落ち込んだり、落ち込んだり、落ち込んだり。

2006年01月31日(火) 17時39分
長男と次男の性格は180度違う。
同じ親から生まれたとは思えない。
生まれ持った性格、というものはあるんだ、とつくづく思う反面、
私の育て方に問題があったのか、とも思い、心が苦しくなったりもする。

昨日、長男(5年生)が友達と約束したよ、明日。と
少し嬉しそうに言った。
あまり約束をしてこない長男。低学年まではちょくちょく約束してたのに
4年生あたりからあまりしなくなった。
元々愛想のない、無口な長男なので、話しかけられても上手く会話のキャッチボールが
出来てないのではないか、とか、冗談を言ってみたり、
相手を楽しませる会話なんてモノが出来ないんじゃないか、といつもいつもいつも、気にしていた。
いつか、お父さんやお母さんより友達が大切になってくる。
そういう時に友達と呼べる子がいない、なんてことはないだろうか、と心配で仕方ない。
でも、四六時中長男について回る事は不可能だし、そんな事をしようものなら
私の気が狂うであろう。 帰って来てから学校であった事や、誰と遊んだか、なんて事も
一時気になって仕方なく、根掘り葉掘り聞いたりもしたものだ。

ある時気づいた。
それって長男に負担になってるんじゃなかろうか。
「俺ってそんな頼りないの?もっと信用して放ったらかしといてよ」
…に似たような事も言っていたので、もうやめにした。
でも今日帰ってくるなり、ヘンな顔。
「どしたん?何かあった?(いたって普通を装い)」
「○○がなー、遊ぶって言うとったのに、何も用事ないのに無理ー、無理ーって言うねん」

子供って時に残酷だ。子供同士の会話って無邪気なのか、残酷なのか
キツイ事も平気で言ってたりする。
きっと相手の子も遊ぶ気がなくなっただとか、そういう他愛のない理由だったりするんだろう。
わかってても心が痛くなる。

このまま「コイツは俺の友達」って子ができなかったらどうしようか、なんて
してもしょうがない心配をいつまでしなきゃならないんだろうか。

小学5年の、もうすぐ私の背を追い越しそうな長男をひざに乗せて
頭をなでてやった。
お母さんは味方だからなー!って心の中で言いながら。

癒し

2006年01月29日(日) 19時58分


今日も我が家の贔屓にしている水族館へ。
もうええやろ、ってくらい通ってます。

今日は天気もよくてあったかかったので
いつも幸せ〜なオーラを出してる水族館が、さらにこう、全体的に
幸せ〜な、のんびりした空気が漂ってて、癒されました。

ほんと笑っちゃうくらい、特別な魚なんていないんです。
アメリカザリガニとかめだか、とか我が家にいる生き物だって
ちゃんと水槽を与えてもらえてるくらいですから!

私は水が苦手で、高校時代の水泳のテストで
かろうじて25メートル、奇跡的に泳げただけで、
かなづちに近いくらい、泳ごうとすると体に力が入ってしまって泳げません。
だけど、だからなのか、魚を見るのは好きで、
のんびり、ゆったり泳いでいるのを見るだけで、自分も泳いでる気分になります。

いつもバタバタしてる私。
こんな風にゆらゆら、余裕かましてみたいもんだ。

*************************************
水族館へ行く途中、かわいい雑貨屋さんを見つけて、夫に、
「な、なになになに? なんかお店あるで!!」
…夫は知っていたらしく、(勤務地の近くなので)
「うん、俺は前から知ってた」
(それは言うと私が行きたい、って言うから?だから黙ってたん?)
と心の中で思いつつ、黙ってたら「ハイハイ…」ってな感じで駐車してくれた。

そこでいい感じのキッチンカウンター発見。
いーなー引き戸。
最近引き戸の食器棚や収納モノが欲しくてたまらない。
久々に模様替え欲再燃。

長かったような、短かったような。

2006年01月28日(土) 23時25分
   

今晩は餃子でした…。
とりあえずタネを8等分して、皮80枚分。
だいたいいくらかは残るので、残ったら冷凍して、また
揚げ餃子としていただきます。

夜にPTAの集まりと次男の空手があったので、大急ぎで皮に包み、
子供達に食べさせ、次男は夫に送ってもらい、
私は大急ぎで集会所の鍵を自治会の会長さん宅へ貸していただきに
行ったのですが…。
7時に集会が始まるので、余裕を持って6時半に自治会長さん宅へ。
なのに、あるはずの鍵がないんです!
会長さんの奥さんが昼間使った方のお宅へ連絡したら、ちゃんと返した、と
言われたそうで、あちこち探しても見つからない。
会長さんに聞いたら、明日使う人にもう渡したとか…。
なんでやねん、ちゃんと予約して、名前も書いてあるのに、見逃された!
またまた自転車で移動して持って行ってしまった方のお宅へ鍵を貸してもらいに行って…
そうこうしてる間に時間は過ぎてゆき、ギリギリの時間に…。
6時半に出たのに…(涙。

集会所に大急ぎで行ったら、もうすでに数名の方が待っていて、
言い訳しつつ、謝りつつ、入り口を開け、
「次期小学校地区代表、地区役員選出の会」を始める。
代表として、簡単な挨拶と選出方法の説明などを
息を切らしながらしつつ、選出に入る。
元々免除の方ややむをえない理由で出来ない方は出席してもらわずに
役員対象の方だけに集まってもらっていたので、トラブルもなく
何とか決まった…すんなり決まったので一安心。

代表を見事?引き当てた人は私にひっきりなしに質問してくる。
その姿を見て「あー、私も去年全く同じだったなぁ」としみじみ思う。
もう1年経ったなんて。
やっと1年経ったんだ。
どちらにも感じる。
長かったような短かったような。
でも思い起こせば長かった気がする。
今までのほほんと学校行事や地区の旗当番をしてたけど、多くの人が
そうしてトラブルなく色々な事をこなすためには、裏で忙しく立ち働いている人が
(実際こんな大変だとは思っていなかった)必要なんだ、と
痛感しつつ、目の前の仕事を次々とこなしていくしかなく、余裕も何もなかった。

来月、代表だけの引継ぎ、3月には地区全体の引継ぎ、
4月には完全に地区のお仕事は次期の代表さんに引き継がれる。

あともうちょっとだー!!

一歩も出ず

2006年01月26日(木) 17時20分
今日は外に一歩も出なかった。
かろうじて服に着替え、家事はこなしたものの、
たまった疲れのせいか気分も上がらずダラダラとPCの前で
午前中過ごし、午後もコタツで死んだように寝てしまった。
意識して睡眠をとらないと、あとでひどいしっぺ返しをくらう。
睡眠不足は万病の元。

今週は体調がすぐれず、風邪も一歩進んで2歩下がる
(あ、こういうところで使う言葉じゃないか)
ってな具合で、少しずつ悪化してるような…。
鼻もズビズバだし…。口呼吸しないと呼吸困難になりそう。

*************************************

先日、屋根裏収納へ久しぶりに上がってみた。
ガラクタの巣窟…。
そこへは以前読んだ文庫本をもう一度読み返したい、と思って
探しに上がってみたのだけど、結局見つからなかった。
原田宗典とか大昔読んだ純文学、谷崎潤一郎だとか夏目漱石だとか。
むしょうに読みたくなってあっちこっち探してみたのに。
フリーマーケットに凝ってた時に売っちゃったのかな。
しかし、色んな物をここへ(自分の目につかないところへ)追いやってるけど
それはひどい状態で。ダンボールの中身をひとつひとつ開けてみたけど
どれも是非とも置いておかなければならないものではなかった。

よし、捨てるぞ。
屋根裏を整理するのは今が一番いい季節だ。
寒くなくて、暑くない。
春になるともう屋根裏ってちょっと暑かったりするのだ。
夏はサウナだし。
今しかないよ? 3月くらいまでにとっととやっちゃおう。
(3月までって…それは「とっとと」じゃないと思うが)

春の気配

2006年01月24日(火) 17時50分
前にも何度か、いや何度も、書いたことがあるんですが。
いや、家事でね、何が嫌いだとかなんだとか。

随分前に主婦に聞いてみました「あなたの好きな家事は何ですか?」
ってのをラジオか何かで聞いたことがある。
1位は「お買い物」だった。

ねぇねぇ、お買い物ってさ、晩御飯とかの食料を買う、お買い物??
アレが楽しいのかな?
別に嫌いじゃないけど好きでもない。
美味しいモノが安く手に入ったらちょっと嬉しいけど
すんごい気に入った洋服見つけたり、雑貨見つけたりしたときの感動とは
明らかに違う。それに予算もあるし。
だから私は別にお買い物が好きではない。
何かと聞かれたら、たぶん「お洗濯」と答えるでしょう。
汚れたモノをざぶざぶ洗って(洗濯機が)、それをパンパンたたいて
ベランダに出て干す。
気持ちいいです。
ピシッと干された洗濯物が風に吹かれてるのを
ぼんやり眺めるのが好きです。

今年の冬は寒くて、一刻も早く部屋に戻りたい!って感じで
大急ぎで干す日が続いてたけど、ここ2,3日違う。
寒いけど「春の匂い」がするんです!
そういうの、ありません?
春の匂いとか夏の気配とか冬の足音とか。
そういう動物的感覚、みたいな部分が働いて、春の匂いがしたとき、
「あ〜もうすぐ春なんだな〜」って嬉しくなる。
干してる時や取り入れる時にそういう感覚が働くのが
好きだから、洗濯が好きなのかもしれない。

もちろん、取り入れて、たたむのも大好き。

…でも何故か、タンスやなんかにしまうのが嫌いなんだな。
なんでやろ。そこんとこだけめんどくさい。

首が回らない

2006年01月23日(月) 15時07分

ただいまワタクシ、ロボットのような動きで生活しております。
肩こりがピークに達し、疲れ度が最高値に達していたのは確かなんですが。
とうとう発作が…(笑。
子供がまだ小さい頃、自転車の前と後ろに乗せて公園だー、買い物だーと
走りまわっていたり、次男をおんぶして、ぐずる長男を抱っこしたりしていた頃は
よくこの発作を起こしてました。
首筋に激痛が走り、次の瞬間首が回らなくなるんです。
激痛が走る時は息も出来ないんですよ、痛くて。
疲労と肩こりで背中と首の筋がおかしくなるんでしょうね。
接骨院に行って電気当ててもらったり(おばーちゃんのように)、マッサージして
もらったり、当時はしてました。でも子育ては待ってくれませんもんね。
今みたいなおしゃれな癒し系のマッサージしてくれるようなお店もありませんでした。
いや、あっても行けてなかったと思いますが。
それでも必死だったので、痛くても頑張ってました。
それに若かったし!

今、久々にその激痛に遭遇して思ったのですよ。
年だなぁ…って!
もうね、痛くて気力も萎えてしまいます。
昨日の朝、ソイツはやってきたのですが、朝から出かけないとだめだったのです。
次男の空手の寒稽古!!
須磨の海岸に朝早くに集合して、炊き出しのお手伝いです。
あー…地獄でした。
はよ帰らせてくれぇぇぇ〜と心で思いつつ、顔は笑顔でお手伝い。
結局、最後まで帰らせてくれ、と言う勇気もなく、お手伝いをやりきり、
家へ帰る車の中ではムチウチの患者のように微動だにせず、背もたれに
へばりついてました…。

お友達のお店への委託商品、もうちょっと頑張ろうと思ってたのですが、
しばらく無理そうなので、宅急便で送ります。
どうぞよろしく〜〜。

いつもこんな感じ。

2006年01月19日(木) 15時52分
灯油、今年はべらぼうに高いです。
つい去年までなら18リットルのポリタンク3つは買えるくらいの値段で
1つ分しか買えません。
うちはガスファンヒーターと大昔から使っている、いわゆるストーブ(上にやかんや
お鍋を置いてあっためたりできるやつ)を併用してますが
今年はガスファンヒーターの方が光熱費的にお安いかもしれませんね。

