「アムール川省畜肉、家禽屠殺管理条例》の関

May 22 [Tue], 2012, 22:45
省動物衛生監督関連の責任者によると、「アムール川省畜肉、家禽屠殺管理条例》の規定によって、畜肉、家禽定点食肉処理工場(場)を持つべきである病害畜肉、家禽や畜肉、家禽製品の無害化処理施設、死因不明の畜肉、家禽は工場の中で無害化処理しなければならない、許さないから工場のほか、しかも肉品質検査不合格品の畜肉、家禽処理記録保存期間2年を下回ってはならない。だから、今のところを見ると、「正大」経営管理において違反容疑の操作、管理部門はこれに対して立ち入り調査を取り出して、早急に「正大」改善処理決定アイオン RMT 。共有発表評論:私が歓迎15日午前、記者は再び訪れ正大肉の食品の加工工場、守衛保安記者は「死を知って知って鶏」については、ドアの外で記者に絡んし、関係者と疎通を行い、約20分後、保安は記者にして会社の指導(者)は会議をして、人がいない接待インタビューあなたの電話番号を殘して、あとの人があなたに連絡しますaion rmt 。」しかし今後数日以内に、ずっと「正大」の記者に連絡する人がないと、記者はダイヤル「正大」の行政オフィス電話も出ていない。22日午前、記者に省動物衛生監督が、市動物衛生監督が、呼兰区動物衛生監督所などの執行に「正大」の調査で鶏の進路について、でも「正大」管理層はを取り出したのは11月分4日剛と呼兰区福源飼料骨粉工場の契約契約書の約束、「正大」の殘り、死鶏は福源骨粉工場を買収し、無害化処理後に肉骨粉原料エルソード rmt 。そして、11月4日までに、死の殘鶏の行方は、「正大」の担当者は説明できない場合はテラ rmt アラド RMT 。マイナス1関連責任者を認め、食品工場ではない無害化処理設備。8日午前、記者には呼兰区のアムール川正大肉の食品の加工工場を買う商品の名義工場内に入るアラド戦記 RMT Atlantica RMT 。記者は構内に屠殺間で見て、十数平方メートルの部屋内のどこもかしこもも羽、鸡血、ミンチの鶏肉、まだたくさん積んで山死鶏そして血まみれの袋。記者とい仕事と屋内の労働者によると、「正大」を間違ってこれらの殘、死鶏を無害化処理、ただこれらを担当、鶏ミンチ殘死、そして一人の男子は趙定期的に取りに来てelsword RMT 。記者が現場写真を撮る時に、一人の責任者を阻止され、小屠殺間のドアを閉じる。その後、記者を招いて構内の行政事務室、1位の魏マネージャー記者来意を理解後表示管理担当を殘して、死鶏仕事をこなす王は休暇、具体的な状況を理解することを彼らも必要で、記者は来週。
  • URL:https://yaplog.jp/aradkk066/archive/31
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aradkk066/index1_0.rdf