キャンデローロ騒動

October 21 [Sat], 2006, 19:05
 昨日書いたAOIの記事のなかに「キャンデローロが近く引退する予定」 (身体的に問題があり、完全にworn out磨り減ってしまう前に引退したい)とのインタビューがあるのを、プルさんファンにしてフィリップ・ファンのキジーちゃんが見つけ(気が付かなかった。情報ありがとうございます)「ショックを受けた」とコメントをいただいた。まだボイタノだってオーサーだって滑っているのだから、彼にも、もう少し滑って欲しいものだけど。

 というわけで「1994年幕張ワールドの思い出」。今となっては遠い昔。

 私が初めて(そして今のところ唯一)行ったワールド。もともとウソワ・ズーリンが見たくて取ったチケットだった。しかし彼らはリレハンメルオリンピックで銀メダルを取って、引退してしまった(悲しかった)。後に残ったのはアイスダンスオリジナルダンスの日の男子フリーのチケット。もちろん、すでにキャンデローロ・ファンだったので、それはそれで嬉しかったのだが。

 この時、オリンピックのメダリストは全員参加(ウルマノフ、ストイコ、キャンデローロ)していた。最終グループには他にウクライナのザゴロドニュークやアメリカのスコット・デイヴィスなどがいた。一番人気は、リレハンメルのゴッドファーザーが大人気だったキャンデローロ。

 彼のフリーは本当に凄かった。競技というより彼のワンマンショーだった。
 勝ちたいとは思っていたのには違いない。しかし客席にジャンプの後に投げキッスをする余裕、一つ一つの動作に見られる「俺を見ろ」的な圧倒的なオーラ。緊張なんて全くなく、客席に自分の演技を思い切りぶつけてくる‥今思い出しても、試合の勝ち負けを超越していた。

 終わった途端に民族大移動(花の投げ込みのため女性達がリンクに向かって走る)、悲鳴、降り注ぐ花、花(私も)。リンクが花で埋まり、フラワーガールは大忙し、次のウルマノフは、花が多すぎてウォーミングアップが出来なかった。

 ウルマノフは、この騒ぎに覚悟を決めたのか。ショートで4位だった彼はクワドに挑戦し、残念ながら転倒(まだクワドは珍しい時代だった)。総合4位に終わる。客席はしかしヒートアップ。(彼は結局オリンピック金メダリストでありながらワールドのタイトルを取らずに引退することになる)。

 そして次のストイコ(ショート1位)は、眼の前で4−3を決めた(両足ランディングだったが)。私も思わず悲鳴。客席もそれがどれだけすごいことか分かり(クワド単独でさえ珍しい時代)狂乱は高まるばかり。
 
 結局1位ストイコ、2位キャンデローロ、3位ザゴロドニュークとなった。このワールドでキャンデローロファンは激増し「フィリッパー」という言葉が生まれた。

 最近、キャンデローロの演技を見直す機会があった。シンプルなステップ、スピンもあまり上手でない。新採点向きではないだろう。しかし、彼のアピールは凄かった。会場にいる全ての人を魅了するようなオーラがあった。そして明るさ、人の良さのようなものが演技から滲み出ていた。

 彼はその翌年はワールド3位になったものの、怪我もあり、その後の成績は振るわず。長野オリンピックの頃は、誰も彼の成績を期待していなかった。しかし、日本のファンの力もあったのか、素晴らしい「ダルタニャン」のプログラムでなんと彼は、2回目の銅メダルを取り、私を喜ばせた。

 フィギュアスケートは技術が大切。でも私は思うのだけど

 愛される人が勝つ

 だから、今の私のご贔屓さん達もきっと勝つと信じている。

 
  • URL:https://yaplog.jp/andiamostella/archive/32
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
キジーちゃん
>その後のフィリップっていつが「その後」ですか?
これからっ!今後!AOIのインタビュー「引退宣言」は一時的なお疲れ発言であって欲しい・・
October 23 [Mon], 2006, 20:07
TSUGUMI
キジーちゃん
 いやCOIもなかなか楽しそうじゃないですか。
 その後のフィリップっていつが「その後」ですか?
 「インターナショナルオープンフィギュア」の「ナポレオン」とか、その後の「ブレイブハート」とか良いものは一杯あったけど、やはり幕張の思い出にはかないません。ゴッドファーザープログラムは本当に情感たっぷりで、役になりきってましたね。ダルタニャンはそれに比べると洗練されているけど、年を取って落ち着いてしまった感じがします。
>もうすぐGPシリーズ開幕!ですね。
ああどうしましょう、ドキドキはらはらワクワク
October 23 [Mon], 2006, 19:14
キジーちゃん
TSUGUMIさん
COIより幕張のほうが百万倍すごい・・・・その後フィリップ情報、共有してくださったら嬉しいな。それより、もうすぐGPシリーズ開幕!ですね。
October 23 [Mon], 2006, 18:48
TSUGUMI
キジーちゃん
COIにフィリップは出ていたんですか? それを見たとは羨ましいです。フランス語、解読しましょうか?
October 23 [Mon], 2006, 4:53
キジーちゃん
私がフィリップを知ったのは(遅いけど)saoさんと同じ、長野のダルタニアン。それから4年後のCOIで彼のWild Wild Westを生で初めて見た。リンクに脱衣籠まで用意して、脱ぎ脱ぎ、最前列のお客にお尻ペンペンされてました。あれからまた4年・・・彼はTSUGUMIさんがおっしゃったように、カートやボイタノみたいにまだまだ頑張ると思ってたのに・・・ヤグがアマ引退した時のようにショックです。あれからのプルシェンコの演技はつまらなくなった。フィリップがいないフィギアは悲しい・・・ところで、彼のAOI動画を探しましたが、ありませんねえ。検索して意味もわからずフランス語サイトに行ったら、変な動画が出てきた(彼が呼んだのかしらん)
October 22 [Sun], 2006, 23:07
TSUGUMI
saoさん
キャンデローロのオーラは凄かったですよ。だから逆に今の彼を見るのがちょっと不安なくらい。でももう一度日本に来てほしいですね。
October 21 [Sat], 2006, 23:48
きじーちゃんが、前回のコメントでおっしゃってたので、そうなんだー。。と思って読ませてもらってました。
私が知っているキャンデロロは長野の『ダルタニアン』です。テレビでしかみてないけど、初めて見たときから、ぐぐぐーっと引き込まれていきました。

>彼のアピールは凄かった。会場にいる全ての人を魅了するようなオーラがあった。
うん。ホントにその通り。人をひきつける魅力がハンパじゃなくすごかった。見る人を夢の世界へいざなうっていうか。テレビを見てるだけでも、夢見心地だったのを覚えてます。楽しかったし。最高のエンターテナーでしたもんね。

ホントさみしいな。私も観に行きたいな。
October 21 [Sat], 2006, 23:38
2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像TSUGUMI
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月19日)
アイコン画像furafura
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月18日)
アイコン画像TSUGUMI
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像ざっそう
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像TSUGUMI
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像mayuko
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像TSUGUMI
» 涙の飛行(AP1) (2013年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TSUGUMI
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/andiamostella/index1_0.rdf