新たな挑戦(DOI)

July 08 [Sun], 2018, 21:55
 西日本は大雨の災害でひどいことになっている日。蒸し暑い新横浜。対照的に冷え冷えとした会場。久しぶりにDOIを見に行った。
 友野君、須本君、刑事君、壺井君などなど、大好きなスケーターが一杯!とのことでいそいそと出かけた。

 印象に残ったスケーターたち。
 まずは壺井君。子供から青年に変わって行く年頃。背も伸びて大人っぽくなってきた。今の課題は3A。それが入れば美しいスケーティングと自然な表現力のある彼は絶対上に行くと思う。
 横井ゆは菜ちゃんとはつらつとした明るさとダイナミックなジャンプを楽しんだ。
 
 前半で一番、印象に残った須本君。長野のHeroes and Futureで見たフリーも素敵だったが、ショートのトスカも素敵だった。ダイナミックで激しい音楽だけど、須本君が演じると美しいスケーティングに見ほれ、静かで清らかな物語のよう(トスカとしてはどう?だけど)。今の日本男子最強の美しいイーグルと細身の体が鋭く動く線。無表情ではあるけれど動きは確かに彼の個性があふれている。

 さて、噂の友野君のミーシャ振り付けの新プログラム。青い衣装の星がとてもきらきらしていてきれいだった。静かで切ない、時に激しい悩ましい表現。確かに新しい友野一希だった。彼は本当に表現の幅が広い。
 スケ−ティングもとてもなめらかで美しかったけど、細かいところを見るとスピンだったり、「伸びしろ」を感じる。頑張れ。
 フリーはどんな路線になるのかも楽しみだ。

 会場で一番人気はネイサン。確かにネメシスはとってもカッコ良かった。ジャンプはうまいし、足先の細かい表現がおしゃれだし。
 スコットは相変わらず色気たっぷりで元気いっぱいだった。


 刑事君のウィリアム・テル。ステファンの使った音楽の間に嵐の音楽が入る印象。彼の表現豊かな腕が素敵でうっとり。力強く雄大だ。最後のステップはどうしてもステファンと比べてしまうのが不利になってしまうが(まあ、あれを越えるのは誰もいないだろうけど)素敵なプログラムだった。テルが刑事くんに似合うとは意外だった。

 最後に坂本花織ちゃん。しっとりとしたイメージの強い「ピアノレッスン」だが、リショーさん振り付けの彼女のプログラムは雄大で力強かった。女の強さを表現しているのかも知れない。これも新たな挑戦だ。

 大ちゃんの復帰もあり、ますます競争が激化している日本フィギュア。贔屓が出来ると素直に楽しめないことも多いけど、今しか無い演技を楽しんで行きたい。 
  • URL:https://yaplog.jp/andiamostella/archive/1851
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像TSUGUMI
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月19日)
アイコン画像furafura
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月18日)
アイコン画像TSUGUMI
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像ざっそう
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像TSUGUMI
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像mayuko
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像TSUGUMI
» 涙の飛行(AP1) (2013年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TSUGUMI
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/andiamostella/index1_0.rdf