『パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンド』

July 16 [Mon], 2007, 21:29
シリーズ最終作となる

『ワールド・エンド』

その名の通り

世界の果てを巡るお話。



まず感想は

「長い!」

面白いんだけど

3時間近くなってしまうと観てる方は結構しんどいです。

面白いんですけどねw



ジャックを探しにブラック・パールの面々が世界の果てを目指します。

世界の果てとは―――

昔、まだ地球が丸いと知らなかった頃

水平線の向こうは途方もなく大きい滝だと言った人がいると

ちっちゃい頃に聞いたことがあります。

正にそれでした!

船は針路を失い

海流に流され

滝から落ちていきました。

これは映画館での迫力が良かったですね!



そして幻覚を見ている状態のジャックと再会。

さて、そこからの脱出法です。

海図の謎を解いたのはジャック。

伝説や言い伝え、海図の謎。

このパズルが解けたときのワクワク感

謎が明かされる瞬間のドキドキ感は

男の子なら誰でも好きでしょうw



全編通して騙し合いが織り込まれており

元々は海賊でなかったエリザベスやウィルが段々と海賊らしくなっていきます。

エリザベスに至っては・・・

ウィルはあの船の・・・



キャラクターでは

バルボッサがカッコ良かった!

彼の操船技術はスゴイ

ってところを魅せてくれました。

幽霊船フライング・ダッチマン号と

速さではどの船をも凌駕するブラック・パール号。

バルボッサが舵をとってるときのカッコ良さは鼻血モノですw

それからキース・リチャーズ演じるジャックの父は必見!

デップが彼をジャックの役作りの参考にしたのだとか。。。



船と船長の対決と

船そのものの奪い合いは見物です。

北を指さないコンパス。

デッドマンズ・チェスト。

チェストの鍵。

これらを奪い合い、駆け引きに使い、

パズルのように組み合わせていく。

船の上での戦いは

ジャックの縄の使い方がカッコイイ!



勿体無いなと思ったのは

大きな謎だった

女神カリプソ。

デイヴィー・ジョーンズと恋仲でありながら

ジョーンズはカリプソを人間の身体に封印。

カリプソはジョーンズに呪いを。

で、そのカリプソの封印を解くのですが

ただでかくなるだけっていうのは

どうなんだろう。。。



終わり方は

僕が割と好きなタイプのものでした。

エンドロールまで見逃すな

YO-HO-♪

『ダイハード4.0』

July 16 [Mon], 2007, 17:52
今回はN.Y.を襲うサイバーテロ。



結論からいうと

これ、面白かった!



娘が大学生になってていい感じw

今回、相棒が一人つきました。

殴り合いはからきしダメなパソオタ系の少年。



久しぶりにベタベタアクション物観ました。

というのも、最近『ロッキー・ザ・ファイナル』とか

昔の(一世を風靡した俳優が主役の)シリーズ物の新作を●●年ぶりに発表とか

あんまり売れそうにもないけど

そこそこの客入りは見込める作品が多い気がしてて

多少倦厭していたが

そもそも『ダイハード』シリーズは家族全員が好きなもので

期待して観に行った。



これが大当たりで

とても満足しました。



相変わらずマクレーン刑事は

血みどろにならないと事件が解決しないようですw

そこがいいんですがね。





話の途中で

『英雄』とは何なのか

的な話が出てきます。

ここがとても興味深かった。

「誰かが代わってくれるんなら今すぐにでも代わって欲しい。

だが今、誰もいない。だから俺がやるしかない」

「それがあんたを『英雄』にしてるのか」

みたいな感じ。



それから台詞的には

娘のルーシーが良かった。

犯人からトランシーバーで話す事を要求されたときや

苗字に関する話が秀逸。



詳しく知りたい人は劇場へ。。。

『300』

July 16 [Mon], 2007, 17:42
スパルタの精鋭300人が

ペルシャの大軍を海岸線で迎え討ち

自国を守ろうとする

王とマッチョのお話。



全編通して戦闘シーンが多いものの

そこそこ楽しめる内容だった。

とはいえ、オードブルからステーキというくらい

重い内容だったがw



途中、ペルシャ軍の将軍、部隊が

万国博覧びっくりショーか!?

と思えるものもあった。

これは笑うところか、と迷ったw

象が崖から落ちたり

人間にはありえないサイズの巨人と一騎討ちしたり。。。



個人的に腐敗した議会と

王妃のやりとりがなかなか見所だったと思います。

台詞が気が利いてて☆

『1824』

July 15 [Sun], 2007, 0:18
劇団の先輩、鶴見さんが出演するというので

観に行ってきました。

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール。

先輩もすごいとこにでることになったものですw



ベートーヴェンの苦難の生涯を描いた作品。

『再現型シアターコンサート』

となっており

演劇、音楽生演奏、映像など様々なエンターテイメントを取り入れていたが

正直どのジャンルとして楽しめば良いのか悩んだw

一応僕は先輩の芝居の後輩にあたるので芝居として観賞。

1部最後のオリジナル曲は意味がよく理解できなかったが

なるほど名曲が生まれる過程やエピソードなどの背景は楽しめた。

ベートーヴェンの人柄や環境、才能などが感じ取れた。



2部になって俄然面白くなり

弦楽四重奏からは見所続きで

最後の第九はサビ(?)に入る前に一人で盛り上がってましたw

2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる