作り直し

2006年02月05日(日) 17時31分


ちょっとグラニーの変形。
うまくいったらお店の商品に、と思っていたけど、パターンの段階で
一度作ってみたほうがよさそうだ、と思ったので、自分用に余りまくっている
起毛コットンで作ってみる。サイドのマチは綿麻、ポケットと底部分は
同じ布。 内布は細かいブルーのギンガムで。

あえなく撃沈。
「一応作ってみる」には布が「くたくた」すぎるのだ。
芯をはろうかどうしようか迷ったけど、これじゃ、はってもあまり
変わり映えしないだろう。 それくらいのくたくた加減である。

あとで「なんでこんな布、買ったんだろ」と思う布って必ずある。
でも捨てるにすてられないし、いつか取っておいてよかったと思える日が
来るんじゃなかろうか、と思うとなかなか捨てられない。
布と本だけはどうしても捨てられない。

この布も何度も手に取って、形にしようと試みた布である。
いくつかは作ったと思うのだけど…たくさん買ったようで
「まだいるのかぃ、君は!」と収納に使っている食器棚を開けていつも思っていた。
この度日の目を見ることになったのだが…サンプルにしては選ぶ生地が悪かった。

だいたいの形としてはいいので、もうちょっと改良しようと思う。
あと、布選びは慎重にね…。

しかし、かわいそうなので、試用してみることにしよう。