子供は大人より熱中症になりやすい

December 26 [Tue], 2017, 9:10
夏の暑い盛りに気を付けたいのが子供の熱中症です。大人よりも子供の方が熱中症になりやすいのです。


特に、身体が小さく、身体機能も未熟な乳幼児は、自分で水分補給をするなどの判断ができず、遊びに夢中になって熱中症になってしまうなど、暑さに対する危険性が大人よりも高いのです。



大人でも暑くてたまらない時は、実は子供の方が暑さを感じているのです。暑さは身長によって体感が変わるため、アスファルトに近い方が、体感温度は高くなります。すなわち、身長が低ければ低いほど、暑さを感じていることになるのです。




例えば、気温が30度の日は、アスファルトの表面温度は50度以上になりますので、身長160前後の大人が顔回りで感じる温度は気温と同じ30度ほどです。



しかし、小さな子供はアスファルトに近い分、顔周りの温度は38度と、10度近くも感じている温度が高いのです。




だから、同じ暑い日に散歩をしても、子供の方が危険な状況になるので、十分な注意が必要なのです。



子供は体温調節機能が未発達な上に新陳代謝が活発なので、体温が大人よりも高い上に、体温を上げやすくなっています。



さらに、汗をかく機能が成長していなため、上昇させた体温を下げる事が難しく、それだけ、熱中症の危険性が高いのです。




また、体重に比べて身体が外気に触れる面積が大きいので、外気の気温を吸収しやすいため、衣類で細かく調節をしなければ熱中症を起こしやすくなってしまうのです。




これが大人だと、暑いと感じれば服を脱いだり、水分を補給したりして体温を下げることができます。



しかし、子供はまだ体調の変化を自分の言葉で伝えることが難しい上に、不調に気付きにくいので、ついつい遊びに夢中になって水分補給を怠って、気付かないうちに熱中症になってしまうこともあるのです。


我が子の才能を引き出す方法
  • URL:https://yaplog.jp/amcsel004/archive/58
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:privres
読者になる
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる