塔の上のラプンツェルと張り込み

2011年07月28日(木) 11時25分

最近、家ではもっぱらドラマばっかり観ています。
なわけで、気分転換を兼ねて、DVD鑑賞。

初のブルーレイは、「塔の上のラプンツェル」
いやぁ〜もう素敵すぎ。かわいい。キュンキュンしまくり。
しかも、吹き替えが中川翔子さんだったことに驚き!!ぴったり。
映像の美しさにも驚愕。ブルーレイ、なめてたわぁ(笑)。
すごい。こりゃこれからの鑑賞がさらに楽しみですよ(嬉)。

で、もう一本。
邦画クラシックから野村芳太郎監督作品「張り込み」
え?渋すぎる??いやぁー面白かった。
こちらは普通にDVDだったんですが、あの質感。すごすぎる!!
しかも、汗だくになりながら向かいの家を張り込んでる姿に、
自分の部屋の猛暑がリンクして、居心地の悪ささえ感じる面白さ☆
ストーリーの実直さ、登場人物の勤勉さに、グッとくる作品です。
オススメいたします☆

しかし、この2本。なんつー振り幅のでかいセレクト(笑)。
「血と骨」観たあと「けいおん!」を観るみたいな(笑)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ハセガワからのご挨拶

ハセガワTwitter
くろいぬブログ
くろいぬパレードHPくろいぬmobile

facebook
かなり熱いことになってます。友達リクエストお待ちしております。
mixもあります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


映画「ガチバン MAXIMUM」鑑賞

2011年05月26日(木) 18時06分

ガチバンシリーズ最新作
イケタニマサオ脚本、高山和之・島崎裕気出演の
映画「ガチバン maximum」を鑑賞しました。

いやぁ〜面白かったです。元木隆史監督の独特の映像がカッコイイ!!
主演の窪田正孝さんが相変わらずすさまじくて、是非ともオススメです。

そして、劇団員であり、先輩の高山和之・島崎裕気が大活躍でした(笑)。
もうね、お腹いっぱいの熱演です(笑)。もうたまらんかったです。
絶賛レンタル中!!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ハセガワTwitter(フォロー大歓迎!!)
くろいぬブログ
くろいぬパレードHPくろいぬmobile

mixiやってます(初音ミクじゃなくてマイミクお待ちしております)。
facebookやってます(友達になってくださいby泣いた青鬼)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


洋画超大作映画にかなり残念な疎さ

2011年05月21日(土) 20時05分

おおっ!巨人勝った!!阿部がいると違うな。勝負はこっからだ!!

実は・・・ジャックスパロウ(作品名じゃないから!)、
一度もちゃんと見たことありません。

実は・・・メガネの魔法使いのあのお話とか
指輪をめぐる大ヒット作品も記憶が意外と怪しいです。

邦画・洋画、ジャンル問わずよく見てるんですけどね・・・ええ。

最近、邦画で面白かった作品は「サイタマノラッパー」と「ヌードの夜」デス。
洋画では「キックアス」面白かったデス。

「プリンセス・トヨトミ」「冷たい熱帯魚」「英国王のスピーチ」
が映画館で見たい作品。他にもたくさんありまーす。ワクワクしますね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ハセガワTwitter(フォロー大歓迎!!)
くろいぬブログ
くろいぬパレードHPくろいぬmobile

mixiやってます(初音ミクじゃなくてマイミクお待ちしております)。
facebookやってます(友達になってくださいby泣いた青鬼)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ちょんまげぷりん的な礼儀正しさとは

2011年03月19日(土) 17時43分

礼儀正しくみえる(笑)。

映画「ちょんまげぷりん」の主人公・安兵衛に怒られた後のようでもある。
「ちょんまげ〜」はものすごく素敵な作品。
もっと頑張って働こうという気分にさせてくれます。

江戸時代の旗本が現代にタイムスリップするという設定ですが、
設定の奇抜さが見事にマッチしてて、しかもすごいのが、
カルチャーショック的なことにはさして焦点を当てず、
「家族とは?」「働くとは?」といった内容に昇華していきます。
でてくるスイーツの美味しそうなことといったら・・・。

もちろん現代と江戸とは違いますが、
江戸時代も同じような悩みがあったのかぁ〜なんて、
(まぁそういう本だし、なんていったらそれまでですが)
この江戸からやってきた旗本に共感したりして不思議なカンジ。

設定の奇抜さにとらわれず、正々堂々と観てみてください。
超オススメです!!!


「告白」から「特攻野郎Aチーム」まで

2011年01月19日(水) 18時18分

今日もお疲れ様でした。
寒さが厳しくなく過ごしやすかった日中。
こっから本気だぜ。

映画「告白」をDVDで見ました。
本とはまた違う面白さと不気味さと怖さがありました。
見応えあったー。

今夜は一緒に借りてきた映画「特攻野郎Aチーム」です。
なんつー振り幅(笑)。



映画「オーケストラ」とドラマ「パンドラ」

2010年12月11日(土) 9時45分

今日も快晴!!実に気持ちがいい☆

基本、仕事や労働の無い日は大体、夜と朝、読書かDVDを見ている。
しかもガシガシとハマってしまう。映画、ドラマ、海外ドラマ、アニメなんでもござれ。

映画「オーケストラ」すごくよかったです。
内容は実にシンプルなんです。
ソビエト→ロシアへと変化する背景と重なって道を閉ざされた男の復活劇。
かつてのオーケストラの団員を説得して集める過程は、
ブルーズブラザース的な黄金パターンで、なんだかんだ面白い。
そして、終盤の演奏シーン。最高です。このための映画です。
ストーリーの積み重ねが実にシンプルで丁寧だから、
終盤がすごく効いてくるんです。年齢のいった団員たちの活き活きした姿!!
超オススメです。スカッとして元気出ます!!

