マリリン 7日間の恋

April 03 [Tue], 2012, 23:10
マリリン 7日間の恋
★★★☆☆(★3つ)



7日間の恋って・・・、男側からみたらだよね。

目の前に全力投球な恋愛体質な人だと、こんな男日常茶飯事じゃなんじゃない?
  • URL:https://yaplog.jp/anothersky/archive/708
Trackback
Trackback URL
【あらすじ】
1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演
を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと
渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。

スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影による
プレッ...
タケヤと愉快な仲間達  November 02 [Fri], 2012, 12:48
12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督:サイモン・カーティス◆ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロー)◆ケ...
kintyre's Diary 新館  July 30 [Mon], 2012, 23:47

稀代の名女優、20世紀のセックス・シンボル、マリリン・モンローの最盛期の頃のラブロマンスを描いた作品である。映画「王と踊り子」の撮影のためにハリウッドを旅立ち、ロンドンを訪れたマリリン・モンローの撮影時のエピソードを、当時のスタッフであったコリン・クラークの回想録を元に描いている。
マリリン・モンローという人は不思議な人で、その外見的な女性としての魅力は勿論のこと、人生に対する真摯な取り組みと、なかなかそれを周囲に理解してもらえない歯痒さとのギャップ、天使のように愛くるしく、悪魔のように妖艶である二面性の魅力、に、当時の市井のファンだけでなく、著名人も彼女に夢中になっていた。

...
ここなつ映画レビュー  June 21 [Thu], 2012, 17:56
もし、アカデミー賞にノミネートされなかったら
観なかったかもしれません。

1956年。
コリン・クラークは恵まれた富裕の家に育ったが、
映画業界への憧れを捨てられないでいた。
機転のきく性格をかわれ、
ローレンス・オリヴィエが監督と主演を務める「王子と踊り子
映画、言いたい放題!  April 26 [Thu], 2012, 12:52
世界のセックスシンボル、マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの原作を基に映画化したラブロマンス。出演は「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、「パイレーツ・ロッ...
パピとママ映画のblog  April 18 [Wed], 2012, 0:09

【MY WEEK WITH MARILYN】 2012/03/24公開 イギリス/アメリカ 100分監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾーイ・ワナメイカー、ダグレイ・スコット、エマ・...
新・映画鑑賞★日記・・・  April 17 [Tue], 2012, 18:14
「試写会に行く前にこのDVDを見ておくといいよ」とmigちゃんに薦められて借りて見たのが、マリリンモンロー主演「王子と踊り子」。
そういえば、マリリン・モンローの映画を見たのは初めて☆
ノルウェー暮らし・イン・原宿  April 16 [Mon], 2012, 23:43
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】マリリンさんと若者が出会って、逃亡し
うろうろ日記  April 16 [Mon], 2012, 22:21
マリリン・モンローがイギリスで『王子と踊子』を撮影した時期のエピソードを 当時、第三助監督だったコリン・クラークの手記を基に映画化したラブストーリーです。 『王子と踊子』は未見なのですけど、ミシェル・ウィリアムズがマリリンになるってどうだろうなと 気になったのでチャレンジしてみました。 心が不安定になりつつも必死に演技を続けようとしたマリリンと 彼女を心から支えようとするコリン・クラークとの淡い恋が切なくも爽やかに描かれている作品でした。
とりあえず、コメントです  April 16 [Mon], 2012, 8:35
【出演】
 ミシェル・ウィリアムズ
 ケネス・ブラナー
 エディ・レッドメイン

【ストーリー】
1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。撮影が始まるが、精神が不安定な...
西京極 紫の館  April 16 [Mon], 2012, 4:31
映画『マリリン 7日間の恋』に関して、他の方のブログなどを見てみると、みなさん「
大江戸時夫の東京温度  April 15 [Sun], 2012, 22:58
マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを描いた作品です。
水曜日のシネマ日記  April 15 [Sun], 2012, 22:29
(英題:My Week with Marilyn)


----この映画って、
ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じているんだよね。
「うん。
それほど似ているとは思わなかったけど、
映画の中、つまり劇中劇での彼女は
本物そっくりの表情、しぐさ。
まあ、これで改めて確認した...
ラムの大通り  April 15 [Sun], 2012, 22:22
伝説に恋した七日間。

