ちっちゃい。

April 28 [Thu], 2005, 13:13
私は、背がちっちゃい。手も足もちっちゃい。

そんな私に出来ることって、やっぱりちっちゃいことで。

好きな人に対しても、そう。

よろこぶ顔が見たくて、ゴハン作ったり、洗濯したり、そうじしたり。
ちっちゃいことばかり。

目の前にあることからやってみるしか能がない、ちっちゃい私。

それでも、ちゃんと伝わってるといいなぁ・・・と思いながら、また洗濯を始める私。

ちっちゃい分、一生懸命になるしかない。そんな私。

失う。

April 23 [Sat], 2005, 13:25
今まで生きてきた22年間、いろんなことがありました。

幸も不幸も。健やかなるときも、病めるときも。

いろんなことがありました。

・・・つらいことのほうが、少しだけ多かったように思います。

それでも、走って走って走り続けて。

道すがら、たくさんの出会いと別れがあって。

自分の大切なものが、わかるようになりました。

そして、そういうものは何があってもなくならないと信じてきました。

私の心にあるものだから。

見ることも、ふれることも、言葉にすることも出来るけれど。

あえて、そうしたくないものだから。

何があってもなくならないと、信じてきました。

だけど。

今、なくなってしまいそうです。

失ってしまいそうです。

ホームにて。

April 16 [Sat], 2005, 15:10
就職活動中、ホームにて。

「今日は・・・面接に行って、それから学校かぁ。明日はESの〆切・・・」
電車を待ちながら、ちょっとため息が出たり。

そんな時。

向かいのホームに、自分と同じ、就活中の学生を見つけることがあります。

「あのコが見てる問題集、私もやってる。それ、いいよねぇ」
なんて思って、しばらく目で追ってしまう。

人生が決まるかもしれない、就職活動。
ライバルは無数。
自分を見つめなおす、就職活動。
時間は有限。

だから、みんな本気になる。

そのことを知っているから、私も本気だから、
みんなに 「がんばれ!」 「がんばろう!」って言いたくなる。

やがて、それぞれのホームに電車が入ってきて。
もうそのコに会うことはないだろうけれど。
見えなくなる姿に 「がんばろうね」 そう言わずにはいられない。

ホームにて。

大切。

April 13 [Wed], 2005, 0:35
いつもは、特別あつかいとか、なんかイヤだけど。
今日だけは、堂々と特別あつかいしたい(笑) そういう日です。

誕生日や記念日って、やっぱり大切だと思う。
・・・それを大切に思えることが大切っていうか、愛おしい。
すごく文学的に言うと「人の可能性を感じさせる」から。

昔は、大切なものが年々増えてるのか、減ってるのか、ちょっとわからなくて。
今は、数の変化はけっこうどうでもよくて。
積み重ねていったときのカタチに、一番こだわるべきなのかなぁと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

           みんなには いつもと同じ 水曜日

                   だからいいんだ ふたりだけのもの

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

リスタート。

April 12 [Tue], 2005, 10:20
「変わったね」
友だちに言われて、ドキッとしました。

・・・悪い意味かなぁ?

「良い意味で、ね」

・・・なぁんだ!

すごくうれしくなりました。

最近、色々とあって。自分を見つめること、まわりの人を見つめることが多く。
そのなかで、ちょっと変わったところもあったかも。

でも、そういう時に思うことって、いつも基本的なことだったりする。

今回だったら、つまるところは自分を知ることでした。
それは許容範囲という意味でも、力量という意味でもあり。
ひたすら心に問うてみることでした。
ただただ辛い瞬間もあったけれど、今が自分のがんばり時だって、信じられないくらいに信じて突っ走れた。

だからって、走ってる途中に気持ちよく風を感じられたわけじゃないけど。
ちゃんとゴールラインがあったわけじゃないけど。

ありきたりながら「まだまだ」で、それ以上に「これから」です。

だけど。
これからを見ていてほしい人がいて、これからも頑張りたい自分がいて。
そういうふうにピースが合うのは、すばらしいことだと思う、今の私です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

           どのくらい 走れるものか わからないから

                  どこまでも続く 道がほしい

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さくら。

April 07 [Thu], 2005, 0:10
「今年は遅めだってさ」
そう友だちから聞いていたので、今日びっくりしました。
咲きまくってんじゃん!!!

