「年をとるのが愉しくなる本」森毅 著

2005年09月30日(金) 20時00分
こんなタイトルの本、青春まっただ中では読みませんよね。私とて読みたいわけではないけど、でも森さんの本なので・・・・と言い訳しながら読んだりして。

時代に流されるでもなく、時代に抗うでもなく、時代の波にすいすいと乗りながら生きていってる感のある森先生です。生きにくいときには、つい時代のせいにしがちですが、それを超越した生き方ってあるのですよね。要は自分をしっかり持っているってことですが。そして、「こうしたらいい!」という言い方ではなくて、「こういうやり方もあるのとちゃうの」的なはんなりとした物言いも、決めつけの嫌な私にはすんなりと受け入れられるのでした。

この本、別に年寄り向けに書いたものではなく、若い人にあてたところも多々あります。中でも同意同意だったのは、今の時代「自己実現やら自分探しが流行しすぎ。これは決定論的な考え方が支配してるから。でも人生は結果論。自分らしさという枠があるならば、それ自体もう自分らしくない」と。「生きがい発見、そんなことはしなくてよろし。だって、いま、生きてるやないの」とも。

若者が自分で自分を縛りすぎてるところ感じられます。何でもやってみたらいい、失敗したらまたやり直せばいい。そんなシンプルなことが、理屈づけられて遠ざけられるような気もします。自分に合うものを探していくことは大切ですが、何かやっているうちに思わぬ方向に転ぶというのも人生。人生なんてわからないものです。

また、森さんは若者に孤独との対峙を勧めています。戦後、"みんなと一緒に"的な集団連携的安心感になりすぎている。ほとんどの人は孤独は嫌でしょうが、逆に誰でも孤独を抱えて生きているもの。時には孤独が逃げ場になることだってありますね。若い頃にはどっぷりと孤独とつき合うことも必要かもしれません。年をとれば、やがて孤独は身を包むのかも。これはまだ実感としてはわからないことなのですけど・・・

森先生、今年は喜寿でしょうか。もうずいぶん前に、道でお見かけして、TVと一緒だぁと思いましたが、お声もかけずにすれ違ってしまいました。ちょっとお話しすればよかったと思いました。先生、お暇そうでしたから。いつまでもお元気で、先達の知恵をお話しください。

天使の重み

2005年09月29日(木) 0時03分
今日は小ろびんの誕生日です。実は明日は結婚記念日だったりするのですが、これはすっかり形骸化しています。すまん、相棒
正真正銘の高齢出産のため、下手をすれば「若いおばあちゃん」に見られるかもしれない。せめて、「年をとったママ」に見られなければ、と日々過ごしております。実際に孫のいる同級生はおらず、おばあちゃんに見られたことはないのですが。でも、通りすがりの人には心の中で思われているやもしれません。

子供がいる人生の方が素晴らしいとは思いません。いるから成長するとも思えません。それは人それぞれでしょう。正直、子供がいるという責任感は重く、自分の人生をある意味縛るところがあります。24時間母親やめられませんから。表現が悪いけど「手枷足枷」です。今まで私にこれだけの我が儘を言い、要求をつきつけた存在はいません。

でもでも、かわいいのです。某書で「今まで愛したどんな男よりも愛しい」とありましたが、うんうん頷きまくり。著者の場合は、男児だったので余計に比較対照として適切かもしれませんが。出産前には気づかなかったけど、母性本能全開状態に自分がなってることにオドロキもします。

とにかく彼女の健やかな成長を祈るばかり。未来が明るいものであってほしいと願います。今は「ママ〜、さびしいから抱っこしてねんねしてよ〜」という小ろびんに、「ウザイ、キエロ、くそばばぁ」とか言われる日が来るかもしれないのですが。。。そんな日は来て欲しくないけど、子離れだけはきれいにしなければ。できるかなぁ。。。子供布団にちっちゃな体を横たえていたあなたが、今や布団一杯になっている様子を母はうれしくも少々時の流れの速さが寂しくも感じられたりもします。

こんな人生を与えてくれた神様に感謝します。お父さん、お母さんもありがとう。弟家族も。天国のおじいさん、おばあさん。浅木先生におばちゃん、目をかけてかわいがっていただき有り難うございました。できれば小ろびんの顔見てもらいたかったです。私もすっかりぽんこつになっちゃいましたが、しばらく見守ってやってください。ついでにのんのちゃん、本当にあのときは(強調の”は”)お世話になりました。疲れることも多いけど、まだまだがんばります。がんばれそうです。小ろびん、ずっと仲良くしてね♪

カフェ・こころ

2005年09月28日(水) 20時16分
先日のこと、「バスに乗りた〜い」という小ろびんを連れて、バスの終点にあるデパートに行きました。ちなみに私はデパート好きです。今の若者達ってデパートには行かないそうですが、私は幼少期から大好きでした。日曜日になると、父にデパートに連れて行ってもらって、屋上遊園地で遊び、ホットケーキやソフトクリームを食べるなんてことが至福でした。

そのデパートには屋上遊園地はなく(今はあんまりどこもないのですよねぇ)、最上階フロアがゲーム・乗り物コーナーになっていました。目を輝かせた小ろびんは、「あれも乗ろう!これもやろう」の勢いで。教育上もあんまりよくはないのでしょうけど、「特別」ってことでいいことにしました。

数種のUFOキャッチャーに目をつけた小ろびんは、「あれ、ほしい〜」と。やったことないし、だいたい私はその手のものが苦手。できるわけないけど、もしかして運が向けば・・・と何回かトライしましたが、かすりもしない。「ママ〜」と情けなさそうに言う小ろびんに「むずかしいねぇ。機械が壊れててでないわ」と子供を騙して、次のコーナーへ。そこでも何点以上で、景品!というのをやりましたが、当然クリアできません。

こういうところで次々と商品ゲット出来れば、子供に尊敬されるのでしょうね。そういえば、昔ある人がUFOキャッチャーでかわいいイヌのぬいぐるみを取ってくれたときには、ちょっと感動しちゃいました(注:このある人というのは某船長さんのことではありません。再度注:こういう但し書きがなければ、某船長を指すかといわれれば、そうとは限りません。適宜ご判断ください。ややこしくてすみませぬ)。

新聞

2005年09月27日(火) 18時48分
私は新聞好きです。といっても、1日何時間も読むとか、新聞を集めているとか、新聞愛好家というわけではありません。それほどこだわりのある新聞があるわけでもなく、今までに3種類ぐらい変えてます。ジャイアンツ新聞だけは、あまり読もうとは思いませんが・・・

朝起きたら顔を洗うかのように、新聞を読んでいるのです。読まないと気持ち悪い状態に近いでしょうか。新聞休刊日はちょっと手持ちぶさたで困ります。少々の病気でももちろん読みます。「あったま痛い〜」と言いながら、目を通すことも・・・。

そんな私が3年ほど前、心身極めて不調なときに、新聞を読めなくなったときがありました。短期間でしたが、私的には【赤信号】状態です。「今は新聞も読めない状態」と言えば、極めて重大な事態と思ってくださって結構。そして、そういう方って結構いると思うのです。新聞も1指標として使えるでしょう。

逆に、基本的に新聞読まない人って意外といるのですね。ちょっと驚きましたが、読まないのが習慣ってこと、それはありですね。インターネットの時代、ニュースはネットでOKかもしれないけど、新聞の活字の大きさとか段組でニュースバリューを知るって便利だと思うのですが。これもまた個人的嗜好に過ぎないかもしれません。できれば小ろびんには新聞読む子になってほしいと思っています。

小ろびん曰く

2005年09月26日(月) 20時18分
小ろびん、何だかいろんなことをしゃべってくれます。
脳が発達する今日この頃。何を考えて申しているのでしょう。。。

*悪ふざけしすぎて怒った私に対して。
小ろびん「かなしかった」
ろびん「どうして?」
小ろびん「おかあさんがおこったから、かなしかった」
ろびん「どうして怒られたのかな?」
小ろびん「あたしが、わるいことしたから・・・」
ろびん「じゃあ、これからどうしたらいいかわかる?」
小ろびん「うん、せみのぬけがらとってくる」
ろびん「・・・・・」

*小ろびんお得意のせりふ
小ろびん「ママ、おこってるかおして」
ろびん:してみる
小ろびん「じゃあ、びっくりしてるかおして」
ろびん:してみる
小ろびん「あきれてるかおして」
ろびん:してみる
小ろびん「ははは、へんなかお〜」

*またまたいたずらした状況下で
ろびん「いい加減にしてよ!」
小ろびん「いいかげんにしないよ!」
ろびん「もう、そんな悪いことばっかりしてお母さんは泣きたいよ!」
小ろびん「ないて!なーいーてーよ!!!」
ろびん「・・・・・・」

*ある日のこと、突然
小ろびん「しんぱいしてるの?かくにんしてるの?」
ろびん「その違いわかる?」
小ろびん「おしえてあげなーい」

そんなこんなの対話を楽しんでおります。

ブログ強化週間

2005年09月25日(日) 23時55分
ご無沙汰しました〜。
振り返れば1ヶ月以上経過しています。
季節もしっかり秋になっています。

細々と夜なべ内職をしているのですが、それが忙しくて・・・
書けませんでした。
ああ、言い訳に過ぎない。
書くモチベーションが低いのですね、結局。

このままだと消えてしまいそうなので、ここで一発。
今週は「ブログ強化週間」と名付けてカキコすること
にします。

くだらん決意表明で今日は終わり・・・
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像汁ーんwwwwww
» 3通の年賀状 (2009年06月14日)
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» 3通の年賀状 (2009年05月12日)
アイコン画像ピュワァーっっっっちゅwwww
» 3通の年賀状 (2009年05月07日)
アイコン画像すかし
» 3通の年賀状 (2008年10月18日)
アイコン画像をとこ
» 3通の年賀状 (2008年10月04日)
アイコン画像汁大臣
» 3通の年賀状 (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» 3通の年賀状 (2008年09月27日)
アイコン画像ちちち
» 3通の年賀状 (2008年09月25日)
アイコン画像ちちち
» 3通の年賀状 (2008年09月23日)
アイコン画像ろびん
» 3通の年賀状 (2006年04月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:arirobin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる