犬猫ひきとり屋

2012年03月01日(木) 21時49分
***2017年9月、署名が始まっています

えっ、「犬ひきとり屋」って何?不要の烙印を押された犬たちのゆくえ
この犬たちは、ブリーダーからもういらないからと引き取り料とともに渡された。その主な­理由は、生まされ続けたため、5,6歳になると、生まれる子犬の頭数が少なくなったり、奇形が生まれたりするからだ。採算のとれない犬たちゆえ・・・
(youtubeより)

若くなくなって産まれる子供の数が少なくなってしまったり、産まれた時に目に見える障害があって売れないし、自分では繁殖に使わない、そんな廃犬・廃猫を有料で引き取って繁殖に使うブリーダー。
繁殖用の犬や猫たちは、初めはわりとまともな環境のブリーダーの元にいても、次々とブリーダーの中で売られていき、死ぬまで地獄の中にいます。
ばっちゃんみたいに。

 ここはボラがずっと入ってかなり綺麗になりました。この日はお掃除された後の様子です。
ペットショップで並んでいる犬や猫たちの親は、こんな中ですごしています。
よいブリーダーさんで買っても、その子の親はそこから次のブリーダー、また次のブリーダーと徐々に劣悪パピーミルに売られていきます。

生体販売しているペットショップでフード等を買うことも、こういった業界を支えることになります。
 どうか、ちいさな命をブランド物のように買わないで。


行政は、ペットショップやブリーダーなど動物取扱い業を指導する、ことになっていますが、現実はハピーミルなど野放しになっていることがまだまだ多いです。
お時間ある方、センターに問い合わせしてみてください。
栃木県動物愛護指導センター
〒321−0166
栃木県宇都宮市今宮4−7−8
TEL 028−684−5458
FAX 028−684−5926
E-mail doubutsu-asc@pref.tochigi.lg.jp

  • URL:https://yaplog.jp/anne_s_diary/archive/164
P R
人気ブログランキング


The Humane Society of the United States
HSUS MySpace Page | Get web badges

ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対 環境省動物再飼養支援・収容動物データ検索サイト 動物愛護支援の会
Animal Rights Center Japan 犬猫救済の輪

ねこだすけ

毛皮は必要ですか? ファー(毛皮)を買いません! FUR 毛皮はいらない


このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています


日本にアニマルポリスを誕生させよう!
供血の輪

ANICE 動物と共に避難する

リマの通販(自然食品)
楽天市場

Natshell
↑ヴィーガン、ローフード食品ショップ

グリーンズ ベジタリアン菜食生活
↑ベジタリアン、ビーガン食品ショップ





医療ボランティア AMDA 国連総合協議資格取得しました

ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン My Yahoo!に追加
https://yaplog.jp/anne_s_diary/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏
読者になる
コメント・トラックバックは確認するまで表示されない設定にしています。命を軽んじる書き込みは表示させず削除いたします、ご了承ください。
杏日記もよろしくお願いします(^^)

Follow anne_jp on Twitter
Yapme!一覧
読者になる