さくら、大好きです。
見ているだけで、なぜか泣きたくなります。

真っ白でもなく、ピンクでもなく。
「さくら色だね」
ついさっき、そう言ったのは、私の大切な人。
だから、すごく大切な言葉。すごく大切な思い出。

こんなふうに季節を感じながら、去る時間を思って。
そうして過ごしてきた大学生活も、あと1年。
出来ることなら、今年のさくらはもっとしあわせ気分で見たかったけれど・・・

でも、今夜のさくらは絶対に忘れない。
今の、この気持ちも。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

            咲くときを 忘れぬ花に みとれてる

                   そんな君に みとれたあたし

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

過去のこと。

April 05 [Tue], 2005, 0:45
過去のこと。
時にはふりかえってもいいこと。

前に、イイタクナル。というのを書きました。
今日、読み返してみました。

「・・・私、すごくしあわせそう」

相手がしあわせにしてくれるのは勿論、自分がしあわせ感じようとしてたんです。きっと。

それが、悲しいかな。
いつのまにか、しあわせを感じようとする以上に、不安を感じてしまうようになっていました。

今日、読み返して思いました。
しあわせを感じようとしないのは、もったいないことだって。
そして、怠慢だって。

時間がかかったけれど、気づけてよかった。

私にずっと、それを教えようとしてくれた、私の愛しい人へ。
「ありがとう」

カッコ。

April 04 [Mon], 2005, 23:45
大切な人を傷つけたことはありますか? 私はあります。
大切な人を裏切ったことはありますか? 私はそれもあります。
大切な人の信用を失ったことはありますか?
私は、今まさにその状態です。

嘘をつきました。
大切な人に「もう信用できない」と言われました。
自分のしたことの最悪さを思い知る悲しさ、寂しさ、辛さ。
そして、これまで大切な人に、こんな悲しさや、寂しさや、辛さを感じさせていたという後悔。全部、私ひとりで受け止めなければならないことです。

私が相手の立場だったら、こんな時どうして欲しい?
どうしたら、人は、信じられなくなった人をもう一度信じられる?

謝り続けて、話し続けて。同時に、私がその人にしたいと思うことをし続けてく。
今日か、明日か、来週か。それはわからないけれど。振り向いてくれるまで。
また信じてくれるまで。それしかありません。

どうして私は嘘をついたんだろう。
その時、嘘をつかなかったら「こいつは大丈夫だ」って思われてしまうような気がした。
会いたいなら、その人の所に行きたいなら、素直に言えばいいのに。
「今、会いたいんだ」  「そっちに行ってもいい?」 
それで断られてもいいのに。
「じゃあ、また今度ね」
そう正直に言うのが、当然なのに。

大切な人は言いました。「お前は保身ばっかりだ」
すごく痛かった。びっくりするくらいに痛くて、涙が出ました。図星だから、あんなに痛かったんだと思います。

カッコ悪くてもいいんですね。自分のことさらけ出して、一生懸命になって。
そういうふうにしなければ、また保身に走ってしまう。
そっちの方がずっとカッコ悪い。
ずっとずっと恥ずかしい。

カッコつけることも、計算も、テクニックも、今日全部捨てました。
返事がなくてもメールしたり。話しかけてくれたことがうれしくて、いつもより声が高くなっちゃったり。「ありがとう」って言ったり。

まだまだ信じてもらえないかもしれません。
だけど、時間がある限り、私がその人を好きで仕方がない限り、今日みたいに やってみます。

「人の言葉を待つな」 「保身ばっかり」 「信じられない」
言われた言葉が、私の心にこんなに突き刺さっているように、私の嘘も彼の心を突き刺した。それは事実です。

それでも、やってみます。やり続けてみます。
プロフィール
asuka
散歩・読書・カメラ・考えごと・歌が好きな、23歳。
「きれいなものもそうでないものも、言葉としてとどめたい」
そんな気持ちからブログを始めました。
2005年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:asuka19830116
読者になる
Yapme!一覧
読者になる