帰ってきた!「谷崎潤一郎文学の着物を見る」1.

September 20 [Thu], 2018, 17:50
今月15日から京都・アサヒビール大山崎山荘美術館で
「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展が開催されています。
この展覧会は2016年に東京・弥生美術館で行われた展覧会の巡回展です。

今回も、私は着物監修とスタイリングを担当しています。
2年前に展示したものが中心ですが、
「細雪」のモデルになった谷崎松子夫人姉妹3人に合わせた
新しいコーディネートも6つ用意しました。
前期は3姉妹のイメージや谷崎の描写に合わせて、
「秋の装い」として展示しています。
10月16日からは「春の装い」の展示に変える予定です。
松子らしい、重子らしい、信子らしいコーディネートになったでしょうか?



(今回、初めて登場の3人の秋の装い。
左から松子、重子、信子。写真:共同通信京都支局)

ちなみに、細雪の次女幸子のモデルが松子、
三女雪子のモデルが重子、四女妙子のモデルが重子です。
私自身、初めて3人のコーディネートを考えたときから2年以上過ぎ、
私の中で彼らに似合う着物、彼らの性格が育ってしまい、
谷崎が書いた彼らの着物のイメージとも少々戦ってしまいました(笑)

なお、オープンしてまだ1週間ですが、
すでに展覧会に行った東京のお客様から感想もいただいています。
「ガラスケースをあまり使わず展示しているで直接見ることができるので
着物の質感も分かり、よりリアルに感じました」や、
「展示の仕方がおしゃれで、着物が映えますね」とのこと。
学芸員さんからは、初日からたくさんのお客様にご来場いただいている旨
ご報告いただいています。

 

●大山崎山荘へのアクセス

SNSに大山崎が遠いこと、登坂が急なことを憂いていらっしゃる方もいます(笑)。
でも意外に行きやすく、
JR山崎駅まで京都駅から15分、大阪からも1時間ほどの道のり。
かつ山崎駅、阪急大山崎駅から無料送迎バスが出ているので
是非これをご利用のうえお越しください。1時間に3本ほどバスが出ています。

時刻表はこちらをご覧ください→アサヒビール大山崎山荘美術館

帰りも送迎バスが出ていますが、
これからの季節、お天気がよければ歩いても楽しいと思います。
また、大山崎駅周辺にはおしゃれなCAFEや美味しいレストランもあります。
美術鑑賞の後、山崎周辺でお食事もお勧めです。


●2階の喫茶室で谷崎が大好きなモカロールを

開館日の前日までしかいなかった私はまだ食べてないので
味についてのご紹介はできないのですが(笑)、
リーガロイヤルホテル京都がこの展覧会のために
オリジナルモカロールをつくりました。
学芸員さんも絶対の自信をもっていらっしゃいましたよ
それにカフェは室内席、テラス席などもあり、テラスからの景色が最高です。
京都や奈良の風情ある眺望が広がっています。
是非、ここからの眺めもご堪能ください。



(お客様からいただいたテラスとモカロールの写真。夕方には売り切れることもあるようなので
お早めにお立ち寄りいただくのがいいかも)


さて、次回は谷崎展の着付けのこだわりについて言及しようと思います。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ponia-pon
読者になる
  スタッフ募集中!
(詳しくはお問い合わせください)


東京都文京区根津2-8-2

営業時間 11:30〜19:00
営業日 金、土、日 祝(仕入れのため臨時休業もあります)



ブログ掲載の商品について

ブログで紹介した着物や帯は電話、メールでご連絡をいただければ遠方の方にも販売いたします。

・お振り込みいただき、商品を送る方法をとらせていただきますので、クレジットカードは使えません。あらかじめ、ご了承ください。

・ご購入の際には冷静なご判断をお願い致します。お客様のご都合で返品された場合は、以降、ネットでのご注文をご遠慮いただいております。

・メールには必ずメールアドレス、ご住所、お名前、電話番号をお書きください
*お名前は、氏名(フルネーム)をお願いします。
(ご記入の無いメールには、お返事ができない場合があります。)

Ponia-pon 03-3821-6270
下のメールフォームか
ponia★mbn.nifty.comへ
(★を@に変えてお送りください。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

https://yaplog.jp/antique-kimono/index1_0.rdf
2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