〜arqeeの技術コラム〜
Our diAry EntrY


discription

Birthday
6/Aug/1983

Handle
arqee

2004年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:arqee
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Telnet日記「Telnetでスクリプトを動かそう1」
  https://yaplog.jp/arqee/archive/5
Telnet日記「Telnetでスクリプトを動かそう1-3」

Telnet日記「Telnetでスクリプトを動かそう1-2」
update : 06 / 18 / 2004

 さて、前回までの内容は、実は知らなくても動くのがPCです。でも問題が発生しては、前知識があるのと無いのとでは対処が全然違います。分からなかった方は、何時か分かるようにしてください

 では、Telnetはコマンドラインで動作します。まず、「スタートメニューファイル名を指定して実行」を選択してください。入力欄に「WindowsNT/2000/XP/2003はcmd.exe(95/98はcommand.exe)と入力」してください。

 黒い画面が表示されればOKです。

 では実際にTelnetを起動しますtelnetと入力して、エンターキーを押してください
\>telnet

 以下のような画面が出ればOKです。
Microsoft Telnet クライアントへようこそ

エスケープ文字は 'CTRL+]' です

Microsoft Telnet>


 次に、やらなければならないことは、日本語表示のために、文字コードをセットすることです
Microsoft Telnet> set codeset Japanese EUC
エミュレーションの種類: VT100/漢字コードセット: Japanese EUC
Microsoft Telnet>
 赤色の文を入力してください。この部分は大文字小文字間違えず正確に入力しないといけませんよ。

 指定のIPアドレスへのアクセスは
open 172.16.*.*

 さてユーザー名とパスワードが聞かれるので入力してください。
Red Hat Linux release 9 (Shrike)
Kernel 2.4.20-8 on an i686
login: test
Password:
Last login: Fri Jun 18 17:59:36 from 172.17.*.*
[test@**** test]$

 さぁ、ログオンできましたね。ためしにdateコマンドで日本語が出るか確認してください。
[test@**** test]$ date
2004年 6月 18日 金曜日 18:16:11 JST

 もし初めにset codeset Japanese EUCという設定を行わなければ、以下に示すように、日本語が化けて表示されます。それに日本語の編集も行えないのです。
[test@**** test]$ date
2004ヌッ 6キ・18ニ・カ簣ヒニ・18:21:16 JST

 いやぁ〜とりあえず第一回の内容にしては難しいですね〜。まぁ、気長に行きましょう。

 では次回は、telnetの終了方法を説明します





Posted at 17:40 : Linux/Telnet日記 / this blog URL
comments(0) / up

track back
ping url
https://yaplog.jp/arqee/tb_ping/5

comment
name:

love cookie



blog+yapeus=yaplog