家にある灯油が底をついてしまい、買いに行かなければならなくなったのですよ。
そこで、ここいらでは一番割安であろう、と予想して、車で5~6分くらいのところにある
ホームセンターに向かいました。
なんと!!18リットルが¥1470もするじゃないですかっ!!
年末からまた値上がりしたんだ…。
ひょっとして、うちからもっと近い場所のお米屋さんの方が安かったか…。
ええい!めんどくさがらずに移動だ!
…18リットル¥1440…。あまり移動した意味がない。
しかももうここで買うしかない、と思ってお店に入ると
おじちゃん、呼び出し鈴鳴らしても出てきてくれません。
ああ、灯油ジプシーです。
しょ、しょうがない…。そこのガソリンスタンドで買おう。
車に乗ったまま、窓を開けて「灯油2缶お願いしま〜す」と言うだけ。
あとはお兄ちゃんやらが車のドアを開けて、灯油入れてまた車に戻してくれます。
きっと一番高いだろうなぁ〜、と思っていたら、18リットル¥1350。
一番安かったじゃん! しかも家から一番近いじゃん!!!
ガソリン使って、数百円の節約してもどうにもなりません。

他に節約しないといけないところがあるはず。
ええ、一人ね、浪費家がいるんですよ、我が家。
布買ったり、本やら雑誌やら買ったり、ライブ遠征したりする浪費家がね…。

量産

2006年01月18日(水) 21時07分


ケータイを入れて大きさが分かるようにしてみましたが、
後ろ側にはティッシュを入れられるようになっていて、
私のイメージとしては「サニタリーケース」。
お手洗いに行くのにかわいいケースに入れて行きたいなぁ、と
思って作ってみました。ナプキン2つくらい入るかな?

あと、お化粧品、あまり持ち歩かない人にもコスメケースとしても使えそうです。
私は一度化粧したらあまりお化粧直しをしないので、持ち歩くこともあまりないのですが
持ち歩くとしたら、このくらいの大きさのケースでじゅうぶん入る感じ。

厄払い

2006年01月15日(日) 23時16分


西宮にある門戸厄神さんへ厄払いへ行ってきました。
夫が前厄のため、いつもより念入りに…。
夫の実家は毎年ここへこの時期にお参りするのが恒例なので、
我が家も同じように恒例化しているのです。

私が厄年の時は「おんな坂」の階段の一段ずつにお賽銭箱が置いてあって
そのひとつずつにお賽銭を入れ、本堂以外にも手を合わせる場所がたくさん
あるので、そのひとつずつにもお賽銭を入れて、手を合わせて
すべてお参りしたのですが、私、にではなく、子供が怪我したり、
入院したり、てんやわんやの3年でした。

もちろん今回、夫は「おとこ坂」から階段を上がって来たわけです。

「困った時のみの神頼み」なんて、神様は受け付けてくれるのかどうか
わかりませんが、とにかく、夫の厄年の3年間、大事の無いように
家族揃ってたくさんたくさん手を合わせてきました。

うちは子供がずっとずっと病気がちだったので
今でも冬になると(もうすっかり健康児だけど)、何処かに出かけた時は
家に帰ってから、ではなくて、トイレだとかでお茶うがいさせたり、
ちょっと食欲がいつもより落ちてたりすると心配になったりします。

なので、「家族みんなが健康であること」の幸せを
健康になった今、噛み締めているわけですが(大げさ)。
それを忘れずにとにかく色々あっても健康であれば幸せなのだー。
と欲張らずにそれ1点のみ、神様にお願いしてきたしだいです。
(勝手な時だけ信心深い私のお願いをどうか聞き届けてくださいませ…)

大丈夫なのかな。

2006年01月14日(土) 18時41分


去年、広島の夏フェス(サウンドマリーナ)に行った時、宮島へ観光へ行った。
有名なしゃもじは買わなかったけど、
アイスクリーム用のこの木さじと背の高い人用に
持つ柄がものすごく長い「靴べら」を買った。

何となく「アイス用」と書いてあったのでアイスを食べるときにしか
使ってなかったんだけど、最近、バターナイフに使うと使いやすい事を発見。
我が家の次男は普通のステンレスのスプーンが大嫌いである。
歯に当たる感触がどうしても馴染めないらしく、物心付いた頃から
ずっと木のスプーンを使っている。

よくあるナチュラルキッチンだとかの100円の木さじってどうなんでしょう。
色々買って試してるけど、値段が値段だけに、口にするだけに、気になります。
例えば使ってるニス? 上塗りしてる薬品だとか。
見た目だけじゃないところに気をつけないとなぁ。