汗かきを自分で治すには? 

2012年05月30日(水) 11時53分



人よりも汗かきで、暑くもないのに汗をかいてしまったり、食事の度にダラダラと汗をかいてしまって恥ずかしいという悩みを抱える方も少なくないでしょう。

汗かきがあまりにもひどい場合には、多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)だと診断されることもあります。

それに、何らかの疾患が要因で人よりも汗をかきやすいということもあるのです。

例えば、バセドウ病(バセドー病ともいい、英語圏ではグレーブス病と呼ねれているそうです)や甲状腺異常なんだったら、人よりもたくさん汗をかきやすくなるといわれています。

なので、まず最初に、病院で健康診断などを受けてみてくださいね。

その上で、汗かきが体質的なものであれば、改善するための努力をしていってください。

汗かきを自分で治すには、生活習慣を見直してみることが大切です。

食事の内容を汗をかきにくいものに変えて、適度に運動して、シャワーではなく湯船に浸かって、質の高い睡眠をとるように心掛けるというのがオススメです。

また、太っているようなら、ダイエットする事で汗かきが改善できることもあるようです。

ただし、痩せれば必ず汗かきを改善できるわけではなくて、個人差があるでしょう。

東洋医療では、汗かきなのは体に水分があまり過ぎているからだと考えるそうです。

だからと言って、水分の摂取を控えればいいという事ではないのです。

胃腸を丈夫にして、汗ではなく尿として体の外に排出できるようにする必要があるのです。

勿論、人によっては体質や症状、汗をかく原因も違ってきますので、一概にはいえません。

でも、生活習慣を改善して、自律神経の働きが正常になれば、徐々に異常なくらいの発汗は治まってくるはずです。











<PR>
大学受験で合格したい方!効率のいい勉強法はコチラ!
いびきをかかない方法!いびき改善したい方へ!

汗かきの原因には? 

2012年05月30日(水) 11時53分



他の方がすずしい顔をしている時に、自分だけ汗をダラダラ流してしまっていると、「もしかして自分は汗かきなのでは?

」なんて心配になってしまいますよね。

もちろん、なんらかの病気が原因で汗かきの方もいらっしゃいます。

多汗症(1996年から健康保険が適用されるようになり、治療費の自己負担が減りました)や甲状腺異常のバセドウ病等がそうですね。

もし、心配なようでしたら、内科で一度検査をしてみると良いかもしれません。

けれど、別に体調の異常を感じていないような場合には、以下の原因でも汗をかきやすくなるようです。


・肉類や脂が多いものを好んで摂取している。


・香辛料を多く含んでいる辛いものをよく食べる。


・頻繁にアルコールを摂取している。


・毛深い。


このような場合には、汗を分泌する腺である汗腺が刺激されて、汗をたくさん出す事へと繋がるはずです。

また、ストレスによっても多量の汗をかく事があります。

これは病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)とも深く関係があるのですが、不安や緊張といった大きなストレスを感じた時に、普通の人よりも多く汗が出てしまうといった事がよくあるのです。

汗をかく部位としては、脇の下や顔、頭部、手の平、足の裏が多いんです。

このような場合には、如何に生活習慣を改善しても汗かきの根本的な改善の為にはつながりませんので、専門の医師に相談してみましょう。

それに、不思議だと思われるかもしれませんが、実は冷え性の方で汗かきとおっしゃる方も結構多いのかもしれません。

これは、体の冷えが強くなると、本能的に体を温めようと急激に熱を発し、その結果、大量の汗を出してしまうからです。

このようなケースの場合には、冷えを改善すると汗かきも改善されるだと言えます。











<PR>
胸の谷間を作りたいアナタ!簡単なバストアップ方法を教えてます!
汗をかかない方法!多汗症を改善させるには?

食生活で汗かきは改善できる? 

2012年05月30日(水) 11時53分



汗かきで悩んでいると、何か発汗を抑えるような薬はないかと思ってしまったりしますよね。

また、極端な場合には、手術でどうにか汗をかかないように出来ないかと思う人も少なくありません。

でも、薬には副作用があることも多いですし、原因の改善を行いないとずっと服用し続けることにもなりかねないのです。

汗かきの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)には、遺伝や体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)的なこと、疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)など、色々なことが考えられます。

でも、食生活を見直すことで、汗かきな体質を改善できることもあります。

現代人、特に、若い人の食生活は、油物や外食、肉類が著しく増加していますね。

毎日の食事の中で、油物や肉類、または、乳製品が多いと、汗をかきやすくなるそうです。

それに、コーヒー(カプチーノやカフェラテ、カフェモカなどもおいしいですね)などに含まれているカフェインも、汗腺の働きを促進してしまうでしょう。

さらに、香辛料を多く摂ると汗をかきやすくなります。

汗かきを改善したいと思うのなら、まずは、普段の食事を和食中心にしてみてください。

肉類を全く食べてはいけないというわけではありませんが、脂身の部分をカットするなど、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)分を摂り過ぎないことが大切です。

そして、豆腐や納豆、豆乳、油あげなどと言った大豆製品を毎日の献立に取り入れて下さい。

大豆に含まれているイソフラボンには、発汗を抑える作用があると考えられているのです。

1日や二日、食事の内容を変えても、それほど効果は実感できないものです。

でも、一ヵ月、二ヶ月と継続していくうちに、体の調子の違いを少しずつ自覚できるはずです。

気長にやれる範囲で、コツコツと続けてください。











<PR>
旦那と別れたい方へ!上手な離婚方法を教えています!
足を細くしたい!噂の足痩せ方法はコチラ!