憧れのおうち。

2006年05月16日(火) 18時54分
今日は思わぬ休日となり、雨の中お買い物がてら散歩。
目的地が同じところでも、必ずと言っていいほど、毎回違う道を通る。

今日は気分的に回り道したくなって、全く通った事のない
通り(民家が建て込んでいるところなので、きっと私道)をクネクネと。

私は古い平屋のおうちに憧れている。
子供達が私たちの手を離れて独立したら、絶対の絶対に平屋に引っ越す!
と心に決めている(夫も道連れ)。 なので、そういう散歩中には
新しく建ちかけている家などには見向きもせず、古い方、古い方へと
引き寄せられる。 …今日、まさにコレ!というお家を発見。

元々は古びた外壁だったのだろうけど、かわいい黄色に吹き付けしなおして、
周りの鉄柵などは深いグリーンのペンキが塗られていた。
う…めちゃめちゃかわいい。 色のバランスが素敵。
古いまんまの汚れた感じの外壁が好きだと思ってたけど、こういう
きちんと手入れされてる感じも素敵だと思った。

庭の広さとか、玄関のドアとか、窓の大きさのバランスとか…
もう身悶えしそうなくらい好みだった。
お家の方、出ていらっしゃらないかしら…と周りをうろうろ。
ものすごい不審者っぽく見えたに違いないが、
そんな私を見咎める通行者もいなかったので存分に見学。

中が気になる…
間取りが気になる…。
また楽しい散歩コースが一つ増えた。