらわなくちゃならないんだよ
だから、





Fin...




王子様には目覚めのキスを





ウェブ拍手 〜2/13

2007年02月13日(火) 11時24分
 

ごくやま



指先にたまった丸い赤を舐めてみた
―何となしにめくった雑誌のページで切ってしまったのだ―
予想通り赤は鉄の味がして




「まずい‥‥」




あたりまえだ
小さく笑ったら思った以上に乾いた笑いが零れて
赤が似合わないあいつに会いたくなった





(無理だよなぁ)




見遣った時計は深夜1時をまわっていて
健康優良児は既に寝てるに決まってる




指先でぐるぐると針を戻したぶん
時間も戻れば、どんなにいいかなぁなんて
非科学的なことを思ってしまうから夜は少しだけ苦手だ




Fin...


やまつな



ばしゃばしゃ音をたてて雨が落ちる
冬の雨はさむい
ヒーターが効きすぎた教室はあつい
むわってして、栗色の癖毛はいつも以上に言うことをきいてなんてくれないから
雨のことをあまりすきだとは思えなかった
予想しなかったことに、それも今日までだったりするんだけど



「ツナの髪ってふわふわなのな」



そう言っておれの髪を撫でた彼はきらり、笑うから
単純でばかなおれは
雨のことだって許してやろうかな、なんて
思ってしまったんだよ




Fin...

ごくつな





放課後の長い廊下に響く上靴の音はいつだって2種類だ
―きちんと上靴を履いているおれの足音と―
―かかとを踏んで履いている彼の足音―




窓の外のオレンジと遠くから聞こえる運動部の声と
ふたつの足音が
こんなにもこんなにもおれにとって大事なんだってことは
彼はぜったいに知らないんだ




(教えてあげる気もないんだけど)





いつだって
おれのことだけすきでいてほしいんだよ



Fin...


ひばやま




「まだ帰れねーの?」
「まだ」




書類から目を離さずに答えた
さらさらの髪は今日も綺麗だったりして
トリートメントとかしてんのかな、なんて考えたら笑えた
―だってそんな彼を、おれは1ミリだって想像できない―




「まだ?」
「‥‥」
「なぁ〜」
「うるさいな、かみころすよ」



不機嫌きわまりない、その一言が聞きたかったんだ
なんて言ったら、君はぜったいに呆れるね





Fin...


それが身勝手な感傷でしかなくても

2007年02月13日(火) 0時03分



ガキの頃、この坂道のいちばん上から見る街がすごくすきだった
遠くまで続くの家並みは、レゴのブロックとか積み木みたいで
夕陽がさしたりなんかしたものなら、それはもう世界一キレイなんだ!って信じて疑わなかった
それからずっと、坂道のいちばん上と玩具の街と夕陽はおれの宝物になった





「で?」
「だから、ここがおれの宝物」





どうだ!と言わんばかりに笑ってやったら、獄寺は何とも言えない顔をした
見下ろす景色は相変わらず玩具の街並みで、ただあの頃より少しくすんで見えたことが悲しかった
―やっぱり街は変わったし、おれも変わった―






意地になってペダルをこいだチョコレート色の自転車は陰を伸ばして佇んでいる
―二人乗りだから坂道のいちばん上にくるのはとてつもなく大変だったのだけれど―
隣で何も言わないままの獄寺の横顔は、なんだかガラスみたいだ





「どうかしたのか?」
「なにが」
「なんとなく、」
「おれは、こういうの、ねーなぁって思って」
「宝物?」
「ん、つーか愛着のある場所とか」
「イタリアにもねーの?」
「そもそも、そんなのんびりまったり育ってねんだよ」
「、そっか」





自分から聞いておいて気の利いた言葉が出てこないけどでもやっぱり聞きたくなる、なんて
手のひらに掻き集めた矛盾を持て余すから、この輝石みたいな目と話すのが本当は少しだけ苦手だ
―でも苦手だと思う以上に欲してしまう矛盾―





「‥‥帰るか」
「そうだな」






またチョコレート色の自転車に跨ってハンドルを握った
後ろに乗った獄寺の手のひらが肩に置かれたことを確認して
坂道を下る自転車は徐々にスピードを上げた





(あぁこれからこの場所が、こいつにとっても宝物になったらいいのに)






Fin...





