ミヤケンさん讃

June 30 [Mon], 2008, 22:43
 私の好きな振付家は、スイスのサロメ・ブルンナー、カナダののデイビッド・ウィルソン、そして日本の宮本賢二さんだ。
 去年のDOIは、ミヤケンさんの魅力が花開いていた。中庭君の「マンボ」、南里君の「猪木」は衝撃的であり、彼らの新たな一面を見せた。振付家の色に染めるのではなく、あくまでスケーターの隠れた魅力を引き出していた。

 そして、何より高橋大輔君の「バチェラレット」。「ヒップホップ白鳥の湖」は素晴らしいかもしれないが、暴言覚悟で言うと、あくまで「ヒップホップを氷上で」という新しさだけかも知れない。しかし「バチェラレット」は氷上でしか出来ない新しい表現だった。ポーズを取りながらも滑る、という氷の特性を生かし、徐々に形を変える粘土のような。そして、大輔君に「不思議な生き物」のような新しい表現を与えた。

 今年のDOIも素敵な新作が一杯だった。中庭君の透明な滑りの魅力を生かした"You're Beautiful"はさわやか(でもちゃんと「流し目」は忘れていない(笑))。
 そして、南里君の「津軽海峡冬景色」の素晴らしかったこと!
 南里君のどこかストイックな感じと、一方での「照れ屋だけど面白そう」なところを生かした素晴らしいプログラムだ。
 「月光」から始まる最初の部分では、滑りのきれいさを強調する。哀愁を帯びたメロディーと、彼のノリノリの「演歌の哀愁」の演技。

 凍えそうなカモメ見つめ(ひらひらと「カモメ」の振り) 泣いていました〜(泣き真似)〜あ〜あああ〜

 笑って笑って、スケートと曲に酔い、本当に素晴らしいプログラムだ。(曲も良かった。「マートン風津軽海峡」にも笑った)。

 もう1つ、感動的だった、鈴木明子さんのプログラム。これはまた別に語りたい。
  
  • URL:https://yaplog.jp/andiamostella/archive/446
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像TSUGUMI
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月19日)
アイコン画像furafura
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月18日)
アイコン画像TSUGUMI
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像ざっそう
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像TSUGUMI
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像mayuko
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像TSUGUMI
» 涙の飛行(AP1) (2013年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TSUGUMI
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/andiamostella/index1_0.rdf