信仰は、神仏との商売ではないのですよ。

December 13 [Mon], 2010, 19:30

 この前、久しぶりに、元・会員のブログを見させて頂きました。

 元・会員さんは、ワールドメイトや信仰というものについて、さんざんサギ呼ばわりをしておりますが、これがいかに間違っているかを、今回書きたいと思います。

 まず、これだけやったら、物質的な見返りが必ずあるというのは、完全に間違っています。
 信仰を続ける過程で、物質的な見返りも、少しずつありながら、塞ぎ気味の性格が明るくなったり、笑わない人が、笑うようになったり、いらいらする性格の人が、落ち着きを取り戻したり、家庭が少しずつ良くなったりしていくわけです。
 私も少しずつ、性格が改善されていきました。

 まさに、薄皮を剥いでいくように、ケースバイケースで、現実的、霊的に、少しずつ証は出ていくわけで、元会員さんの言う、「これをやったら、物質的な証が見返りで全部出てくる」わけはないのです。

 そして、ワールドメイトの三法印
(実在する神を掌握し、神を行じ、神人合一が降りる)
 である、神人合一の道を歩んでいるわけですから、実在する神を掌握するという過程で、神仏というものを、より身近に感じ、神を行じられるようになっていくのです。

信仰というは、神仏との商売ではないのです。


 元・会員さんは、サギという言葉が大好きのようですが、もし、その言葉が当てはまるのでしたら、

伊勢神宮や熱田神宮で、祈祷を受けたけど、就職できなかったから、サギだ。
成田不動山で、ご祈祷を申し込んだけど、病気が良くならないから、サギだ。

 となって、キリスト経、イスラム経、仏教と、世界三大宗教も、全部サギになることになるのです。

 元・会員さんは、現実的な見返りばかり求めて、それが100%返って来ないから、全部サギにしているわけで、信仰というものを、完全にはきちがえていることが、どうやら、お分かりになってないようです。

(※元・会員さんは、ブログ上で、「ワールドメイトに入会して、結婚できた」とコメントがありましたが、これは立派な証ではないのですか?)


 法華経に、「化城」の譬えというのがあります。

 導師に導かれた、目的地を目指して、砂漠の中を歩く、集団があります。

 集団がもう疲れ果てて、これ以上進めないぐらいに動きが悪くなってきた時に、導師が、超能力を使い、目の前に、いきなり城を作って、城の中に集団を入れ、休ませるのです。

 集団が、十分休息をし食事もとり、「あー良かったなー」と満足した時に、城がいきなり砂漠に変わり、また、目的地に向かい、一団は歩き続けるのです。
 そして、これが何回も繰り返されるのが、化城の譬えです。

(元・会員さんは、ブログ上で、「ワールドメイトに入会して、結婚できた」とコメントがありましたが、これは実は化城であったのです。)

 元・会員さんは、この化の城ばかり追いかけ求めていたのです。本当は、ワールドメイトの三法印(実在する神を掌握し、神を行じ、神人合一が降りる)を体得しないといけないのです。
(※現実的な証や幸せを、捨てろという意味ではないですよ。譬え話の解説ですからね。また、譬え話は、いく通りにも受け取りができますからね。)


 これが本当の信仰なのに、分からないから、サギだと意味不明な批判をしているのです。信仰というものを完全にはきちがえているのです。

 神人合一を体得できれば、豊かで素晴らしい人生が送れるのに・・・

  • URL:https://yaplog.jp/antares_shine/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

☆★ ブログランキング ★☆
☆★ 応援クリック感謝です。 ★☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

☆★ Thanks your Click! ★☆


2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプログ!PR
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アンタレスの輝き
読者になる
 昨今、インターネットの普及とともに、情報伝達力が、飛躍的に向上し、便利な世の中になりました。

 しかし、悪名高い2ちゃんねるのように、匿名性を楯に、目を覆いたくなるような誹謗中傷が繰り広げられ、社会問題にもなっていることも事実です。

世界中に愛をワールドメイトに関しても、同じです。

 批判されている方の中には、悪意をもって、情報をデフォルメ発信している方がいるようです。

 私は、批判されている方の土俵には、上がるつもりはありませんが、あまり偏った中傷に関しては、きっちりと反論をしなければと思い、このブログを立ち上げることにいたしました。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。