シーズン終わりは京都フェス

April 01 [Mon], 2019, 21:03
 家から片道5時間弱。はるばるやって来たのはスターズオンアイスではなく京都フィギュアスケートフェスティバル。友野君の演技が見たくて。
 周りは親子連れが多くアットホームな感じ。もちろんフィギュアファンもたくさん来ているようだが。スターズオンアイスからのはしご組も来ているよう。

 長い行列が動きだし、会場に入るのに10分位かかったろうか。眼の前には10人位のスケーターが一斉に練習をしている。友野君、白岩優奈ちゃん、ショーン・ラビットさん(彼は去年も来ていたようだがどういうご縁なんだろうか)、本田望結ちゃん紗来ちゃん…男女入り交じり、4回転や3Aを跳ぶ人もいるのに整然としてぶつかることもないのも見事である。

 友野君の4Sってこんなに確率がいいの? ほとんど失敗なくきれい。3Aは見事。おまけに4Tまできれいに跳んだ!なぜ試合となると決まらない ともあれ、眼福な美しいジャンプだった。

 京都ジュニアの子供達のかわいらしいシンクロから演技開始。ノービスの京都の選手、京都の国体代表のジュニアシニアの選手は笹原君以外は知らなかった。まだまだ知らない人は多い。

 笹原君の「スケート人生最後かも知れない演技」は難しいジャンプは跳ばなくても存在感があり、心からの笑顔で滑っているのが素敵だった。最後は本田望結ちゃんから花束を贈られた。

 華やかな本田姉妹。望結ちゃんの美しさとカッコ良さは圧倒的だが、層の厚い日本女子で上に行くにはジャンプがもっと決まらないと厳しそう。紗来ちゃんはルッツを軽々と決めている。今後が楽しみだ。

 いつも可愛い白岩優奈ちゃん。赤い衣装がお似合い。新エキシを披露。かわいらしかったり力強かったりいろいろな面を見せたいエキシの様子。来季の活躍に期待。

 友野君は予想通りのニューシネマパラダイス。気がつくと大好きになっていたこのプログラム。みずみずしさ、繊細さ、傷つきやすさを感じされせるおそらく今の彼にしか滑れないプログラム。ちょっとした仕草が練り込まれていて、シーズン最後の完成形となっていた。そして、なぜジャンプが失敗する 4Sは抜け、4Tは転倒。そんなことも忘れて涙ぐんで見ていた。
 私の今シーズンはこれで終わり。来シーズンはどんなドラマが待っているのだろう。
  • URL:https://yaplog.jp/andiamostella/archive/1858
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像TSUGUMI
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月19日)
アイコン画像furafura
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月18日)
アイコン画像TSUGUMI
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像ざっそう
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像TSUGUMI
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像mayuko
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像TSUGUMI
» 涙の飛行(AP1) (2013年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TSUGUMI
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/andiamostella/index1_0.rdf