少女からの手紙

元日、実家に小学校四年生の女の子から私宛に手紙が届きました。

「十年後の私へ」

そう、その女の子とは今から十年前の私、下田麻美でした。
実は小学校のとき、教頭先生の提案で、十年後の自分に手紙を
書こうということになり、クラスのみんなが書いて、それを地元の郵便局に
預かってもらって十年後の自分に届くようになっていたんです。
私はこの手紙を書いたときから、ずっと今日この手紙を読むのを楽しみにしていました。
小学校のときの仲良しグループの女の子が、十年前の自分から
手紙が届いた!というメールをくれたときにはもう跳ねて喜びました!
実家に連絡すると、父が夕方私の住所に送ってくれたとのこと。
それが今日ついに届いたんです。

自分が何を手紙に書いたか、はっきり覚えていました。

「せいゆうになっていますか」

封筒をひらくと三枚の半紙に墨で汚いながらも丁寧な文章が…。


十年前の私へ…
はい、声優になっていますよ!でも、まだまだタマゴちゃんだけどね(;^_^A
十年前の私、ありがとう。

よしっ!!がんばるぞっ!!
Posted at 05:33 / この記事のURL

この記事のURL

https://yaplog.jp/asaponmax/archive/6

月別アーカイブ