◆ボランティア保険 & 福島行きについて

April 18 [Mon], 2011, 21:50
災害ボランティアへ向かう皆様へ

出発前に自分の市区町村で、
ボランティア保険に入ることをお勧めします。
役所内かその近くにボランティアセンターがあり、そこで入れます。
(天災補償付きでも、数百円〜千円ちょっと。年度末まで有効)

被災動物ボランティアでも、
わんこに噛まれちゃった、てへっという方がいらっしゃいました。
わんこに罪はないし。でも痛いし。

この保険のお世話にならないことが一番なのですが、
何かあった時の為です。

また、逆に被災地の迷惑にならないよう、
自分のことは自分で完結できるように準備を。

4/29朝〜5/2朝 数日で微々たる力ですが、被災動物のお手伝いに福島へ行ってきます。
  • URL:https://yaplog.jp/amika-voice/archive/953
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>せんろのおじしゃんへ☆

えー!
線路・道路・空港の復旧の早さは、テレビで報道されていますよ!

逆に、私は動物の保護活動のことはテレビで見たことはなく、別の場所で知ったんです。

ボランティア保険の窓口の方も、え?動物?なんで?…えー!そんなことになってるのと驚かれ、逆に色々と聞かれました。

ボランティアは
自分のできることを
自分のできる時に
とどなたかがおっしゃっていました。

私が最近書いている「自分にできることをします」というのは、そういう気持ちなんです。

おじしゃんが日々して下さっていることも、確実に支援につながっています。

私は線路を直せないです。
できるといったら、日々の声のお仕事をがんばることと、時間があるなら現地に向かう位です。

おじしゃんにできることをなさって下さい。
そして、ご自身が倒れないようにお体やすめて下さいね。
April 21 [Thu], 2011, 18:45
せんろのおじしゃん
おじしゃんは現地までボランティアなんて行けそうにないです。
仕事も休みにくいし。
職場の理解も無さそうだし。

線路もいまでも崩れそうなところを何とか通しているのに。
地震発生直後には、加害企業と政府の思いつきと気まぐれによって嫌がらせのように電気を止められました。
マスコミ様は電車が動かないことを理由に鉄道会社を激しく糾弾してくれます。
被災地のペットや埋立地の外来種のネズミの事は報道してくれますが、鉄道会社の従業員の事など、イヌやネコ以下にしか見ていないこともわかりました。
HNのとおりその中でも最低の仕事をしていると余計に痛感します。

そのような気持ちでいる私にはどんなボランティア活動でもできそうにないです。
何かの目的のために、真剣にボランティア活動のために被災地に行きたいと思ったとしても、
『逆に被災地の迷惑にならないように・・・』
が自信がないので、躊躇していると思います。

数々の条件を乗り越えて現地まで入ってボランティア活動ができる方は選ばれた方だと思います。

わんこやにゃんこを捕まえるのに夢中になって、
段差とかで転んだり、落ちたりしないように・・・。

怪我すると、現地で行動できる心優しい方が1人減ってしまいます。
あみみんも怪我の無いように注意して行動してください。
April 21 [Thu], 2011, 0:15
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像グティパパ
» 江ノ島へ行ってきました☆ その@ (2019年09月10日)
アイコン画像グティパパ
» 江ノ島へ行ってきました☆ その@ (2019年09月10日)
アイコン画像バルルン
» 江ノ島へ行ってきました☆ その@ (2019年09月10日)
アイコン画像まっつん
» 暑中・残暑お見舞いありがとうございます☆ (2019年09月03日)
アイコン画像tomoe
» 城姫クエスト5周年&懐かしの写真☆ (2019年08月18日)