ガラス細工の君を見ると
何故だか僕はひどく泣きそうになるよ









恋焼け

2007年02月05日(月) 16時01分




柔らかそうなほっぺたが赤い
―ぜったいに夕陽のせいだけじゃないんだって、確信―
そしてそれは実際に柔らかいんだってことをおれはもう知っていたりする
もういっかいだけ、そう言って指先でくちびるに触れたら
ツナのまつげがふるり、震えて、琥珀色の瞳を閉じた






夕陽の差すオレンジ色の放課後に教室ですきな子とふたりきりだなんて
そんな少女漫画、みたいな
笑えるくらいに絵に描いたカップルをおれはツナと、したいんだ
嫌がるかなぁって思ったけど
その赤いほっぺたはおれを、許してくれてるってことなんだろ





心臓がうるさいくらいに鳴って
細胞のひとつひとつがぎゅうってなった
くちびるを重ねた瞬間に少しだけ震えてしまったのは
幸せすぎて泣きそうだったからなんだよ
その震えに、ツナが気付かなければいいのにって思った
―いつだって君の前ではかっこいい男でいたいんだ!―





Fin...





現実を凌駕する言葉なんて君の前では存在しないよ




おおばかものよ、恋をせよ!

2007年02月03日(土) 1時19分



なんだかクラクラする
目の前は眩しくてキラキラして
―実際に太陽の方向へ向かって歩いてるから眩しいんだけど、そーゆうんじゃなくて―
どうしたんだろうおかしいな
だって見慣れた通学路なんだ、此処は
通り過ぎる民家の庭先であくびをした黒くて大きな犬も
変わるのが遅い信号も
葉っぱなんて一つだって付いていない寒がりな樹も
草臥れかけてる制服もかばんもマフラーも靴も
いつもと同じなのに
違う事と言えば、さっき隣を歩く銀色に“すきだ”と言われたことくらいで
―まぁ実はそれが何よりも重要なファクターだったり、するのだけれど―




(だってそこから導き出される答えはひとつだけだろう‥‥?)




「ごくでら」
「あ?」
「おれもやっぱ、お前のことすきかもしんねー」
「かもって、なんだよ」
「だって、なんかキラキラしてるし、クラクラすんのな」
「は?」





あはは、なんて笑って見せたら
ごくでらも釣られたみたいに、少しだけ笑った
―咥え煙草で呆れたみたいに笑った顔がとてつもなく格好良かったことは、とりあえず言わないでおこう―
この恋は盲目だなんて、思わないでほしいんだよ





Fin...




知ってしまった
世界はこんなにも眩いのだ!





人魚姫

2007年02月02日(金) 0時12分


金色に光る海がすきだと彼は言った
それだけで、おれは生きていけると思った




『選ばれなかった人魚姫』




どこまで見渡したって蒼い
世界は蒼で構成されているんだと小さい頃は信じて疑わなかった
誰かに聞かれたら、海の底はそんな世界だって、おれはたぶん答えると思う
その言葉がどれだけ相手に伝わるかなんて分からないけれど






場違いだ、まずそう思った
重そうな扉も遠い天井もキラキラした灯りもふわふわの絨毯も
何もかもが初めてだ
人魚姫が招かれたお城っていうのはもしかしたらこんなふうなのかもしれない、なんて言ったら
ただ広いだけだと、彼―獄寺はやと―は言った
とりあえずそれだけで十分すごいと、一般庶民であるおれは思う
生憎、見慣れないものに気圧されてしまうような可愛らしい神経は持ち合わせてないけど
そう言えば、初めてあったときのこいつはたしかに
纏う雰囲気からしてどこか違ってたなぁと改めて思った


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:baby1loveyou
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる