5年ぶりの世界選手権

March 24 [Sun], 2019, 21:37
 フロランの引退後、自分がどれだけショックを受けていたのか分かっていなかったのだが、友野君がフィギュア熱に再び火をつけてくれた後に振り返ると「空白」があったことを感じる。
 世界選手権に行ったのは東京2007年、ニース2012年、その後、埼玉2014年にも少しだけ行ったのだが町田君の素晴らしい演技の他はあまり記憶がない。

 空白と言っても全日本には毎年のように行っていたし、近場の試合には行っていたし、国別も見に行ったしテレビでは見ていたははずなのだが心は遠ざかっていたようだ。

 今回は世界選手権の男子ショートとフリー、そしてペアフリーとダンスフリーを少々観戦した。
 男子世界選手権の参加選手全ての演技を見てレベルの高さに唖然とした。3Aを跳べない選手は数人?しかおらずほとんどの選手が4回転を跳んでいる。4回転を跳んでも第1グループに入ってしまうと言うレベルの高さに唖然…日本のローカルだと3Aはまだまだ少なく「難しいジャンプだなあ」と思っていたがそんな甘い気持ちは世界には通用しないのだ。

 久しぶりの世界選手権は「バナー禁止」という寂しいこともあった。手作りバナーを持って東京に乗り込んで行ったことが懐かしい。
 羽生人気で外国のお客様もかなり多い。「プー耳」のカチューシャを付けたおばさま、プーの着ぐるみ(これは日本人)もいる。会場全てが羽生ファンではないかと心配していたがそうでもなく2日間とも近くの席の人は「まんべんなく世界の選手を応援する人だった。という私も本命不在のためみんなを応援した。

 新しい発見もいくつかあった。アゼルバイジャンのリトヴィンツェフ君はとても滑りがきれいでバレエをきちんと学んだような体の使い方がとても優雅で素敵だった。今後に期待。
 ジュンファン君はともかくかわいらしい。スケートは生で見るとまだ荒削りなところがあるのだが笑顔も「失敗してがっかりした顔」すらとてもかわいらしい。人気が出るのももっともだ。

 生で見るのをとても楽しみにしていたフランスのエイモズ君。思ったより小柄だが、ショートプログラムはめちゃめちゃ素敵だった。アクロバティックな身体能力の高さを生かしたモダンで踊りまくるプログラム。マッチョな男らしさにラテン男の風貌。キスクラでの無邪気な笑顔。まさにフロランの系譜を継ぐ、素敵なスケータだ これから応援することになりそうだ。

 途中まではのんびり観戦していたが最終グループには予想外のことが一杯で緊張が走った。
 
  • URL:https://yaplog.jp/andiamostella/archive/1857
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像TSUGUMI
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月19日)
アイコン画像furafura
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月18日)
アイコン画像TSUGUMI
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像ざっそう
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像TSUGUMI
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像mayuko
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像TSUGUMI
» 涙の飛行(AP1) (2013年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TSUGUMI
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/andiamostella/index1_0.rdf