Vamos a Mexico. Zocalo/Templo Mayor編

April 04 [Thu], 2019, 9:23
メキシコシティの繁華街といえば、ソカロです。ここはzócalo(ソカロ:土台とか礎石の意味もあり)というとおり、メキシコ建国(スペインによる)の中心となった場所でした。中央広場の中心はどでかい国旗が掲げられています。

この周辺には見所がたくさん集まっています。

Catedral Metropolitana(メトロポリタン・カテドラル)
ソカロに行けばいちばん目立っているのですぐわかると思います。(上の写真だと中央に写っている建物)入場は8時から19時まで。
ガイドブックによると、コルテスがメキシコにおけるキリスト教布教のために作らせ、1681年に完成したもので、本国のカトリック教会の総本山的な施設だそう。

カテドラルの東側では、ここに元々あったアステカの最高神、ケツァルコアトルの神殿(破壊された)にちなんで先住民の格好をしている人が踊ったり、観光客?としゃべったり(写真を撮ってる?)していました。
日曜だけかと思ったけど、平日も少しいたので、いつでもみられそうです。(日曜のほうがもちろんにぎやか)

Templo Mayor(テンプロ・マヨール)
これは、カテドラルのすぐ東側にあります。コルテスによりアステカ帝国の都、テノチティトランは征服され、破壊されたのですが、その神殿とみられる遺跡の一部です。1900年代に地下への階段や石板など出土したことをきっかけに発掘がはじまり、今も少しずつ調査(か修復?)がつづけられているようです。

周辺の施設はたいてい10時からしか見学できないのですが、ここは9時から空いているのでありがたい。(一人75ペソ)ペットボトルを持っていると、入り口の荷物検査のところで預けることになります。(息子は、冷たい水を買ったのに、ここで日の当たる入口の保管場所に置かれていてぬるくなってしまった……)

カテドラルを背景にアステカ遺跡をみることができるというのが不思議。京都祇園の八坂神社を背景に古墳が出たみたいな感じ?

ちなみにテンプロ・マヨールはソカロの通り抜けゾーンに面しているので、外側だけなら中に入らずに見られます。

これらは外からのほうがよく見える。(ヘビとカエル)
  • URL:https://yaplog.jp/andapocoapoco/archive/1074
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
■プロフィール■
■shokoといいます■
■翻訳修行中→みなさまのご縁でぼちぼち仕事をしています■
■スペイン語もやります■
実績一覧はこちら

【MY WORK】

プログラミングガールズ! ルーシー なぞのメッセージを追え

おとえほん 世界昔話【3】語り 鶴田 真由・音楽 守時 タツミ(一部昔話再話)

ペネロペひめと にげだしたこねこ

ジャガーとのやくそく

おとえほん 世界昔話【2】語り 鶴田 真由・音楽 守時 タツミ

フラワー・フェアリーズ 妖精にまた会いたくて

いっすんぼうし (おとえほん日本昔話)

わたしのすてきなたびする目
2019年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/andapocoapoco/index1_0.rdf