森の中の不思議

June 17 [Thu], 2010, 17:39
 こんな話を聞かされて大輔君はどんな反応をしたのか、大変気になる…

 16日のLe Matinのもう少し詳しい記事。

Lambiel: naissance d’un chorégraphe
「ランビエル 振付師の誕生」
    Jacques Wullschleger

Champion du monde à Turin cette année, Daisuke Takahashi, 24 ans, se trouve présentement à Zurich pour y travailler son nouveau programme court. Sur la glace, avec le Japonais, il y a Stéphane Lambiel, qui a écrit la chorégraphie de cette pièce.
 今年のトリノでの世界チャンピオン、24歳の高橋大輔は現在チューリヒにいて新しいショート・プログラムの練習をしている。この日本人と共に氷上にいるのは、この作品の振り付けを描いたステファン・ランビエルだ。 
«L’initiative de cette collaboration émane des deux, précise le natif d’Okayama. Grâce à Stéphane, que j’ai toujours eu en admiration, j’ai retrouvé une grande motivation. Nous travaillons surtout les rotations, les pirouettes et les pas. Tout ça en soignant le style, qui est beau. Pour moi, tout ça est très difficile à réaliser car ce sont des mouvements compliqués et nouveaux. Oh! J’aimerais tellement patiner comme lui.»
「このコラボレーションは2人の意見で始まりました」と岡山出身の高橋は正確に言う。「僕はずっとステファンを尊敬していましたが、彼のおかげでモティベーションを大きく取り戻しました。特に回転、スピン、ステップの練習をしています。全ての動きが美しいスタイルに沿うようにしています。僕にはとても難しい動きです。なぜなら、複雑で新しい動きだからです。ああ、ステファンのように滑りたいなあと思います」。

A deux mètres sur sa droite, le Valaisan déguste un café court, justement. «Quand on s’est vus au Japon, j’ai dit à Daisuke: «Si tu as besoin de moi, je suis là.» Et c’est lui qui est là, à Zurich. Difficile d’avoir mieux comme élève. Ce qui est génial, c’est de pouvoir travailler de mon côté tout en trouvant le bon équilibre avec ses idées, en respectant son physique et surtout ses envies.» La méthode de travail est la même avec Denis Ten, 17 ans, patineur kazakh, une des bonnes surprises des Mondiaux de Turin (13e). «Dernièrement, je me suis rendu dans son pays. Nous nous sommes vus. Nous avons longuement discuté.»
 その右2メートルで、ランビエルは少しコーヒーを味わっているところだ。「日本で会った時に大輔に言いました。『必要なら、手伝うよ』と。それで彼はここ、チューリヒに来ました。これ以上の生徒はなかなかいないでしょう。素晴らしいのは、彼の考えとのバランスを取り、彼の身体能力や何よりも彼の希望を尊重しながら、僕の仕事をすることが出来ることです」。17歳のカザフスタンのスケーター、デニス・テン(トリノでは嬉しい驚きだったー13位)との仕事方法も同じだ。「最近、彼の国に行って会いました。長く時間をかけて話し合いました」。

Première expérience
初めての経験


Il y a deux ans, Stéphane Lambiel avait écrit la chorégraphie de Noémie Silberer, la Genevoise, contrainte cet hiver d’arrêter le patinage à cause de maux de dos. «A ce niveau, je vis ma première expérience. Si Daisuke et Denis sont deux patineurs différents, ils ont le même potentiel et une immense envie de s’exprimer.
 2年前、ステファン・ランビエルはジュネーブ人、ノエミ・シルベーレの振り付けをした。彼女はこの冬、背中の痛みのためにスケートから引退せざるを得なかった。「大輔レベルのスケーターは初めての経験です。大輔とデニスは2人の違ったスケーターですが、同じような能力と自分を表現したいというとても強い気持ちを持っています」。
Le programme court de Daisuke? C’est l’histoire d’un personnage magique qui vit dans la forêt. Il est dans la nature en permanence. Il y rencontre, entre autres, des papillons. Mais aussi un monstre. Il va se battre contre. La séquence des pas en ligne droite raconte cette bataille. Si la musique est classique, le programme, lui, est contemporain.» Stéphane Lambiel goûte à ce qui lui arrive. Est à l’écoute de ses deux élèves. Il grandit avec.
大輔のショートプログラムですか? 森に住む不思議な人物の物語です。永遠の命を持っています。彼は蝶々に会います。怪物にも会います。怪物と戦います。ストレートラインステップシークエンスはこの戦いを表します。音楽はクラシックですが、プログラムは現代的なものです」。ステファンは自分に訪れる経験を味わっている。2人の生徒の意見を聞きながら、共に成長する。
«Daisuke, par exemple, avait le choix entre deux musiques. Il m’a dit: «Les deux sont bien, mais je choisis celle-ci. Je préfère opter pour ce qui va surprendre.» A Zurich le Japonais mémorise le programme, après viendra le temps de soigner les détails et d’apporter des plus. Sur la musique, il y aura des regards à poser, un côté théâtral à installer. Daisuke Takahashi a fait le bon choix. Le patineur était déjà très fort. Il le sera encore davantage.
「例えば、大輔は2つの音楽から自分で選びました。彼は僕に言いました。『2つともいいけど、こちらにするよ。びっくりさせたいから」。チューリヒで、この日本人はプログラムを覚え、それか時間をかけて細部を仕上げ、何かを加えて行くだろう。音楽は注目を集めるだろう。劇場にいるような雰囲気の音楽だ。高橋大輔は良い選択をした。彼は既に偉大だが、さらに進歩するだろう。

 ぱっと連想が浮かんだのは「ハリー・ポッター」だけど(爆)どんな世界になることやら

(追記1) リンクで大輔君とレオノワちゃんと
(追記2) FSUより謎のジャクリーヌ発言

 I think they started working on another programme, I don't know though if it's an additional SP or an exhibition.

 もう1個プログラムを作っている
  • URL:https://yaplog.jp/andiamostella/archive/1029
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
TSUGUMI
sayoさん
 DOIものすごいことになって来ましたね。大輔君もさっそく披露するつもりらしいですし、大丈夫かしら? あげくにもうひとつプログラムを作っているとは! 
 アナイスのシングルデビューのようですし皆頑張っていますね。

nekoさん ありがとうございます。
 となると魔法使いガンダルフなんでしょうか? な〜んだ、パクリですか(爆)あはは。

 ストーリーはともかく、素敵なプログラムになるといいですね!
June 19 [Sat], 2010, 12:35
neko
a-ko さん(はじめまして)、TSUGUMIさん
横からごめんなさい。
>「ロードオブザリング」
それが、蝶が出てきちゃいます。原作ではなく映画の方に。しかも後で悪鬼バルログと戦う魔法使いガンダルフと一緒。
a-koさんの予想、まさか当たってたりして!?
なんにしてもワクワクしますよね。
June 19 [Sat], 2010, 10:35
sayo
TSUGUMIさん、お早うございます。

高橋君DOI(やはり)出演ですね。
ステファン振付新プロのお披露目になりそうな予感。
・・・観に行けない私

ここのところニュースに事欠かないステファンですね。
アナイス・モランのサポート(と言うことはサロメさんと振付でしょうね)もされるようで、なんとまぁ忙しいなのでしょう。

それにしても月曜に振付始めて火曜に出来るって・・・仕事早っ
その分滑り込み(?踊り込み)に時間がかけられるんですね
June 19 [Sat], 2010, 9:57
TSUGUMI
GAIVOTAさん
 ステファン・ワールド自分でやるのはいいのですが、大輔君大丈夫でしょうか? しかももう1個作っているという話もありますし…DOIがドキドキですね!

a-koさん
 はい、貸して下さい。
 しゃべる木もいいですね。
 personnage magique ってどう訳そうか迷いました。「魔法のキャラクター」「魔術師」も考えたのですが、「マジカルゼブラと同じで魔法が使えるか分からない」「多分人の形をしている」ので「不思議な人物」にしました。
June 18 [Fri], 2010, 23:41
a-ko
TSUGUMIさん

>「ロードオブザリング」を良く知らないのでストーリーを読んできました。
>ちなみに蝶は出てくるのかな?
今度原作本貸しましょうか?
超分厚い文庫本6冊もあります(^_^;)
でも映画も原作の雰囲気を壊してはいないのでおすすめです。
蝶は出てきませんが、しゃべる木が出てきますね(^.^)。
June 18 [Fri], 2010, 20:02
GAIVOTA
TSUGUMIさん、こんばんは

翻訳ありがとうございます
又、又のステファン、ワールドを聞いたときには、
声をあげて笑ってしまいました。
心配もどこ吹く風、もう!楽しみです!
素敵な魔法がかかりますように!
June 18 [Fri], 2010, 19:58
TSUGUMI
a-koさん
 「ロードオブザリング」を良く知らないのでストーリーを読んできました。
 ちなみに蝶は出てくるのかな?

 大輔君には剣を持つ英雄になって頂きますか!
June 18 [Fri], 2010, 8:12
a-ko
>ぱっと連想が浮かんだのは「ハリー・ポッター」だけど(爆)どんな世界になることやら
いや、TSUGUMIさん、それを言うなら
「ロード・オブ・ザ・リング」ですよ(笑)。
ぜーったいステファンの頭の中には
アラゴルンが浮かんでいるに違いない(爆)。
June 18 [Fri], 2010, 7:20
TSUGUMI
とらのおさん こんばんは。

 そう、今回の最大の疑問は高橋君の反応なんです。あはは。何だか彼が可哀想です!

sayoさんこんばんは。
 
 ロマン派の曲ということはオペラの曲か何かでしょうか? でもきっとストーリーとは「まったく」関係ないと思います!
June 17 [Thu], 2010, 22:07
sayo
TSUGUMIさん

訳ありがとうございます。
振付師ステファンも楽しめそうです。・・・楽しみます

それにしても・・・
 森、シマウマ → 四季
だから、
 森に住む不思議な人物 → クラシック(劇場にいるような雰囲気)
何の曲でしょう(?_?)
私にはさっぱりです。
June 17 [Thu], 2010, 19:55
TSUGUMIさん、こんにちは。お久しぶりです。

ステファンワールド全開ですね!
シマウマの時、サロメさんですらとまどったというのに、今回の高橋君はどう反応したのかしらん。

音楽の選択のくだりは、さすが高橋君って感じですね。
引退してさびしかったけど、突如としてワクワクしてきてしまいました。どんな音楽で、どんな世界になるのでしょう。公開される日が待ち遠しいです。


June 17 [Thu], 2010, 19:53
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像TSUGUMI
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月19日)
アイコン画像furafura
» 白紙撤回(ジュネーブのリンクの騒動4) (2016年12月18日)
アイコン画像TSUGUMI
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像ざっそう
» 4年前を思い出す (2014年01月04日)
アイコン画像TSUGUMI
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像mayuko
» Stars sur Glace 2014 紹介 (2013年11月30日)
アイコン画像TSUGUMI
» 涙の飛行(AP1) (2013年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TSUGUMI
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/andiamostella/index1_0.rdf