流産…私、妊娠できない体を治療します

7日後、彼女は泣きながら



「流産でした。赤ちゃんお空に行っちゃった・・・」
「私、妊娠出来ない体なのかな」





私はそう言われた時、愕然としました。



私が授かれたはずの赤ちゃんを失った気持ちになり
ショックを受けたのを、今でも鮮明に覚えています。





その相談者の女性はそれでも諦めずに、
その後ありとあらゆる治療を続けたのですが・・・




どうしても、赤ちゃんを授かる事ができなかったのです。




どうすれば…

生理が遅れるたび、妊娠の期待をしました。
でも、結局は生理が来てリセット。


彼女も私も、次第に心と体が疲れ果てていきました。





「どうしたら赤ちゃんを産めるの?
やっぱり私が妊娠するなんて、無理なのかな・・・」

→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/baby-mati/archive/30
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:金龍
読者になる
私は30年間不妊専門の治療院の院長をしながら、
不妊症の悩みを抱える多くの方たちに、日々接してきました。

もちろん今現在も、色々な方から不妊症・不育症の悩みを相談されます。

5年以上夫婦生活しているのに授からない人。
タイミング法を続けても顕微授精しても妊娠しない人。
子宮筋腫、黄体機能不全などの問題を抱える人。
妊娠するたびに、流産して涙する人。
二人目がどうしても授からない人。

私は、そんな数え切れないほど不妊症の悩みを解決し、
あっという間に妊娠、そして出産まで導いてきました。