★驚愕★東京・奥多摩地区がチェルノブイリ汚染地域基準越え!!文部科学省10月7日発表

October 07 [Fri], 2011, 18:18


先般、文部科学省発表による放射能汚染地域が、群馬・長野県の一部にまで

被害が広がっているというデータをあげたばかりなんだけど。


文部科学省は今回の3.11福島原発事故以降に

土壌に蓄積された放射性セシウムの汚染マップを県単位で公表しており

今回10月7日付けで初めて東京都、神奈川県が発表されてるんだ。


もともと3.11以降、都内では葛飾区柴又や江戸川区北小岩の一部で

3万〜6万ベクレルと、周囲より高い放射能汚染地域はあったものの


今回の発表によると、多摩地区は

チェルノブイリ原発事故が起きたさい汚染地域とされていた基準より

はるかに上回っており

奥多摩町などの多摩地区では10万〜30万ベクレル

また、隣接している神奈川県山北町など県西部の一部で

6万〜10万ベクレルが検出されているんですよ。


奥多摩といえば、東京の自然の宝庫と呼ばれており

いまだに瓦葺の家が存在していたり、緑と自然に囲まれ、水や空気も美味しく

これが本当に東京なのかと目を疑うような地域なんですよ。



一番上の汚染されている地域画像を見ると一目瞭然で、福島から、群馬〜

奥多摩〜神奈川県経由と徐々に広がっている放射能飛散状況を見ていると

皮肉なことに放射能は自然の宝庫である山間部を通過し続けており

それら地域にある農産物は今後ダメージが拡大していくのは明らかであり


さらにこれからのシーズン北風が強まるにつれ

西の方へと山間部を通過しながら放射能が広がって行くと考えられるので

もはや福島県だけの問題ではないですね。



ちなみに、現在は見ることが出来ない、ドイツ気象庁が3.11以降発表した

放射能飛散状況の、南風が吹いた状況と、北風が吹いた状況を順番であげるけど




現在の日本は、木枯らし一号が吹いていないので、まだ北風メインではないものの

これから冬に向けて北風が強まりを見せれば

下画像のように日々福島から九州へ向かい放射能が飛んでいくので

素人考えでも、文科省データは今後さらに恐ろしい方向へと

塗り替えられていくでしょうね。

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/




以下の画像とURLは在日ドイツ商工会議所が都内2箇所と横浜地区3箇所の

放射能状況を定点観測しているデータです。

一番上の表の見方は下〜9月〜10月7日現在、および下の表はそれ以前の月日データで




現在、本当は都内全域もかなり汚染されているのを政府は隠してるのではないか??

といううわさや憶測が流れているものの、現実的に3.11以降

千葉県経由で都内北東部エリアの江東区や江戸川区・葛飾区などが汚染されている

状況下、銀座のある中央区や高円寺などがある都内西部地域の杉並区の

放射能汚染データの数字は、ここ数ヶ月ほとんど変わっていないため

....今のところは、一部地域を除いた都内は大丈夫ではあるものの

今後は先ほどの画像でわかるとおり季節が冬になり

北風が強く吹くようになると、確実に都内の数値は上がっていくでしょうね。

http://www.japan.ahk.de/jp/news/erdbeben-und-atom-unfall/strahlenmesswerte/
  • URL:https://yaplog.jp/ar125/archive/3766
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
もう他人事じゃないですね(ToT)

一人一人が自覚を持って
October 07 [Fri], 2011, 18:25