空気から水と栄養を得て食事をしない人★画像☆彡

December 12 [Wed], 2018, 19:53







中国が月面調査する目的で打ち上げた「Changzhen-3b(探査機Chang'e-4)」は、月面の土壌に関する研究はもとより、月面で一番大きなクレーター・エイトケンの隣へ、10回にわたる様々な科学実験を行い、「ジャガイモを植える」との事です。
そして、宇宙の放射線を浴びたジャガイモが無事生育し、将来、月・火星へ移住する人々のための宇宙食になるのかを調べるそうです。

近い将来、中国野菜が月でも作られるという話です。

なんだかすごいんだか恐ろしいんだかわからないな


さて
空気から栄養素を吸収し、1週間に100キロカロリーのみで3か月間生活をしている男性が、自らの事を「Breatharian(ヒンドゥー教の断食・呼吸法などを意味している)
」と呼び「実年齢の半分に見えるようになった」「肝臓の持病が改善した」と、現在英国で話題になり、MailonLineが報じてます。


英・リバプール近郊のバーケンヘッドに住む カイホー38歳は、3か月間ミントキャンディ―だけを食べ、空気から栄養素を吸収し、週に100カロリーだけで生活をしている。

カイホ―は、現在、石焼ピザのデリバリースタッフとして働いている。
38歳のカイホ―は、ミントキャンディと空気だけで、働きながら3か月間を過ごし
自身の事を「breatharian」と呼び
見た目が、実年齢の半分に見えるようになった。
そして、持病の肝臓病も治った。
と語っている。

カイホ―は以下のように語っています。
リバプールに住んでいると「空腹感を感じないんだ」
特になにかを食べたいとか、食べ物に惹き付かれるようなことは無い。
むしろ、自分は「瞑想を通じて、大気中の空気から必要な栄養素を全て取り入れている」

4年前より始めたヒンドゥー教の瞑想に取り組むようになってから
今回、3か月間、一切の食べ物を食べることせずに生きられるようになった。

何故、ミントキャンディ―を食べるのかって?
それは、時として口の中が苦く感じる時になめるんだ。

長い事、ピザ配達員の仕事をしてきたが、一度たりとも「顧客に配達する美味しそうなピザを自分でも食べてみたいとかは考えたことが無い」

また、自分は「水もめったに飲まない」
そうだな、一週間の内、一度くらいは口にしている。

今のライフスタイルについて。
幼少期から食べ物には一度も興味を持たない子供だった。
母親は酷く心配をして、色々な食べ物を作ってくれたが食べなかった。
このような状態は大人になってからも続き、母親には心配するなと言い続けてきた。

そのような状態が長く続き、今から4年前ピークに達した。

当時は、3〜4日に一度食事を食べていた。
だが、今は何か月であっても食事を摂りたいとは思っていない。
唯一食べるものは「ミントキャンディだ」
これは口の苦みを取り除いて、素晴らしい気分にさせてくれる。
現在、自分が行っていることは一般的に健康的な事だとは思わない。
だが、十分に魂が認識している。

人々は、自分の行為に対して「狂っている」と言うが
逆に、それはとても信じられない事だ!
生活のために必要な栄養素は、太陽や空気から自然の恵みを全て吸収し
水分は空気中から吸収している。

ヒンドゥー教の教えでは、人の人生において、食べ物や水は必要ではなく、正常な健康状態を維持することが出来るとされている。

何も食べない日が3か月間続き、今の生活様式を尊守し続けた結果
「見た目年齢が実年齢の半分になった」
そして、断食により肝臓の状態も改善された。
それは、まるで自分の魂が、あらたな自分へと生まれ変わるために覚醒したわけだ。
今、私は、身体を自然に治癒させる方法を取得した。
人々は、このようなライフスタイルについて、他人のネガな声は無視してもっと知っておく必要があります。
医師が、成人男性は1日、2500キロカロリー摂らないといけないと言うが、それは嘘です。
専門家の知識が間違っていることを、今回新たに証明した。

知人・友人と会うときなど、食事の席では、事前に事情を話し理解してもらい
自分だけ食事は摂らない。
他の人が自由に食べたりしても、それを止めさせたりはしない。

だが、将来、人生における愛を見つけた際には、時としてロマンチックな食事を試す事になるだろう。

私の生き方は、まさに「奇跡」です。
そして、これを実証して、人々に伝えるつもりです。
MailonLine,他,



ロマンチックな食事は食べるって、随分むしのいい考え方ですね。

この手に覚醒した人は、頑なな人が多く、他人の言う事をまったく聞かないので
がんばってくださいとしか言いようは無いです

個人的に40のオッサンがツーブロックをしている時点で「すべてを信じることは出来ない」

立ち姿画像を見ると、...お腹がちょっとポッコリしてますよね。
カメコ視点で、表情をみるとわかるんだけど「写真を撮る際、男性が歯を食いしばった時は、ほぼ確実、かっこよく見せるため体の筋肉を硬直させ、お腹をへこませる時なんですよ」

同じアジア系として、カイホ―は100歩譲ったとして、実年齢の半分には見えないものの
健康的な風体をしており、とても3か月間にわたり食事を断っているとは思えないです。

しかも、文面最後のあたりからすると、おそらくバズってビジネスへ繋げたいという目論見がチラチラ見え隠れしてますね笑

この手の「ヒンドゥー、瞑想、ヨガ、断食」などは宇宙エネルギーを強くイメージさせるものが多く、国内でも怪しげなものはたくさんあります


通常、ミントキャンディを空腹時に食べると普通に食欲をそそり、逆にお腹が減るようになるじゃないですか。

...だが、それしか食べていない...

...まさかミントキャンディ―だけを1日10万個食べているというカラクリは無しにして欲しいところです


空気から栄養素と水分を補っている.....

確かに大気中には水分が含まれているが

凡人は普通に喉が渇いた時、空気を吸うと逆に喉が渇くんですけどね

しかもピザの配達業務という事になると、相当香ばしい匂いの中で仕事をしており
普通の人ならば、お腹がクークー鳴ってもおかしくない

やはり恐るべしヒンドゥー教の教えなのだろうか?

日本の仏教では、やはり断食を行ったまま即身仏となる坊さんの存在があり
インドの場合、断食はラマダンと呼ばれ、プチラマダンをする人は多いものの
中でも世俗全てを捨て去り、自身の生前葬式までをも行い修行を行うサドゥーという人々の場合
物凄いストイックな生活を送っている。とされている。が。

人間、数日程度ならば、何も食べず生き続けることは可能だとして
3か月間何も食べずに仕事もしている....

本当なのだろうか?





具体的な日常生活すべてを公開した動画のようなものが無い限り、信じられないですね。

あ!そういえば、先日都内で、よくあるアーユルヴェーダ系・ヨガ・エステサロンみたいな
女性層をターゲットにした美容専門店前に、制服姿のJK2名が立ち止まって入り口に派手派手しく展示されていた看板を見て「えー!バストアップっていいな!!わたしも凄くしたい〜」
と真顔で話し合っていたのですが。

確かに看板には健康的に痩せられて、凄くバストアップするようなイメージのワードがギラギラと挿入されていたんです。

これも、そこはかとなく....呼吸法や宇宙を何気なくイメージさせている節がある

.....おそらくJK氏たちは、肌も張りがありピチピチだと思われ、なにもエステ施術を受ける必要は無いと思われるも

これが、若い子たちの間で流行ろうものならば
世の成人女性たちは、完全に終わりますねこれ。