今年は、ハリウッドが生んだ永遠のセックスシンボル、マリリン・モンローの没後50年にあたる。
これは、モンローが全盛期を迎えつつあった1956年に製作されたロマンチック・コメディ...
ノラネコの呑んで観るシネマ  April 15 [Sun], 2012, 22:12
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。

(1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・...
映画的・絵画的・音楽的  April 15 [Sun], 2012, 21:27
マリリンに恋をして [E:kissmark]公式サイト http://marilyn-7days-love.jpコリン・クラークの二冊の回顧録を基にした物語1956年、初の製作兼主演作「王子と踊り子」
風に吹かれて  April 15 [Sun], 2012, 20:49
不世出のセクシー女優マリリン・モンローが1956年英国に渡り、名優ローレンス・オリヴィエと共演する「王子と踊り子」の撮影の裏話を基本にして新人助監督の男性との短い恋を描いた作品だ。コリン・クラークが経験した実話をもとに、マリリン・モンローの孤独感をミシェル・
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  April 15 [Sun], 2012, 17:21
 世の中には存在そのものがエロい困った女性がいる。 その代表はマリリン・モンロー
みんなシネマいいのに!  April 15 [Sun], 2012, 15:43
2011年 アメリカ/イギリス作品 100分 角川映画配給原題:MY WEEK WITH MARILYNSTAFF監督:サイモン・カーティス脚本:エイドリアン・ホッジス 原作:コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』CASTミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー エディ・レッドメイ...
pure\'s movie review  April 15 [Sun], 2012, 13:54

アメリカで大ブレイクして、世界中の憧れの的となったマリリン・モンロー、演じるのはミシェル・ウィリアムズ。演劇の本場、イギリスの名優ローレンス・オリヴィエから「王子と踊子」の出演オファーを受けてやってくる。映画業界に入ったばかりのコリン(エディ・レッド...
まてぃの徒然映画+雑記  April 15 [Sun], 2012, 11:48
先週7日(水)に、有楽町よみうりホールで今月24日公開の「マリリン 7日間の恋」試写会、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。試写会は久方、一昨年夏頃の「借りぐらしのアリエッティ」以来。

ローレンス・オリヴィエが監督兼主演、マリリン・モンローと共演した「王子と踊り子」の第3助監督だったコリン・クラークの、当時の回顧録が原作、彼女とコリンの、秘められてたラブストーリー。

マリリンについては、私は確かに見た覚えある出演作は、メジャーになる前の「イヴの総て」位。あと大分前に何か見たかもしれないけれどどうも曖昧で、やはり...
Something Impressive(KYOKOV)  April 15 [Sun], 2012, 11:23


□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナメイ...
京の昼寝?♪  April 15 [Sun], 2012, 9:46


ランキングクリックしてね ←please click


NYで観て来た映画つづき

2012年はマリリン没後50年
ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。


当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...
我想一個人映画美的女人blog  April 15 [Sun], 2012, 9:44
魅力的過ぎるミシェル版マリリン。 いい加減あらすじ 映画業界に飛び込んだコリンは
映画感想メモ  April 15 [Sun], 2012, 9:21
 1957年公開の映画「王子と踊り子」の舞台裏を描いたコリン・クラークの著書を基にした、伝説の大女優マリリン・モンローと著者との淡く短いラブロマンスを映画化。


 コリン氏の体験談が原作という事もあり、主観的過ぎるように思われる部分も多々見受けられるが、そ
評価:★★★☆【3,5点】(P)


マリリン・モンローの年齢を超えたときからファンになりました。
マリリン 7日間の恋@一ツ橋ホール
あーうぃ だにぇっと  April 15 [Sun], 2012, 7:34


これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑)
個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。

ただ、
「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも!
エンドロールの...
伝説の美女、マリリン・モンローのプライベートの恋・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。
監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。
撮影が始まるが、精神が不...
いい加減社長の映画日記  April 15 [Sun], 2012, 6:30
コリン 7日間の恋


【Story】
ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督・主演を務める『王子と踊子』の撮影で、ロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフ...
Memoirs_of_dai  April 15 [Sun], 2012, 2:09
注・内容、台詞に触れています。マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを同作のスタッフであったコリン・クラークの原作(books My Week with Mar
映画雑記・COLOR of CINEMA  April 15 [Sun], 2012, 1:50

メイクを落として、
ヒールを脱いで、
それから――
秘密の恋におちた。
原題 MY WEEK WITH MARILYN
製作年度 2011年
製作国・地域 イギリス/アメリカ
上映時間 100分
原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊)
監督 サイモン・カーティス ...
to Heart  April 15 [Sun], 2012, 1:46
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ジュディ・デンチ、ドミニク・クーパーといった英国俳優が揃う。監督はサイモン・カーティス。
LOVE Cinemas 調布  April 15 [Sun], 2012, 1:33
Data 原題 MY WEEK WITH MARILYN 監督 サイモン・カーティス 出演 ミシェル・ウィリアムズ 
ケネス・ブラナー 
エディ・レッドメイン 
ジュディ・デンチ 
エマ・ワトソン 公開 2012年 3月
映画 K'z films 2  April 15 [Sun], 2012, 0:57
惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ
はらやんの映画徒然草  April 08 [Sun], 2012, 17:22
「マリリン 7日間の恋」★★★★
ミシェル・ウィリアムズ、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、
エマ・ワトソン、ジュディ・デンチ出演

サイモン・カーティス監督、
100分、2012年3月24日公開
2011,アメリカ,日活
(原題:MY WEEK WITH MARILYN )






<リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい←

ミシェル・ウィリアムズはこの作品で
アカデミー主演女優賞にノミネートされた。


「実はマリリン・モンローの映画を
1本全部通して見たことがない、
有名なシーンのいくつかで彼女を知ってるに過ぎない、
セクシーさやスキャンダルで有名なだけと
単純に思っていたが
この映画を見て舞台となった「王子と踊り子」という映画が
俄然見たくなった、
映画にはそんな力もあるのだと再認識」


初めてのイギリスでの撮影に緊張気味のマリリン、
共演者であり監督のローレンス・オリヴィエは
最初から彼女を見下したような感じで
芸達者な共演者の中で
マリリンは孤立していく、
そんな中で映画の雑用係のコリン・クラーク(エディ・レッドメイン)と
ほんの短い間だ...
soramove  April 04 [Wed], 2012, 19:59
『マリリン -7日間の恋-』 を試写会で鑑賞しました。

色っぽいミシェル・ウィリアムズでしたが・・・
ブルーバレンタインで良い脱ぎっぷりしてたので、
そっちも期待してたりしたけど・・・残念

【ストーリー】
 名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める『王子と踊子』の撮影で、ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影に対する重圧などから現場に遅刻するように。ローレンスたちに冷たくされて困惑するマリリンに、第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)は第三者からの視点でアドバイスを送る。それを機に、二人は心を許し合う仲になるが……。


マリリン・モンローは名前は知っているけど、実は本人が出演している映画って
観たことあるのかな・・・
もしかしたら、遠い昔に観たかもしれないけど、記憶が無いや
そんなこともあるのかもしれないけど、彼女の心情がイマイチ理解できないな。。。
常に、マリリン・モンローで居ることに耐えかねたのか、新たな場所で演じるプレッシャーに
負けたのか、それとも、他に要因があるのか...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かこ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画鑑賞-自己ノルマは週1本!(評価は満足度5段階★)
    ・旅行-国内外を問わず!
    ・食べ歩き-Cafe&Bar巡り
読者になる
出没エリア 新宿・渋谷・恵比寿・銀座・神楽坂・吉祥寺


TBはお気軽に♪ 基本的にこちらからも貼らせていただきますので、よろしくお願いします。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

広告
新たな遮熱概念『消熱』

夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
コメント
アイコン画像dancingandy
» 【築地】うに虎喰 (2015年10月17日)
アイコン画像かこ
» イン・ザ・ヒーロー (2014年09月15日)
アイコン画像yutarou
» イン・ザ・ヒーロー (2014年09月15日)
アイコン画像yutarou
» 2013年 マイベスト映画 (2013年12月31日)
アイコン画像かこ
» ウォールフラワー (2013年11月24日)
アイコン画像yutarou
» ウォールフラワー (2013年11月24日)
アイコン画像かこ
» デッドマン・ダウン (2013年10月28日)