手で握っても奇石?だ!

January 23 [Wed], 2013, 14:53
先日友達より佐川急便で兵庫名産の大きな山の芋が届きました。
友達は数年前に愛しんでいた犬を事故で失ったので、ワンちゃんの命日にと百合の花束をお供えにと送りました。
昔からの友達は愛おしかったワンちゃんの命日を覚えていた事にとっても感動してくれ地元名産の山の芋を感謝の形として出荷してくれました。
急いで箱を開けると「これは何?」有るはずの山の芋が見当たりません!箱キチキチにオガクズが入れてありそれをどけると底の方から山の芋が現れました。
「何じゃこりゃ?」って思えるほど真っ黒な皮で覆われた山の芋。


おろしてご飯にかける事しか考えられない私(汗)思い巡らしていると芋を取り出したオガクズの下に透明のOPP封筒が!!それを取り出してみると中に案内の冊子が入っていて美味しそうなお料理のレシピが載っており思わず胸を撫で下ろしました。
山の芋は、揚げても煮ても焼いても旨し!説明書の写真はどれもウマそうなんです♪それが私の心の奥のヤル気に火をつけ山の芋料理に凝り出した原因となりました。
ネットで調べたり知り合いの調理師さんに聞いたり山の芋料理の部類の多さに改めてビックリでした!寒いシーズンは牛乳多い目のホワイトソースに摩り下ろした山の芋をタップリとのせてオーブンで焼くとまろやかで滅茶苦茶美味です!後平凡ですが、海苔に付けて揚げてもイケますよ。
たくさんのレパートリーが増え、ファイルする喜びを知りました。
素材は素朴なほど色々とトライ出来て特徴が出せ刺激的ですね!で、最終的に気が付いたの事は一番の人気メニューは素朴な揚げ物とか。


ガク!でも友からの贈り物のお蔭で私の慰めが一つ増え幸せを感じています。
まだ何個か残っているので、今宵のご飯は山の芋入りお好み焼きに決定!
P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/aoshijirafuji/index1_0.rdf