タイ料理がたべたい

September 20 [Thu], 2012, 23:10


風邪をひいたせいか、無性にタイ料理が食べたくなった。
カルディで乾燥ハーブを買うものの、香りはもうひとつ。

一念発起してアメ横に繰り出し、生(冷蔵だけどもさ)でハーブをかう。
ついでにえびも購った。

作っているのはトムカー・ガイ。

ばいまっくるーが良い匂い!

めったに作らない料理が期待通りの味に仕上がると、2,3日嬉しい。

明日は海南チキンライスを作ろう。

また変化

September 10 [Mon], 2012, 23:23
まだ若いつもりでいられたのは35までで、
鏡をみても、また一つ世代があがったなぁとかんじる。

で、おばさんになってなにが楽しいかといえば、
直裁なことを言っても、あまり驚かれないこと!!

それから、小母さんとか、antieとか、
呼びかけられるのは気持ちいい〜

もちろん人生まだまだこれからの艱難辛苦かもしれないけれど、
取りあえず、人生前半のとばくちにいる人たちの頼りにはなるのだ。

いまの日本の70以下は、ちっとも年を取って行かなくてやれやれだけど、
自分の前だけみていないで、向き直って後ろの世代の人たちを迎えてやらねばと、思うのでした。

夏が終わる!

September 10 [Mon], 2012, 23:07


春後にどうやら花粉症のようで、全く目があかなかったので、
本を読んだ気がしない。

結膜炎が終わると視力が下がっているのだが、
日本語で16巻まで一息に読み返し、
本の持ちが悪いので、原書に変える。

page turner というけれど、このシリーズほど切りがつかない本を知らない。
翻訳は文庫で四分冊だが、朝までに読了してしまう。

そういう本を英語で読むのは、とてもじりじりするけれど、
さもなくば読み続けなかろう、とも思う。

片足

March 07 [Wed], 2012, 20:50


片足が編みあがった。
編み図を控えずに編んだので、もう一足は触りながら適当に。
糸が太かったところは2本取りにしてみたり。

手はおそいけれど、なんてたって楽しい。

靴下と、ビーズの編み込みをしたくなって、平行にはじめることにした。




この本がやっぱり使いやすいとおもう。
数年前のNHKのテキストの詳説版。

まださぶい

March 05 [Mon], 2012, 22:27
3月になたというのにしめっぽくて寒い!
それでもすこしずつはからだが動くようになった。

自分で紡いだ糸でレッグウォーマーを編み始めた。

こげ茶色の見た目からは想像できないしっとりした手触り。


春とわたしの編みあがりとどっちがはやいだろうか。

いずれにしても暖かくなるということだ。