ドラマ「パンドラ」も面白かった。見ごたえありまくり!!
すべてのガンに効く特効薬を作り出してしまった男の物語。
大学病院内での出世争いに利用しようとする上司、
さらにその利権を狙う政治家、製薬会社、関連する事件を追う刑事、新聞記者、
ガンで余命いくばくもなく薬の治験者になってしまう少女。
もう騙し騙されで、息つく暇がないです。面白い!!
全8話で終わってしまうのが実に惜しいと思えるくらいハマってました。
主演の博士役の三上博史さんと刑事役の柳葉敏郎さんが特に素晴らしかったです。
三上さんは野口英世にちょいちょい見えたし、
政治家役の小野武彦さんと秘書役の相島さんはよく見るコンビだし、
違った楽しみ方も出来ます(笑)。オススメであります☆

魅力的な面白い作品、多すぎです。もっと見たい。そして出演したい。
ワクワクは尽きません!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ハセガワTwitter(フォロー大歓迎!!)
くろいぬブログくろいぬパレードHPくろいぬmobile

mixiやってますというか本格復帰!!マイミク募集中☆
くろいぬパレードコミュに入ってます!!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


青春デンデケデケデケ

2010年10月04日(月) 2時16分

久々に映画「青春デンデケデケデケ」を観る。やっぱり面白い。名作。
「けいおん!!」からのバンド繋がり!?THE青春☆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●「姉の恋」公演情報詳細はこちら
チケット絶賛好評発売中&予約受付中。

チケット申し込み
PCからのチケット予約
携帯からのチケット予約
※お申込みの際には「長谷川扱いで」と一言明記ください。

直接申し込み
k6hase@gmail.comへ
お名前・日時・枚数をメールください。
※ハセガワ特典がございます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ハセガワTwitter(フォロー大歓迎!!)
くろいぬブログくろいぬパレードHPくろいぬmobile


行定勲監督作品に酔いしれる

2010年05月29日(土) 23時56分

パルコ調布キネマにて行定勲監督トークショーと「パレード」鑑賞。監督のご好意で上映前のトークショーのみならず上映後にも開催。作品の性質上、鑑賞後に話が聞けて楽しかったし、腑に落ちなかった部分がすっきり、合点がいくというべきか?原作の吉田修一著「パレード」を読んでいたので、どんな作品か知らず知らずのうちにハードルが上がるも、大満足。映像でしか出来ない表現がみっちり詰まっていて見応えあった。監督が是非観てほしいと上映前に言っていたラスト6カット。これがたまらんです。すべてを集約すべきカットなんだけど。実に見事!!!ホント、後味悪くてまったりしてて、嫌な肯定感に包まれてて面白かった。音楽もよかったし。


パルコ調布キネマにて、行定監督作品を上映していくそうです。大ヒットする大作映画も素晴らしいけど、手堅くきっちり作ってるガジェットの小さい作品、ヒットしないかもしれないけど、こういう作品がたくさんあることが映画の、邦画の魅力だと思う。行定監督自身の最高傑作は「ロックンロール・ミシン」だそうです。なるほど。「贅沢な骨」じゃないんだぁ。「GO」はもちろんだけど。

しかし、上映前と後のトークショーを含めると約3時間座っていたことに・・・。さすがに尻が痛かった。ホントに生きた時間だったな。声を掛けて頂いた関係者の方に感謝です。ありがとうございました!!!


イングロリアス・バスターズ

2010年05月22日(土) 1時11分

映画「イングロリアス・バスターズ」を観る。

タランティーノ作品というべき独特のパワー溢れる作品。
残忍なんだけど、笑えるのってタランティーノ作品の真骨頂だと思う。
なかなかないし。ただそこが好き嫌いの分かれ道でもあるんだけど。

ざっくりいきますと
米秘密部隊バスターズがドイツ軍を残忍な戦闘で
どんどん追い込んでいき、最終的にはヒトラー暗殺にまで及ぶ。
もう気持ち悪いくらいの勧善懲悪ぶりで、徹底的にいきます。
もう手抜きなしで超ド・ストレートで(笑)。

ドイツ兵の額にカギ十字をナイフで刻むなんて、
もうイっちゃってる(笑)。ラストシーンのカタルシスは
気持ち悪いとかを遙かに通り越して爽快だったし。

毎度のことながら、ダラダラと無駄会話が長くて多い(笑)。
一部無駄ではないけど、相変わらずなタランティーノ節。
ここも見所の一つ。
特典映像見たらもっと長いシーンだったりして恐るべし(笑)。

しかし、面白い作品目白押し。まいるなぁ〜(嬉)。時間が足りない。


easy come easy go

2010年05月20日(木) 23時58分

気分が天気同様ジメジメと停滞しがち。
忙しさに逃げたいけれど、そんなときほど、
妙によく見えてしまったり、
気になったりで困りもん(汗)。


まぁ、そんなときは映画ッス。
物理的に厳しいけど劇場で「第9地区」観たい。

「イングロリアス・バスターズ」
「96時間」
「扉をたたく人」
「人生に乾杯!」
「愛を読む人」
をDVDで観たい。